何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/31 (Sat) お茶濁し作戦その三



我慢出来なくて今日更新しちゃったんですが( 課 題 は ?) お茶濁し作戦は進行中です←
そういえば物凄く唐突なんですけど、私の中で米村さん忍者疑惑が沸々と巻き起こってるんですがこれどうしよう(知らないよ) 本職忍の人たちが、城の外を探りに行くたびに、殺されたり捕まって指全部切られた姿で突っ返されたりしてきてるのに、米村さんったら、城包囲網からの脱出→敵陣視察→堺で情報収集→ちゃっかり鯛を二匹買う→本多正純をやりすごす→包囲網抜けて城に帰ってくる、って、冷静に考えたら何者よ米村さん!? あー、でも米村さん元忍者設定も良いな(お前) うっかり米村さんが元忍とかになってたら、笑って眺めてて下さい←




「君に贈る七つの選択」
3、その絶対的存在が偽りでも 掴んだ希望は真実ですか(団右衛門←治房←治胤)
配布元:TV


スポンサーサイト

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/31 (Sat) お茶濁し作戦その二


お茶を濁してしまおう作戦継続中です←
てことで、追記にー。



「君へ贈る7つの選択」
2、果てのみえない諍いに 乗じる覚悟はありますか(幸村+全登)
配布元:TV

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/29 (Thu) お茶濁し作戦その一


課題が終わるまで、SSSでお茶を濁してしまおう作戦始動です←
折角あともう少しで、新暦での大坂夏の陣がやってきますので、また大坂衆メインでお題なんて行ってみようかなーと。SSSな上に、モノローグ仕様なんて禁じ手に出てみようかとも思います。あ、リクエスト何かがありましたらお気軽にどぞー。今なら、糺×又兵衛なんてものも書けそうな気がする(さすがにそれは)(…)



「君に贈る7つの選択」

1 たったひとつの意志のみで どこまで進むつもりですか(治長)
2 果てのみえない諍いに 乗じる覚悟はありますか(幸村+全登)
3 その絶対的存在が偽りでも 掴んだ希望は真実ですか(治房+治胤)
4 喪ったやさしさは もう二度とは戻らないものですか(勝永+盛親)
5 ひとに触れることを畏れてはいませんか(又兵衛)
6 甘受すべきは何色の宿命ですか(重成+青柳+糺)
7 君の死で世界が救われるとしたら 君はいのちを捧げますか(秀頼)
※どれを誰にするかは、変わるかもです。

配布元:TV


1、 たったひとつの意志のみでどこまで進むつもりですか(治長)


SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/28 (Wed) 拍手お返事


いつも有難うございます。追記にお返事させて頂きまっす!

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/28 (Wed) オールウェイズメメント・モリ



清正の思考回路を知るために、日蓮宗を知ろう!と何故か思い立って、日蓮宗入門編!的な本を借りて今日ちょっと読んでみたんですが、しょっぱなから、オールウェイズメメント・モリとはやるな日蓮宗← 日蓮上人って人の言葉に、「まず臨終のことを習うて、のちに他事を習うべし」ってのがあるらしくて、つまるところ、まず何よりも最初に死を考えろって意味らしいです。清正も、若い頃から実は死について考えてたりしたのかなーと、思ったり思わなかったり。あとは、うん、法華経最強なんだぜ!な日蓮宗の熱心な信徒の清正が、ばりばり切支丹の小西と噛み合うはずないわなと納得しちゃったよおいちゃん(… 同じ仏教の中でさえいがみあってたのに、そこに更にまったく新種のブツとか…。どうでも良いんですが、うちの清正、噛みグセ持ちなんつー、無駄な設定があったりします。いつか出したいなーと思いつつ未だ出せてないとか…!
 あと読んでたら日蓮上人が、意外と萌えキャげふんごふん。すごく、素敵なおっさんだったよ!(お前何、あの幾つになっても少年のようなキラキラした目をしてますよなおっさんは。出家した理由が、世の無常を感じたわけではなく、知的好奇心を満たすためっておっさん。法華経を信仰してない宗教は、地獄へ落ちるんだぜ天魔に狂うんだぜ!なことをのりのりで演説してしまう日蓮のおっさんに萌。

そんでもって、まったく読んだ本には関係無いんですが、また友人に治長を描いて貰いました写メりました掲載許可貰っちゃいました調子こいてます!気づいたら、男前な幸村も別に描いててくれててびっくり。半裸治長と、男前幸村を追記にー。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/27 (Tue) お茶濁し宣言


課題で死にそう+合戦シーン書くの難しいんだぜ!の泥沼にはまってしまった干身ですこんばんわ…。そんなこんなで、ちょいとばかし課題が終わるまでSSSでお茶を濁して行こうと思いますすみません!何やらこんなん書いてー、なリクエスト等ありましたら、お茶濁してないでさっさと更新せやてめぇ!な気持ちと共に投げつけて下さると嬉しいです…!本当にすみません!

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/26 (Mon) 拍手表記


あああああ、ちょっと拍手小話追加したんですが、現在の拍手内容表記のところで「為広×吉継+行清」なんて誤表記になってました、すみません…!為広×吉継+行清ってどんなカオスだよ…。為広×吉継は、最後まで+表記にしようかどうか悩んでたりどっちを右にしてどっちを左表記にしようか悩んだ感じだったりします。この二人は、何か、汚しちゃいけない気がする←

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/25 (Sun) 崩壊者の砦


つっこさんの「骨」が、聞けば聞くほど小六に対する秀吉な曲に聞こえて仕方が無くなったんで、やらかしました小六×秀吉でSSS← 小六は、秀吉にとってのある意味聖域だといーなーていう(希望か)

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/23 (Fri) 治長を描いて貰った


うおおお、友人に眼鏡無し治長描いてもらいまし、たっ!
調子こいて写メとって、掲載許可まで貰ってきちゃいましたよ!治長とは思えない美人面ですおいちゃんびっくりです。
追記に載せてみましたー。

| trackback(0) | comment(0) |


2008/05/22 (Thu) ぽい曲とか


今までに録音した曲とか色々聞いてたんですけど、Eve/ry lit/tle th/in/gの「サ/ク/ラ/ビ/ト」が改めて秀家豪ソング過ぎて泣きました← 歌詞が、歌詞が…どう聞いても、秀家流刑後の豪の心境にしか聞こえないとか…。んで、他にもちょろっと戦国時代で何かあてはめられそうなの何だったけなーって探してみたら、元/ち/と/せ/の「春/の/か/た/み/」が重成青柳ソングだったりとか。これも、夏の陣終わって、自害する直前な青柳の心境っぽい。これを、秀頼←糺ソングで妄想出来ないか、桐生とカラオケで歌ったら、余りにも糺の脳内妄想が激しくなり過ぎることになったのも、良い思い出です(… 他にもぽいなって思ったのを、適当に纏めて突っ込んでたりします。アリプロの「亡国覚醒カタルシス」が、乙式の間だと、テラこにっしんぐソング(すごく小西っぽい曲)(まんまやん)と呼ばれてたりします←← ちょっとでもぽいなって思ったら妄想が際限なく広がっていってしまう病気にかかっていますやばいです。だが一押しは「だんご大家族」だ!これを聞きながら大坂衆妄想をすると、目から何だか色々出てくる。もしくは子飼いの小さな頃とかでも良いかも。養子組でもしっくりくるし…つまるところ、妄想次第で無限大なんだぜ!てことですね(… 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/20 (Tue) 手紙


「太閤の手紙」っていう、桑田忠親先生の本を今読んでるんですけど、その中で、秀吉が官兵衛のことを弟みたいに思ってるよ!ていう、あの有名な手紙が紹介されてたんです。ああ、あの手紙ねーと思いながら読んでいたら、「黒田元侯爵家が所蔵していた」って……あれ……?あの手紙って、半兵衛に燃やされるか破られるかしてなかったっけ?……いや、うん、ね!(何よ) そういうこともあるさ!← 良く似た内容の手紙を破ったりしてたのかもしれないし!←← でも私がちょっと突っ込みたいのは、その手紙を大切に保管していた黒田家です。むしろ官兵衛か…?だって、ねぇ、どんだけ大切に持ってたんだよ。多分今でも現存してるんだろうなぁ。何だか色々面白いので、ちゃちゃーと読み進め中です。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/19 (Mon) 頭が膿んだ以下略


真田の兄上にきゅんときた勢いで、ちょっと兄上周辺調べてみてました。……深夜怖いよ深夜…。うん、なんというか、信吉について考えるとこの子ちょっと切なくなる。信綱さんの娘さんの子供だったから、長男なのに、小松ちゃん(言い変えると徳川)に憚って嫡男になれなかったとかさ…。その子供の信利が、真田本家を追い越そうと色々躍起になって無茶したせいで改易されたのもあいまって、なんかこう、ね。秀康といい、興秋といい、信吉といい、弟が家督を継いじゃった子は色々考え始めると滾るなぁ← 小松ちゃんは、真田家の太陽だったらしいのも合わせて考えると、すごく複雑な心境になってそうで。ただ、信吉、小松ちゃんの子供ってなってるとこもあるけど、信綱さんの娘さんの子供説をちょっと推したい。まぁ真田さん家関係は、知識が付け焼刃すぎて物凄い勢いで間違ってそうな気配がぷんぷんするんですけどね!(多分そうだと思う)

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/18 (Sun) ぐだぐだと



………大坂城で行方不明になった猫を、秀吉が浅野の長政さんに探させたって話に、物凄い勢いで悶えてまし、た!うおおお、可愛いよ可愛いよ。ていうか、あんなくそ広い城でいなくなったら、そりゃ見つからないだろう。ていうか長政さんの、知り合いに出した手紙が一層可愛いと言いますか!「あなた、黒猫一匹と、三毛猫二匹飼ってましたよね。その三毛猫の内、毛並みが綺麗な方を貸してくれませんか。その間に探しますから!」って、おまぁああ!可愛いな長政さんも。そんでもって、猫を探すよう命じる秀吉にはあはあさ← むしろ、秀吉と猫なんて組み合わせに悶えざるをえない。しかも三毛猫!三毛猫!
 あとはその、別に紹介されていた話で、秀吉の利休に対する感情が愛憎混ざりすぎてて切なくなったというか、……萌えたというか(やっぱりか) 利休殺した後に、その弟子だった神谷宗湛さんの茶会に招かれたら、床の飾られた掛け軸を見て「こんな飾り方を利休なら教えないはず」とか言って文句つけるとか…隠居用の伏見城つくる時に利休好みしてくれって指示するとか……そのくせ、織部さんには利休のとは違う茶を作れって命令してたりとか、何なのよあんたはもう!可愛いなぁ!(可愛いのか)
 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/17 (Sat) 拍手お返事



ありがとうございまっす!追記にて、お返事させて頂きます。


連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/17 (Sat) 渡辺何某さん


いつもお世話になっております、萩の御前様の旧バージョンで、糺母の正栄尼さんが茶々の異母姉妹という説があるというのを見かけて、非常に滾りまし…た!本当のところどうかはさっぱりなんですけど、もうその説を推して参る!と叫びたい。根拠なんて、萌でどうにかなるよ!(なりません だってそうだとしたら、糺と秀頼って従兄弟ってことになるわけで…ええ、ええ!(笑顔 浅井の血を引いてるっていうだけで、すごく格好良く感じてしまう不思議。糺は、鴫野の戦いと天王寺・岡山の戦いの間にどんな覚悟の変化があったのか、考えるとすごく滾ると言いますか…鴫野の戦いで誰よりも早く逃走していながら、天王寺では幸村に付いて15000相手に奮戦してるわけで。何があったんだろうなぁと。道明寺の戦いじゃ大怪我も負ったらしいし。てなわけで、ちょっと今糺が熱いかもしれない。持ち口を治長と争って切り合いになりかけて、又兵衛に両方死ねば良かったのに、って言われたあの話、もしも本当だとしたら治長と治房を間違えたのかなぁと、ちょっと思ったりしてます。治長と治房は間違って記載されてることが多いって、植村清二先生が言うとった(お前 いや、単に、ものっそい仲の悪い治房と糺が好きと言いますか…!母親が両方とも茶々の側近で、年齢も近いのに仲悪い二人とかね!少年時代は一緒に遊ばさせられてた仲を希望スル!←

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/15 (Thu) 五月十五日



今日は、旧暦の日付で盛親が刑死した日ですね。盛親が死ぬ前に、秀忠にどうして自害とかしなかったんだよお前って言われて、軽々しくんなこと出来る立場じゃねぇやい!って言った話と、頼むから出家させてくれって泣いて頼んだっていう話との二つがあるんですが。後者の方は、命長らえて長曽我部家の再起を狙ってたらしいんですけど、私的には後者の方がなんだか良いなー。盛親には、お家再興の為に全力を注いで貰いたい。ていうか、盛親って、土佐者以外に心開いてない印象があったりします。又兵衛は内通してるって、又兵衛が討ち死にした報を聞くまでずっと信じていたって言う話を見たせいで、何だかそんなイメージが。
そんでもって、大坂の役とは関係無いんですが、秀吉が鷹狩りとか遠出するのに、ちょいちょい孝蔵主が供をしていて悶えました。やっぱり孝蔵主って、ねねだけじゃなくて豊臣家全体の秘書というか何かそんなんだったんだなーと。政治面でも忙しなく動いてる孝蔵主のバイタリティにびっくりだ。むしろ、役職的に三成と接触が度々あるんじゃないのかこれとか、勝手に妄想が働いてます。この二人はカップリング臭まったくなしに、コンビとして萌える…ッ。晩年の、ねねの元を離れた孝蔵主は、三成の娘たちを見守る道を選んだんじゃないのかなぁとか、ちょっと思ってたりします。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/14 (Wed) 雑多に諸事諸々


何だか、秀吉が長浜城に居るねね宛に、豪がお転婆をして怪我をしないように、な手紙を送っててこの滾った気持ちをどうしたら良いのやら(知らないよ あああ、可愛いよ可愛いよ、秀吉が心配するってことはお転婆だったのかな豪って…やばい、萌える。後はやっぱり、大日本史料(だったか何だったか)の後水尾天皇編に、大坂の役に関する話が入ってて悶えました。でも、どこら辺が後水尾天皇編なのかおいちゃん分からなかったのだけれども…あれか?後水尾天皇が持ってましたよとか?いやそんなまさか。とにかく、治長と重成なんて珍しいコンビの話があったりとか、色々美味しかった。翁草書いた人ってもしかして治長のこと好きなんじゃ?とも思ったりもした(… いや、何だか目につく限り、この人が治長のこと批判してるのを見かけたことが無い。……いや、もしかして私の目に自動フィルターがかかって、それ以外の奴が目に入らないようにしてるのかもなんですけど(末期ですね) でも、私が知りたいのは大坂の役以前の治長なんだ…!おおおお、何故こんなにも見当たらない…!お貴族様系の日記とか当たれば、ちょろっと名前位出てたり、しないかなぁ…
後、以前治長が大坂の役の時下血してたって話を聞きまして、下血って何だろーと思って辞書で調べてみたら、幾つかの疾患により消化管内に出た血液が肛門から出ることって……は、治長ぁああ!幾つかの疾患って…駄目だよ、もう若くないんだから…。大坂の役の時、冬でも夏でも、薬とかでどうにかごまかしごまかし来てたのかなぁと思うと、こう、何か、ねぇ?(何だよ 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/13 (Tue) 経歴不詳


ふおおお、治長の家臣で、謎な人が一人…いや、全体的に皆経歴不詳すぎるのですけれども。大野弥右衛門さんって、あんた何者…?大野一族なのか、それとも治長から大野姓を貰っただけなのか、果てやただ単に大野って地名の所出身だから、名字が大野なだけなのか…このどれかによって私の中で位置づけが変わってくるんだぜ。あとは、善太夫さんの生死が不明過ぎて泣ける。とっ捕まって板倉さん送りになったあと、どうなったのよ!やっぱり、殺されたのかなぁ…だろうなぁ。でもそれすら探しても無いあたり、さすが治長の家臣。主人のクオリティが家臣にまで(… ていうか、太夫ってついてるってことは、神社とかの出身なの…か?出家してるとか?もういっそ、誰か大野治長のすべてみたいな本出してください(無茶言うな)

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/11 (Sun) お茶とか


そういえば、先日男の人が茶道をするのを生で見る機会がありました。
いや、何だかもう、格好良い…!女の人がやっても、すごく綺麗で格好良いんですけど、また違った良さと言いますか…素人も良い所なんで、色々あれですが…いや、あんな風にお茶やってた戦国時代の面子も格好良かったのかなーと。はい、所詮そっちにしか考えがいきませんでしたすみませんちょっと肥溜めにダイブしてきます!←
そんでもって、「拝見」っていう使った茶器をじっくり眺める所作に、茶器狂い(…)な、あれでそれでこれな人たちの思いが込められているようでならなかった(お前)

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/09 (Fri) 諸々閲覧



ぱらぱらーっと、図書館で吉田兼見さんの書いた日記の「兼見卿記」立ち読みしていたら、官兵衛が報復行為に出ようとしていて盛大に吹きました。家臣が芝を取りに山に入ったら、追い出されたってんでキレて報復行為に出ようとしてたらしいんですけど…何しようとしてたんだろう…一体何をもって報復をしようと…。何か仲裁に誰かが(名前忘れた)(お前)入ってくれたおかげで大事には至らなかったっぽけど、にしても報復って。伊也ちゃんらしき、藤孝女っていう名前もちょいちょい出てきてテンション一人上がってました。荷物送ったのに、中々輿入れに上洛してこない伊也ちゃんに何だか萌えた。きっとなんやかんや理由をつけて輿入れ拒否ってたんじゃないのかな!ただその度に、兼見さんの日記に、「未だ上洛せず」な文が何度も出てくると、さすがに兼見さんが可哀そうになってくるけどな!
 後は、浅野家文書ていう、浅野さん家関連の書状とかがもっちゃり纏められた本も読んでみました。べ、別に治長の名前が出てると良いなーとか思ってたわけじゃ…いや、思ってたけどね!すっごく思ってたけどね!全然まったく大野のおの字も出てこなかったんだけどね!ただ、夏の陣の時に治長が起こさせた紀伊での一揆鎮圧に関する書状があって、八百うん十人成敗したとか書いてあって、うわおと。治長の旧領が紀伊で縁が深かったから一揆を云々ってのをよく見かけるんですけど、いつ頃貰ったんだよ治長…気になるじゃぁないか。ていうか、大坂の役の時はどこが領地だったんだよ治長…大野城周辺か?そうなのか?他には、何気に清正の名前が結構出てきて内心黄色い悲鳴。あれか、幸長さんはやっぱり清正大好きっ子なのかそうなのか。萌えるな←
 んでもって、やっとこの間借りてきた「賤ヶ嶽合戦記」を読み終わりました。中に小瀬甫庵さんの書いた太閤記バージョン賤ヶ岳の戦いも入ってて、伊木さんの名前が出てきてちょっと悶えたんだぜ!半七時代の伊木さん伊木さん、若い!七本槍に匹敵する働きってすごいじゃないか伊木さん。あとは、一光の名前も出てきて、反応に困った。一光と嘉明エピソードは、笑って良いのか泣いて良いのか分からないからさ!← ただ、すごく好きだけどあの話。むしろ、嘉明のトラウマというか何というか、癒えない何かとして残ってると良いと思う。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/08 (Thu) 治長逸話


と、言うことで(何が)、大坂夏の陣記念的なものを公開する最終日八日になりました。七日から八日への変わり目に、山里曲輪で秀頼・茶々以下三十二義士が自害したんだなぁと、今更ながら感慨に耽りつつ。突発的に書きたくなったんで書いてみました、SSS。「老将座談」に載っている、治長逸話で多分格好良い部類に入る話を元に。ていうか、この治長は格好良すぎて本当に治長なのか疑いたくなりますね!(お前 いや、治長は本当は大分男前だって分かってますけど!ね!(必死だな)

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/06 (Tue) 突発的に気づいたこと


 出したい出したい思いながら、中々出す機会の無い可児才蔵が一人で髷結えるよ!すごいっしょ!な一発芸で正則に採用されたことを今日初めて知りました。……(自分家の可児を見てみる)……(話の載ってるパソコン画面を見てみる)……(自分家の可児を見てみる)……あれ、髷…? 
………何か、あったんだと思います(待て

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/06 (Tue) すんません…!

大坂夏の陣記念的なもの、ちょっと確認してみたら早速不具合があって直してきまし…た!すみません!そんでもって、クソ重くてすみません!


<追記>
午前中と、午後の昼間は比較的軽くなってるみたいです。……意味ねぇ…(吐血
</追記>

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/05 (Mon) 言い争ってみた


 ちょっと今日は、父親と言い争いをしました。いやさ、だってさ、あいつさ!

「治長って実戦経験あったの?」

って、あるよありますとも!!あんたの大好きな関ヶ原で手柄あげてますよ!岐阜城攻めと本戦両方参加してんだよ!うおおお、あの嘲笑しきった顔が忘れられねぇ…っ この恨み、いつか晴らしてやる!← 取り敢えず、どの史書に治長が関ヶ原に参戦して武功あげたって載ってたかメモしてた紙みつけて、突き付けてやろうと思います。ええ!(笑顔) そんな荒んだハートを慰めるために、私のバイブル「歴史と文芸の間」と、あと別に大坂の役について解説してる本読んでました…癒されるー…特に「歴史と文芸の間」は、ちゃんと治長と向き合って書いてくれた感じがして下手すると泣きたくなる。小説じゃなくて、論文?っぽい感じなんですが。ちょっと茶々についての書き方はあれだけど、そこは別問題として。大坂の役について解説してる本の方は、冬の陣で、真田丸方面に敵をおびき出す為に、治長と又兵衛がこちょこちょ工作に動いてるのが可愛くて仕方がないんです(お前 この二人は、所々共同作業してて萌える。いや、うん、……又兵衛×治長が読みたい…誰か私に又治をぉおお…!← ほんともう、茨道どころか灼熱道レベルのカプですけど…仕方ないんだ…好きなんだ…(知らないよ)

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/04 (Sun) 本感想


ふおおお、注文してた「茶々と家康」が届いたんで、早速最初の方すっとばして明らか後半部にあたる大坂の役の辺りから読み始めたアホです← 読んだつっても、かいつまみつつ最終的に最後まで読んでしまったおちなんですが。何だか読んでてとてもテンションが上がったんで、追記にネタバレという名の感想をば!

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/03 (Sat) ラッシュ


そういえば、あともう少しで大坂面子怒涛の命日ラッシュが来るんですね(ラッシュ言うな) 六日が又兵衛と重成で、七日が幸村で、八日が茶々・秀頼と、治長勝永治徳大助勝家大蔵さん含む三十二義士の人たちって感じかしら。んで、盛親がちょいと遅れて十五日と。治胤は六月二十七日って随分粘ったなぁ…。日付とかは新暦じゃなくて旧歴の、ですが…青柳も、重成の一周忌をやった直後に自害したのならやっぱり六日が命日なのかな。山里曲輪に籠っていた人たちの自害する八日に合わせて、何やらアップしてみたいなぁ。い、言うだけならタダだよね!?←

そんなこんなで(どんなだ) ちょっと今日、「茶々と秀吉」を読み返したんですが……毎度思うんだけど、この本に出てくる治長の美少年っぷりと純情ぶりは異常。いや、非常に萌えるとも言う。登場シーンの描写が、明らか美少女に使うべき単語が揃ってますからね!「肌が抜けるように白く」「唇も赤みが差して」とかな!一瞬、茶々が女と見間違う程の美少年らしいです治長← うん、でもこの治長の純情ぶりは素晴らしいというかやっぱり治長というか。茶々が秀吉を想って口付けた松ぼっくりを、こっそり拾って大切に持ってるなんて芸当は治長にしかできないと思う(お前)

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/01 (Thu) 墓参り


ちょっといつもより足を伸ばして、孝蔵主のお墓に行ってきました。
最初どこにあるのか全然分からなくてさ迷っていた所を、お寺の方に声をかけて頂いてどうにか辿りつけました。てことで、ちょっと追記に撮った写真とか諸々をばー。


戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。