何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/06/30 (Mon) 疑似父子


この間読んだ日記書いた人わかりました。山科言諸さんという人です。秀次のお友達な山科言継さんの息子さんだと思われ← この人の日記に、大坂の役で豊臣について討ち死にしたびっくり貴族、持明院父子の名前がちょいちょい出てきまして、……普通に貴族やってるんですけどこの人たち…普通に連歌の会とか毬打ちの会に出ちゃってるんですけど!蹴鞠っちゃって…るかはわからないですけど、毬打ちっちゃってるのは確かなんですけど!それがなんで急に、猛々しい方向へ行っちゃったのやら。あれか、秀頼のフェロモンにあてられたのか(絶対違う) ちょいちょい何だかもう、日記からでもきな臭い臭いが漂ってたりとかすごいです。秀頼に参賀する前日に、家康と会う→翌日、秀頼に礼。その後家康が面倒って言ったから、代わりに秀忠に礼→その夜限られた貴族だけ家康に会ってもてなされる。家康ご機嫌。……何だこのキナ臭さ(笑 明確に何を話したとかは当然書かれてないんですけど、色々妄想が掻き立てられますねこれは← ただやっぱり、治長の名前は出てこなかったというか。片桐さんの名前は二回くらい出てきたんだけどなぁ。招かれてお食事しましたよ的な。やっぱりこの頃はまだ治長、片桐さんの補佐的な役割だったのかな。一番治長と片桐さんがうふふあははな時代っていう(…) 治長を息子同然に云々なことを言ったりしてた片桐さんと、そんな片桐さんを信頼してたんだろうなぁな治長の決裂を想像すると切なくなる。互いに裏切られた気持ちだったんかな、とか。
 そんな妄想で書いてみましたSSSですらない、SSS崩れ。今、ちょっと課題地獄が始まってしまったんで、また落ち着くまでSSSでお茶を濁しちゃうぜ期間になってしまいそうです。すみません!

スポンサーサイト

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/30 (Mon) お疲れ様でしたー!


恐惶謹言お疲れ様でした!そんでもって、スペースに足を運んで下さった方、ありがとうございます!手にとって下さった方、ありがとうございます!お買い上げくださった方、ありがとうございますあんなんですみません!(ジャンピング土下座) おおおお、実は四冊位売れたら良い方なんじゃね?と思ってまして、ものっそい極少しか刷ってなかったんですが…か、完売、しまし、た…。(小刻みにふるふる) てなことで、夏コミには同じ内容をコピ本にしたぶつを再販として持っていこうかとたくらんでおります!にしても、殆ど一列まるっと創作戦国というここは浄土か?浄土なのか?と言いたくなる状況で、一人テンションが上がりまくって予想通り挙動不審なことになってました← しかも、左右お隣様が所謂神という方々でしてええ、よく途中で吐血して倒れなかったものです。water gardenの片岡様にリンク許可を頂きまして!早速貼らせて頂こうかと!黒点のハコヤマ様が、こんなみそっかす如きに、サイトもどうぞーと(興奮しすぎてうろ)(…) おっしゃって下さいまて、おこがましくもリンクを貼らせていただこうかと!……行清…行清…!(落ち着け) 創作戦国のコスをしているかたもいらっしゃって、いやもう、眼福でした。何より、あのBASARA秀吉コスの人に卒倒するかと思いました。何だあの人、素敵すぎる…!色々、楽しすぎる時間でしたー。
 何故か帰りの飲み屋で、話が四季猫のマンゴ女体化18禁ネタに飛んだりしたんですが(笑 良いんです。楽しければそれで← 

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/28 (Sat) 本


昨日が治胤の命日だっていうの、すっかり忘れてた…!おおおお、すまん治胤!大野四兄弟で、唯一墓が残ってるの、治胤だけなんだよなー。ていうか、治純ってどうなったんだろ…徳川家で旗本やってたんだから、夏の陣終わったあとに殺されたってことは無いよ、ね?謎い…謎すぎるよ治純。あー、それから今日、「粟田口の狂女」という本を注文してみました。大坂の役にまつわる短編が六本収録された本で、その内の一つが「大野修理の娘」っていう題名の、葛葉ちゃんの話だってんだから買うしかないだろうと!← 娘から見た治長な感じの話らしいです。是非とも、是非ともほのぼのな大野さん家に期待したいんですけど、どうでしょう…。葛葉ちゃんの話なんだから、米村さんも出るんだろうなぁ、本当に、大野さん家が家中含め好き過ぎて困る。

あ!明日ですが、乙式三人でB21に出没します!一番小さくて挙動不審なのが恐らく私です!てめぇ色々ふざけんなと、どたま叩く機会かと…(お前

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/27 (Fri) ごちゃごちゃ諸々と


この間やってた、その時歴史は動いた、今日やっと見れましたー。大坂の役ってんで、友達に教えてもらって見たんですが、大坂の民衆中心な感じでしょうか。戦の時はどこでも見られたことなんだろうなーって思いながら見ていたというか、そういう奴隷狩りとかをしている雑兵も国元じゃあ農民とか所謂「民衆」の一人なんだよなーって思いつつ、興味深く見れたんですが、が!一つ注文つけるとしたなら、別に茶々、大筒にびびって和平結んだんじゃないっつーの!徳川が大筒使う前から、和平交渉は水面下で進んでたんだって!……頼むぜ…NHKさん……影響力でかいんだから…。他の大名が味方になってくれなかった時点で、勝ちの可能性は無くなってたんだし。とまぁ、はい、一緒に見てる父親の隣で文句ぶー垂れてたもんだから、物凄くうざがられてました(だろうよ) でも、その落城時の混乱と悲惨な状況が解説されてて、良く米村さん、この状況から葛葉ちゃん連れて脱出できたよなーと。本当にまじで、米村さん忍者なんじゃねぇの?(真顔) 最近とみに、米村さん忍者妄想が止まりません…いやだって、すごすぎるよこの人…。改めて、城の外に情報収集に行った帰りに本田の正純さんと遭遇した時のやりすごし方を思い返したら、所謂これ変化の術なんじゃねぇのと← いや、煙が出て変化!な感じのじゃなくて(当たり前だ) 細かな技術を駆使して、まったく顔とか全体の雰囲気を変えるな術というか、技術があったんじゃないのかなぁと。はい、妄想です。


追記:そういえば、29日の戦国オンリーのスペースNo,載せとくの忘れてました!B21です!周りが神すぎて、吐血しそうなんですが(興奮的な意味で) オフラインページとか作った方が良いんですかね…?いや、でも、むおおお、考え中です。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/25 (Wed) 曲


ここ最近、ずっと平沢進の「時間の西方」をエンドレスリピート状態です。だ、だってこれ、秀吉ソングすぎる!良心の嗚咽って歌詞のところが、秀次とその妻子殺した後に病気悪化させて寝込んだり、利休殺した後に、完全に執着してるだろお前なことを言ったりしてる秀吉っぽいなぁと!はい!← ていうか、普通、良心の嗚咽なんて表現出てこないよ…素敵過ぎて痺れる…。ほんと、晩年の秀吉っぽい感じが堪りません。そういえば、友人に陰陽座っていうバンド?が好きな子がいて、良くわかんないんですけど、信様をイメージした「魔王」って曲があるんだとか。タイトル聞いた瞬間にまず噴いたんですが← 今度、その子から借りて聞いてみようかなぁと。……治長をイメージした曲って無いかしら。無いよな(当たり前だ) あ、でもこの間クイさんとカラオケに行った時にクイさんが歌ってた「英雄」っていう曲が、治長っぽいなぁと思ったり。男なら大切な人を守るために強くなれ!的な歌詞です(…) まんま治長じゃん。とか。微妙に、譜代衆っぽいかなとも思ったんですけど、牢人衆なイメージじゃないかな。あんまり牢人衆って大切な誰かを守る為ってイメージが無い。良くも悪くも、自分の為だぜ!ってイメージ。団右衛門とか団右衛門とか団右衛門とかやっぱり団右衛門とか(お前)

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/24 (Tue) 誕生日と命日


おおお、今日はそういえば、旧暦での清正の誕生日兼、命日ですね!……めでたいのか何なのかようわからん…。油断しまくってたら、なんも出来なかったの、で!せめて追記にSSSというかむしろ、単なるわけわからん短い文章の羅列をば。ちょっと、微妙にちょっとだけ、行清っぽいかも?しれません。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/24 (Tue) 日記で諸々


 山科言なんちゃらさん(言継さんではない)の日記を読んだら、慶長20年の5月8日は雨だったみたいで…何だろう、視界が滲むんだぜ← 雨とか、雨とか雨とか!情緒的にも程があるだろうが!城から逃げようとして出来なかった死体が、男女共に隙間なく詰まって死体の海と化してた堀にも、燃えた城にも、爆破した蔵にも降ったんだなぁと思うとこう、ね!(知らないよ そういえば、後もうちょっとで旧暦での、治胤命日ですね。その今日読んだ日記だと、道犬じゃなくて、道賢ってされてて、ああそっちが正しいんだなぁと思ったり。確かに普通、自分の名前に犬ってつけたりしないよね。あと、6日に明石さん死んだことにされてて、えええええってちょっとなったりした。冷静になったら、当時は情報が錯綜してたんだろうなぁって分かったけれども。そんでもって、5月の2日に、樫井とかで獲った首が家康の元に送られてきたみたいで、一人図書館で団右衛門ーって叫びそうになった(… 遅れて到着した頃には全部が終わってて、残されてた兵達の死体をその場で燃やしたっていう、樫井の時の治房の心境を妄想すると、何だか色々きゅーんとくる(お前

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/22 (Sun) 頭の膿んだ以下略 孝蔵主編


孝蔵主についての資料が、さっぱりぷーなので(探す能力が無いともいう)(…) ここはいっそ、孝蔵主の家、川副氏から探っていこうじゃぁないか!と思いついて、早速躓いた、よ← 何やら、蒲生家の家臣な家だったらしいんで、蒲生家が六角家を見限って織田に付いた時も従ったのかなぁと。でも、孝蔵主だけ、蒲生家とは関係無い羽柴家にいるってことは、蒲生家が織田につく前にはもう、近江にある宗正寺に入れられてたのかなぁと、妄想がもりもり止まりません…。しかも、宗正寺って、浅井長政の叔母さんも入って尼になったっていう記録が残されているらしいし?面識あったら良いなぁ…と、はい、もう完全に妄想の領域ですね!んで、孝蔵主の甥っこが上杉家に仕えたって話もあるっぽいです。だから、三成の娘を直江に預けたのかな。問題はどうして孝蔵主が尼になったのかってことなんです、が、わ、分からない!(駄目じゃん) 家の手駒として使われそうなもんなんだけどなぁ…それとも、蒲生家が六角家を見限る前に出家してたんじゃなくて、六角家に多少なりとも関係してる家に嫁いでて(もしくは婚約してて)、離縁されたから(破棄されたから)寺に入れられた、とか?むおおお、妄想ばかりが出てきて困ります。何か、こう、不義の子だからとかいう理由だったら激しく萌えるんだけど、な!

戦国的な | trackback(0) | comment(2) |


2008/06/21 (Sat) 映画の話


「茶々~天涯の貴妃~」のDVD発売されたんです、ね!おおおお、欲しいよう…金無いよう……仕方がないから、母にねだろうかと思います(お前) 取り敢えず、うちの母親はこの映画一人で見ていって、号泣したそうなんで(しかも冒頭で)(何でや) 母子で、渡部秀吉可愛いよねと暫く言い合う異常事態でした。我が家で秀吉嫌いなのは父親だけなんだぜ!← あと、「春のかたみ」をバックミュージックに、青柳の話をしたら車の運転中にもかかわらず泣き出す母親です。ちょ、前見ろよ前!状態でしたよ助席で。ただ、やっぱりディープな話が出来るのが父親の方なんで、毎回毎回議論になるというか…単なる言いあいになるというか…取り敢えず、DVDが欲しいです(戻ったよ) 乙式三人で観に行ったんですが、幸村が登場した瞬間に三人揃って噴き出すという奇跡が(何でや)(さぁ) あ、あと治長の余りにもあまりにもなフェードアウトっぷりと、物凄い外見年齢の差に全俺が泣いた← 盛親と治長が、茶々幸村又兵衛に比べて老け過ぎだろwww あと明石さんと勝永どこだwww という突っ込みが飛び交ってましたが面白いんで無問題です。また見たいなぁ。
 

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/20 (Fri) 原稿とか原稿とか原稿とか


昨日必死にノンブル貼りをしていた原稿を、今日やっと入稿できまし、た!29日のオンリーで出すようの本なんで、ちゃんと届くと良いなーというか届いて貰わないと困る!← クイさんの漫画で、勝永が登場率99%を誇っていたり、明らか私は自分の趣味に走りまくった代物になってますが完成するのが楽しみですよええ!ていうか、色んな創作戦国サイト様を回ってたらオンリーに出るという方がちらほらいらっしゃって…ふおおお、緊張、する!一人不審者がいるかもしれません(やめろ)

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/18 (Wed) 描いて貰ったよ(またかよ)


また友達に治長描いてもらっちゃった、よ…!
しかも今度は何故かスーツ姿で返ってきたよ治長。半裸の次はスーツとか、分かっていらっしゃるっ← そんでもって、今回も掲載許可貰っちゃったんでがっつり追記に載せてしまおうかと。今度は誰を描かせようかな(お前)

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/18 (Wed) ありがとう御座います!


あばば!17日に、ノーフレームページでのリンクの不備をお教えくださった方有難うございます!返信不要とのことでしたが、この場を借りてお礼をさせて頂きたく!本当にうっかりしてました…一応繋げてみたのですが、また何かうっかりやってましたらお教え頂けると嬉しいです…(土下座)

そんでもって、今日、学校の先生の知り合いに長曽我部家の末裔な人がいることを知りました。何だそれ、すげぇ!実家に帰ると、家臣の子孫の人たちが総出で出迎えにくるとかまじかよ…何だよそれ……物凄い勢いで信じがたい話なんですが、確認する手立てがないのと、それってかなり萌えるんじゃないか!?なことを理由に信じてみようと思います←

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/16 (Mon) 家臣と主人の子


何だか今日は、脳内が次世代大野兄弟妹妄想に満ちてました…。
ぼんやりと、葛葉ちゃんは美人お母さん似の可愛子ちゃんが良いなぁとか、治徳もお母さん似で、治安が治長似かなぁとか…はい← 取り敢えず、お母さんは信様の娘で行こうと思います。織田系の娘さんな可能性がものっそい高いわけで、多分、織田一族の中でも治長の身近にいた有楽か信雄か信包の推薦で決まった娘なんじゃないのかなぁと、だとしたら信様の娘な可能性だってあるよなぁ…てことで決めましたぶっちゃけそっちの方が萌えるからなんですが(お前 なんで、子供たち三人は織田の血が入ってるってことで、ちょっとだけ茶々や秀頼と共通点持たせた方が良いのかなぁと勝手にクイさんとか桐生の了解も得ずに妄想中です。

んでもって、追記に米村権右衛門+治安でSSSです!

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/15 (Sun) 酒の肴


すみません、ちょっと今飲み会帰りで、妙なテンションなんですが!
戦国話を肴に飲む酒は、美味しすぎることを知りました…!(お前) 戦国が好きな人と、大坂の役について酒飲みながら語りましたよー。いや、アルコール入ってたんで、語ったというか互いに互いの言い分をまくしたてたと言いますか…(駄目じゃん) ですが、取り敢えず治長と茶々に対する先入観を、史料を武器に変えられたんで満足です。史料は剣よりも強し!(すみません酔ってるんです) ただ、宇喜多が好きな人だったんで、関ヶ原の時治長、宇喜多隊相手に戦って武功上げたんだよーってのりのりで語ったら物凄い勢いで怒られました。おおおおお、理不尽…!(すみません酔って以下略) 今度はここから更に進行して、治長好きにしてやろうやってみよう作戦の発動に移ろうかと思ってます← そんなこんなで、母の日に続き父の日でも何も出来なかったとか…。父の日って聞いて、頭にぱっと浮かんだのが自分の父親じゃなくて、秀吉と治長だった辺り末期すぎると思いました。葛葉ちゃんを米村さんに託して落ち延びさせたって話から発される治長の父性に、物凄い勢いで痺れたりしてたのは秘密だ!

雑記 | trackback(0) | comment(2) |


2008/06/14 (Sat) 茶器狂い修理


伊賀耳付水指破袋っていう重要文化財に指定された水指(ただし現在行方不明?)を、治房が所有していて、古田織部に鑑定を依頼した結果がそこに付属されてたっていうのに滾りました。治房とお茶、治房とお茶…なんつーギャップ!みたいな(治房を何だと思って) ついでにどうやら、ものっそい一品だよーと織部先生にお墨付きされてたんで、さぞかし治長は悔しがったんだろうなぁと思ってやらかしてみた← たまには、こんな大野兄弟だって良いじゃない←←
あ、どうでも良いんですが、治長が織部の茶会に招かれた記録も残ってて、そういえば治長って織部の下について奥義を与えられてたんだけって今更思い出した。すごい勢いで忘れてた(お前) 先生、先生って織部に師事する治長は可愛すぎると思う。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/13 (Fri) 通称



駿府記をぱらぱらーっと眺めてたら(真剣に読みなさいよ) 治長とか重成とか速水さんと並んで、渡辺権兵衛って人の名前が出てきたんですよ。この三人と並んで名前が出る位だから、結構上位の地位にいた人なんだろうなぁって思って、そういやそういう人で渡辺姓って糺しかいなくね?とか思考が飛んでいきまして……ちょっと今、糺の通称権兵衛説を推してみたいところです。wikiを見ると、糺の息子の守が通称権兵衛ってことになってるし、父親のと同じ通称を息子が名乗るのって良くみかけるし?あー、でもやっぱりwikiなんで参考程度にってことなんですが。そういうことで(どういうことでだ) ちょっと、糺の通称権兵衛でここだと通そうかなぁと。ただ、本人は糺って言う渡辺一族伝統の一文字だけの名前を気に入ってるのと、権兵衛って響きのゴツさが嫌で通称で呼ばれるの拒否してる感じで!← あと、どうでも良いんですが、多分糺が流れを汲んでいるであろう、摂津の渡辺氏の家系図を見ると悉く皆一文字を貫き通してて色んな意味で圧巻です(…

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/12 (Thu) とりとめもなく


秀吉関係をネットで漁ってたら、何だか政宗関係の話に秀吉がちょいちょい出てて、つい読み耽ってしまったとか(… 出典は「木村宇右衛門覚書」っていう、晩年の政宗が小姓に語った話を纏めたものらしいんですけど、ここに出てくる秀吉が、悉く政宗の行動やら話に笑いのツボ突かれてて噴いた。いや、秀吉爆笑しすぎだろう。可愛い← 何だか、政宗の小姓が秀吉のあげた花入れを、うっかり相撲とってる間に押しつぶしちゃって、その話を政宗が秀吉にしたら大爆笑した後に、花入れを「おお投げ」って名づけて、今度お茶の席で使えとか言ってるし。政宗が亭主を務めた茶会での顔ぶれが、政宗にとってアレでコレでソレな面子だったからものっそい熱い汁を出したって話を本人から聞いて、また腹抱えて笑ってるし…いや、うん、どんだけ人をきゅんきゅんさせれば気がすむんだ(知らないよ) その茶会も、四つ茶室があって、亭主を務めるのが秀吉、利家、家康、政宗の四人で前日に四人揃って枕を揃えて寝たとか…朝まで語り明かしたとか……何だそれぇええ!? も、も、萌えるも良いところじゃないか…!修学旅行気分かお前ら!何だか、芸術方面で、政宗は秀吉に結構可愛がられてたっぽい?歌会で家康やら利家やら、他にも一流の歌人と一緒に席を連ねることを許しされたらしいし?何か、うん、政宗が秀吉のことどう思ってたのか分からなくなっちゃったよー。絶対に政宗、秀吉のこと大っ嫌いだよな、とか思ってたんですけど、秀吉の遺品である脇差を献上するようそれとなぁく秀忠の家臣に仄めかされても突っぱねてたり、ねねとは文通友達だし(語弊あり)、豊臣家が生き残るにはこうした方が良いんじゃーん?な手紙出してたり、秀吉が可愛がってた能役者の助命を願い出てるし…うおおお、わからん。そもそも、晩年に、秀吉とのエピソードを事細かに覚えてるってあんた……。如水時代の官兵衛も、秀吉のこと嫌いだろうなぁって思ってたら、秀吉から貰った「弟みたいに思ってるよ!」な手紙を持ち続けてるしなぁ…捨てりゃあ良いじゃない…。何か、そんなこんなで、色々わけわかんねなことになってます(お前) 取り敢えず、政宗の回想に出てくる秀吉は可愛すぎるってことで。そういえば、その秀吉に可愛がられた能役者の、喜多七太夫って人も萌えるんだよなぁ。七歳の頃に秀吉に能を披露して絶賛されて、ねねの元に預けられてたとか。そんでもって、ことあるごとに、秀吉が連れて歩いたものだから、腰ぎんちゃくな意味あいの陰口を叩かれてたとか。しかも、夏の陣で幸村について奮戦してるとかすごすぎるよ能役者。取り敢えず喜多さんも、譜代衆としてカウントして良いのかな?

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/11 (Wed) すごくどうでも良いこと



今ちょっと、久々に養子達の話書こうかなぁと書き進めてるんです、が!……予想以上の長さに…いや、大した長さじゃないんですけど、SSSに毛が生えたような長さで行くつもりがっ!(お前) 本当に、プロットいい加減立てて話考えろってことですね……はい← ですので、もうちょっと待って頂けると嬉しいです!(土下座) そんでもって、大坂の役、譜代衆に喰い指が動き始めてます(…) 大野兄弟やら、糺やら、重成やらはもう毒牙にかけずみですが!七手組とかね、特に速水さんとか七手組以外でも、永翁とか、重成の妹婿の弘定とか!薄田さんも、気になる、よ!譜代衆は何かこう、牢人衆とはまた違った魅力があるというか何というか。勝手に脳内で、永翁は眼鏡っ子になってます。父親が医者で、自分も元祐筆ならそりゃ眼鏡でしょう!(どうだろう) 
 ちょっと色々見てて気づいたんですが、そういえば夏の陣の後に、藤堂家に召し抱えられた大坂方の人が妙に多いんだよなぁ。関ヶ原の後も、藤堂家が石田家の家臣がっつり召し抱えたっていうし?あれ、多分、そうだったと…違ったっけ?(知らないよ) 何か、深く考えると色々萌える(お前)

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/10 (Tue) 頭が膿んだ以下略



時慶卿記をまた、図書館で読んでみたんですが、関ヶ原の後孝蔵主が大津城に留め置かれてた期間と、捕まった三成が大津城門前に晒されてた期間って被って無いか…?うああああ…孝蔵主の留め置かれてた部屋から、門前の三成が見えてたりしたら切なすぎてやばい。いや、多分距離とか広さ的に見えなかったんだろうけども。改めてやっぱり、孝蔵主と三成の組み合わせ好き過ぎる。多分、秀吉存命中の豊臣政権で、機嫌を取らなくちゃならない人ツートップだと思われる← 特に孝蔵主は、利休亡きあと、内々のことは孝蔵主に、とまで言われてたらしいし。しかも、贈られてくる贈答品の多さが異常。その分、さぞかし二人とも陰では嫌われ者だったんだろうなぁ、そんでもって二人とも、だから?な態度だったんだろうなぁ萌える。うん、孝蔵主と三成の組み合わせに萌える理由が分かった。背中合わせな感じが堪らないんだと思われます。背中合わせで絶対に馴れあわないような関係で、孝蔵主が三成の娘を直江に預けたり、他の娘の面倒を見たのは最初で最後の甘さみたいな。はい←

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/09 (Mon) 残された子



昨日からずっと、夏影をエンドレスリピート中です。何これ泣ける…超泣ける…!多分、これ聞きながらついうっかり葛葉ちゃん妄想しちゃったからなんだよなぁ…。歌詞というよりも、メロディが何だか葛葉ちゃんっぽい(どんなだ) てことで、絶対にあり得ないと思いますが、こういうことあったら良いよね妄想で、次世代大野兄妹+大助(微妙に治徳→大助風味)でSSSを。ちなみに、私は治徳×大助を諦めていません←

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/08 (Sun) 分かったこととかお知らせとか



最近、漸く、茶碗と茶入れが違うということを知りました。ずーっと、茶入れも茶碗の一種だと思ってたとか…。茶碗が、所謂お茶を入れる茶器で、茶入れは抹茶の粉を入れる代物だったとは。棗も抹茶を入れるものらしんですけど、棗は薄茶用、茶入れは濃い茶用とか何やら別らしいです…ふおおお、頭こんがらがる…!濃い茶は、一杯の茶碗に入れられたのものっそい濃いどろどろしたクソ苦いお茶を皆で回して飲むものなんで、大谷さんが飲んだ後に三成が躊躇わずに飲み干したっていう時のお茶は、濃い茶なんですね、多分。……多分!←

そんでもって!夏コミスペース取れましたー!創作戦国じゃなくて、BASARAなんですけど、六月のオンリーで出す予定の、恐らくていうか絶対、売れ残るであろう大坂面子で描いた創作戦国本も一緒に持っていけるかなぁと、クイさんや桐生に何の相談も無く考えてたりします。あ、六月の戦国オンリー、創作戦国で参加しまっす!今年の一月頃にはもう参加申込書を出してたとか、ちょ、おま、な位楽しみにしてたんでうはうはですよ!クイさんが大坂面子漫画を13Pも描いてくれました。桐生は忙しいみたいなんでアレだったんですけど……えーと、はい、治長で小説を載せ、ま、す!← だって、だって載せるしかないじゃないの!(だってじゃないよ)

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/07 (Sat) 戦国武将 血筋的な脳内メーカーをやってみた



とあるサイト様で、「戦国武将 血筋的な脳内メーカー」なるものをやってらしたので、私もやってみてしまいました血筋的な脳内メーカー。本名とHN、両方で。結果がその……うん、まぁ、ね!(笑顔)(…)

まずは、HN
sengokumakarhanne

左近の割合でけぇな!そして妙に多い酒井さん…信雄、秀吉、秀忠って何ぞこのコメントに困る面々は…いや、でも、うん、まさかの左近だった。

でも、一番噴いたのは本名なんですよコレ!はい!
senngokumakerhonmyo

 いきなり 風 見 鶏 とか。
私別にそんな風流人でもなければ、牛を片手で引きずったりできないからね!? そんでもって、また秀吉がいるよ…秀吉、信玄、家康て…私そんな黒い人間じゃないよ多分、うん、多分!更に秀次って、どんだけ豊臣系が入っていれば。でもこの面子の中にいると、秀次が最後の良心に思えてくるとかね!ていうか、良心だよ。最後の←

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/06 (Fri) 頭が膿んだ以下略



八重の埋み火―中編―、やっと更新できまし、た…!所々間違ってる気配がせんでもないんですが← ここ違うんじゃね?等ありましたら、教えて下さると嬉しいです(… 本当に、歴史小説で合戦シーン書いてる人はすごすぎると思いました。難しいんだぜ…合戦シーン……。後編は、糺のターン!になる予定だったりします。はい、多分!いつか、天王寺口真田軍四人組(幸村・遠雄・糺・吉治)の話も書いてみたいなぁ…ていうか、幸村と糺。こそっと、道明寺でも一緒だったりしなかったっけこの二人。あれ?(調べなさいよ) そんでもって、一応八重の埋み火を書く時に参考にしている本を、載せとこうかなぁと。M研文庫から出ている、『真説 大坂の陣』を一番の参考にさせて頂いてます。 本当に、お世話になってますこの本。著者の見解とか混じってるんで、全部まるっと鵜呑みには出来ないですけど、共感できる部分もあったりして(出来ないのも、勿論ありますが) 難波戦記にしか載っていない、幸村の城外出撃策は本当は無かったんじゃないのか?とか、色々と。城外出撃策の有無については、歴史群像シリーズの大坂の陣編にも、そういえば書いてあったなーとか思ったりしましたが。無かった可能性が高いみたいです、当時の状況を見ると。
でもちょっと今は、大坂の役の話書きつつ、ねねと秀秋が気になってたりします。この二人で物凄い頭の膿んだことを、追記にちょいと。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/05 (Thu) 読んでみたものとか



この間借りた日蓮宗入門編!みたいな本、一応教えっぽいところは読んだんです、が…が!む、難しい…。え、入門編でこの難しさなの!?一念三千の概念が、ものっそいフィーリングでしか理解できなかったんですけど← つまり、あれか、一瞬の心の揺らめきに、人間の良いところも悪いところも全部詰まってるんだぜってことで、おけなのか(さぁ) うおおお、この分じゃ一緒に借りてきた、キリスト教入門編な本も理解できるかものすっごい危ういですはい。んでもって、学校で仏教的なことを教えている教授が、仏教概念でいう「空」のことを話してくれたんですけど、その意味が宿敵で表現されてた意味と微妙に違うような?その教授曰く、法華経で言う「空」っていうのは、平等ってことらしくて、宿敵の中で使われてた、世の悉くは空しいものなんですよな意味とは違うような…そもそも日蓮宗って、現世に仏の世みたいな素晴らしい世界を作るんだぜイエーィな、現世利益ばりばりな宗教だから、そんな厭世的な思想にはならないような……いや、でも私の知識は完全に付け焼刃以外の何ものでもないからなぁ…むぅ、要勉強です。とりあえず、日蓮のおっさんのバイタリティは異常。超合金で出来てるんじゃないかこの人。

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/04 (Wed) お茶濁し作戦その七



課題が終わるまで、SSSでお茶を濁してしまおうで始めたお題も、はや最後になりました。そしてぶっちゃっけ、課題はあともう少しで終わりそうなようなそうでないような(血涙笑顔) 八重の埋み火の中編をちょこちょこっと書いてたりします。鴫野の戦い絡みで上杉主従、やっと出せるかな!?なんて淡い夢を抱いたりしたんですが……ええ、所詮夢は夢でした…(撃沈) だ、誰か私に登場人物がたくさん出てきてもやりくりできるスキルをぉおお← でも、鴫野の戦いとか今福とかでの上杉さん家の格好良さは異常かと。ただ、こっそり兼続涙目な逸話もあったりして、その話も大好きなんだけどなぁ!(お前 
新暦で6月4日の日付の変わり目に、秀頼、茶々、三十二義士が自害しました。秀頼、茶々を中心に集まった死に場所求めてる人やら忠義を貫こうとする人やら、明石さんとか盛親とか矢野さんみたいに、各々達するべき目的があったりとか、やっぱり色んな人の生き様の交錯する大坂の陣、好きだなーと思いつつ、締めは秀頼と千で。


「君に贈る七つの選択」
7、君の死で世界が救われるとしたら 君はいのちを捧げますか(秀頼+千)
配布元:TV

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/03 (Tue) お茶濁し作戦その六



えーと、今日は天王寺・岡山の決戦ですね。今から393年前にあったことなんだよなぁと、しんみりします。ちょっと新聞の記事を調べる機会がありまして、色々見ていたら、若江の戦いのあった場所が今園芸の盛んな土地になっていることを知りました。若江の戦いの後、その場所は夥しい死体に溢れていて、戦死者の魂が安らかに眠れるようにと、村の人たちがたくさんの花を植え始めたのが始まりなんて言い伝えがるそうです。いや、もう、その記事読んだ時本気で泣くかと← 首の無い重成の死体もそこにあったんだよなぁとか、たくさんの花に埋もれて眠る重成って似合いすぎだろうとか。色々と。
あ、それとは別に、大坂夏の陣の時越前松平家で真田隊相手に奮戦したんだぜ!ていう内容を記した何とかさん(名前忘れた)(…)て人の手紙だか何だかが発見されたって記事もあって、真田隊の奴ら五、六人倒したし、二の丸まで行って大野治長邸からぶんどった馬に乗ったんだぜ!な内容に激しく噴いた。治長、馬取られとる。


「君に贈る七つの選択」
6、甘受すべきは何色の宿命ですか(重成+青柳+糺)
配布元:TV


SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/02 (Mon) お茶濁し作戦その五



今日は新暦での、若江の戦い、道明寺の戦い、八尾の戦いで、旧暦で見ると本能寺の変ってことになるのでしょうか。わやー、盛りだくさんですねなんだか。そんでもって、やっぱり大坂夏の陣記念的な何かを、こっそり再アップしてしまいました…り、リベンジが、リベンジがしたかったんです(知らないよ



「君に贈る七つの選択」
5、ひとに触れることを畏れてはいませんか(又兵衛×治長)
配布元:TV

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/01 (Sun) お茶濁し作戦その四



六月ですね、もうちょっとで新暦での大坂夏の陣ですね。ぶっちゃけ、もう樫井終ってますねこれ(… てことで、旧暦の時に公開してた、大坂夏の陣記念的なものを、こそっと隅の方にまた置いておこうかどうしようか迷ってたりします。どうにか、動画が重たくならないサーバー借りたんでリベンジじゃぁ!な気持ちがあったりなかったりもするんですが。こっそり置いてあったら、ああ、リベンジなのねな気持ちで生暖かく見守って下さると嬉しいです(お前
そういえば、物凄く戦国と何にも関係無いことなんですが……PS3欲しいよ…何でSIREN3、ハードがPS3なの……しかも舞台が1の時に戻るってどれだけ心くすぐれば気がすむの!気になるじゃないのさSDKとかSDKとかSDKとか!私の青春時代の象徴だよSIREN!?(知らないよ 宮田さんなら結婚しても良い、そんな風に思っていた時期が私にもありました。改めて考えたら、すごい死亡フラグだと思った←



「君に贈る七つの選択」
4、喪ったやさしさは もう二度とは戻らないものですか(勝永+盛親)
配布元:TV


SSS | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。