何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/31 (Sun) あみだ



 何だか、カップリングあみだ(仮称)をやってみました。むしゃくしゃして…やったわけじゃないんですが← むらむらはしてたと思います(…) あれですね、カップリングあみだ(仮称)は、適当に名前をチョイスして受け攻めをまずあみだで決めて、更に決まった受けと攻めをわけて、またあみだでカップリングを決めるという、絵茶でテンションがおかしくなった頃に良く行われるアレです。それを一人でもそもそとやってました色々終わってる気がしますけど、構うものかぁあ!
 そんなこんなで、適当すぎるチョイスで出てきた結果を、はい、追記に…自分でやっといてなんですが、カオス過ぎて反応に困った…。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/31 (Sun) 取り敢えず



 こんな時間にこれだけ書くのもなんだかアレなんですが、言わせてくれ!
戦国武将列伝を親が買ってきてまして!やっぱり、あの秀吉は毎度毎度良すぎるだろぉお!もうあれが、小六×秀吉にしか見えなかったやばかった…ねねも可愛いし小六カッコ良いしむさくて!← あの秀吉の黒さと可愛さの共存は理想的すぎて暫くにやにやが止まりませんでしたよ!はい、これだけ言いたかったんです(お前) 


戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/30 (Sat) とある前夜に



 なんかこう、明るい話をちょこちょこ書いてると、むらっと暗い話が書きたくなります。
てなことで、追記に饗庭局×大蔵卿局 暗いというかなんと言うか。ちょいとばかし百合色なのでご注意ください。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/28 (Thu) 曲とか



 何だか色々と、誰々っぽい曲、みたいなのを懲りずに探してたんですけど、椎/名/林/檎/の「茎」が私のイメージする茶々っぽくてずっとリピートしてました。歌詞はこんな感じです→(ttp://lyric.kget.jp/lyric/ti/vk/) や、何だか茶々っぽいなぁと。でも、茶々は秀頼だけじゃなくて、浅井の一族とかそれに連なる人達も守ろうとしてたらしいんで、そこら辺はまぁ臨機応変で!(お前)
 そんでもって、今ちょっと、次世代大野家(治徳治安葛葉)妄想がちょこちょこと。葛葉の名前の由来が植物の葛で、葛って物凄い生命力の強い植物なんで、それにあやかって治長が付けてると良いなぁと。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/27 (Wed) 引き続き



 昨日の延長な感じで、今日は国会図書館よりかは近い図書館に←
というか、普通に戦国とは何の関係も無い本借りに行く予定だったのに、史料読み耽ってたら借りられる時間過ぎてたとか…無いわぁ…。そんなこんなで、治安が刑死したのが12月27日(日にちは記憶違いがあるやも)なんて記述を見つけたんですけど、12月って、ちょいと遅すぎやしないかい?5月8日に、秀頼と茶々が自刃したのに、それから七ヶ月以上って、記述が間違ってるか、それとも何か事情があったかだよなぁと。治安って、冬の陣終ってから徳川方に人質に出されてたわけで、治胤みたいに逃亡してたのを見つけるのに時間かかって、刑死が遅くなったってわけじゃないだろうし。一緒に人質になってた、速水さんの息子は命助けられてるのを見るに、本当は助命される筈だったけど何か、向こうの気に障るようなことやら、警戒されるようなことをするだか言うだかしちゃった、とか?駄目だ、妄想しか出てこない(…) 七ヶ月の間中、ずーっと幽閉状態な治安とか← 片桐さんとごちゃごちゃあった時は、治徳が一時的に片桐さんの所に人質で送られてたらしいし、何だかやたらと人質に行く兄弟だなー。二回だけだけど。
 そういえば、昨日読んだ長沢聞書だと、治長暗殺未遂の犯人が片桐さんなんじゃないかって書かれてて、地味に萌えました(お前) 治房でも良いけど、片桐さんでも、イイっ!片桐さんと治長の関係は愛憎だと素で思ってますすみませんごめんなさい。だって、十年以上一緒にやってきて情が沸かないなんてそんなの、嘘だろ?← むしろやっぱり、片桐さんの治長に対する「息子同然に~」がインパクト強すぎた。お前らそんな仲だったのかと!片桐弟が鎮守大明神にお参りしていた事実に、え、ちょ、おま、になりつつここら辺で。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/26 (Tue) 長沢さんの話



 ちょっと、国会図書館に行ってきました。長沢聞書を一回くらいはちゃんと読んでおきたかったんですけど、近くの図書館に置いてあるところが皆無でして…選択肢が国会図書館しか気づいたら残ってなくてですね…はい。初国会図書館は、おいちゃんには刺激が強すぎました← システムの理解に十分くらいかかったとかね!普通に書架どこかなーってうろついてましたよ。
 そんでもって、どうにか本を持ってきてもらえたんですけど、色々とアレな本だったよ長沢聞書!内容の八割が又兵衛のことって、どういうことなの長沢さん!? 又兵衛以外の人の紹介的なところだと、簡単に年齢とか書いてあるだけなのに、又兵衛の所だけ「六十歳位に見えて、男ぶりは百人分だよ!(超意訳)」って、ちょ、おま!又兵衛殿はこう言ってましたとか、又兵衛殿は常々…が何回出てきたことか。又兵衛のこと好き過ぎますね!何だかもう、突っ込み所が色々ありすぎて、読んでてどうしようかと。何故か、盛親だけ、書かれ方が名前でも官位でもなく、渋めに長曽我部オンリーだったりとか、火矢を放つ「日本号」なんて名前の車があったけど、治長の屋敷までうっかり燃やしちゃって、それ以来使用された形跡が無いとか、長沢さんに存在を消されてる糺涙目とか、鴫野の戦いの顛末が知ってたものと全然違ったりとか。まさか鴫野の戦いに渡辺糺の、わの字も出てこないとは思わなんだ。
 長沢聞書バージョン(…)鴫野の戦いだと、今切(多分今福?)に治長が五十人位置いておいたんだけど、佐竹勢が突っ込んできて追い散らされて大変!なことに。すぐに又兵衛に連絡が行って、更に又兵衛から治長と重成に、「京口橋詰めへ来い!」な連絡を飛ばして、又兵衛自身も京口まで急いで行ったんだとか。そんで、治長には「景勝が多分後切りに来るだろうから、横堤に控えて、景勝が後切りしようとしたら鉄砲を三百程撃ちこめ」やら指示して、自分は重成と一緒に突っ込んでったとか何だとか。治長は指示通り、景勝勢が後切りしようとしたところに、隙間無く鉄砲を撃ちこんで後切りさせないようにした、らしい。……で、後切りって何?
 何やら色々と知ってるのと違う所があるけど、無理やり都合を合わせればどうにかならないこともない、かも?いや、でも、糺どこ糺。他にも、秀頼が又兵衛のことを「摩利支天もかくやだ!」て言ってたり、治房が夜討ちの仕方を又兵衛に聞きにいってたりして、 い た く 萌 え ま し た …! 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/25 (Mon) 諸事連絡



 何だか気が向いたんで、拍手を更新してみました。たまには、清正の拳が飛んでも良いんじゃないかと(…) これからまた、気が向いたらぼちぼち増やしていきたいと思います。取り敢えず、メインに取り扱ってるカプから。……又治はメイン取り扱いカプに含めて良いのかしら。いや、良いってことにしておきます←

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/24 (Sun) 要旨が纏められません←



 真田の兄上の本、読み終わりましたー。あれですね、正則ーーーー!!な具合ですね。……はい。後半に行くにつれて、ちょっと読みながらしんみりしてきました。走馬灯(のようなもの)はいけんよ兄上…しんみり度が急上昇だよ兄上…。あと、晩年の兄上+鈴木忠重の爺様コンビに不覚にも萌えた罠。爺様可愛いよ爺様。
 そんでもって、兄上の本を読み終わったんで、今はこの間古本屋で買った「大名廃絶録」というのに手を出してます。小説じゃなくて、説明的な奴なんですが、忠直が配流された理由とか詳しく分かるかなぁと。でもちょっと今、梵舜さんと義演さんが気になってます。特に、梵舜さんの豊国神社再興にかける執念は異じょ…すごいよ!というかこの人って、生前の秀吉にものっそい恩でもあったの?て聞きたくなる位、豊国神社再興を願いまくってるんだよなー。鎮守大明神(豊国大明神の神体をこっそり祀った奴)で火焚きの祝いをやったその日に没してるとか、色々切なすぎる…。この鎮守大明神に、ねねの病気平癒を祈ってたりもするし、ねねも梵舜さんがこっそり秀吉を祀り続けてたことを知ってたんだと思うと、尚色々とくるものが。義演さんも義演さんで、豊臣が滅んだ後に、秀吉の法要を営むとか何か、うん、やらかした←
 義演さんは、醍醐の花見が終わった後に、秀吉から次は紅葉狩りでもするか!とか相談を受けてる分、妄想が止まらなくげふんごふん。
 ……あれ、結局何が書きたかったんだっけ(お前)


 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/23 (Sat) ごちゃっと



 桐生と、某餃子のたくさんあるアミューズメントパークに行ってきました。いや、ナンジャタウンです← もう、ね、あれですね、餃子万歳!(どんだけ食ったんだ) 人間食欲にはどうあがいでも勝てませんよええ!そんなこんなで、餃子食ったり、餃子食ったり餃子食ったり、タルト食ったり餃子食ったり、蚊取り線香の豚に乗って蚊を打ち落とす、これだけ聞くとえらくカオスなアトラクションを二回クリアしてみたり、爆弾解除に失敗してみたり、色々遊んでおりました。そんでもって、やっぱり餃子食ってました。
 あと、モンハンを一緒にやって、二人揃ってフルボッコにされてみたりとか(…) えらい勢いでharunagaがすっ飛ばされていきましたよええ。取り敢えず、色々擬人化されていきました←

 帰ったら、頼んでた、逆凪諒の新しいアルバムが届いてたんですけど、今ちょっと絶賛浅井久政世代脳なので(…) 悉く、そこら辺の人のイメージ曲に変換されていく罠。なんかもう、子供のころ、五人揃って琵琶湖の湖畔を散歩したり駆け回ったりしてれば良いじゃない!(お前) 調子こきすぎたら、蔵屋さんと馨庵さんのダブルお母さんに怒られてれば良いんじゃないかと!ただ、イメージ的に、明政だけはちょっとだけ、距離感を持ってると良いなぁと…あくまで、一歩距離を取った位置で見守る的な。ただ、ちゃんとした形にするには、余りにもこの時代の知識が無さ過ぎるっていうね!京極、六角と、激しくごちゃごちゃやってた時代なんだろうけど。

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/21 (Thu) 浅井さん家



 采配のゆくえのサイト、人物がだいぶ更新されてましたねー。あの大谷さんに心臓撃ち抜かれた私に一体どうしろと…?買えと…!?びびびびび美人過ぎるだろぉおお!何、あの程良い低音ボイスで「……三成」とか言ってくれちゃいそうな大谷さんは!(落ち着け) 小西はうん、小西はあんな子だよあれ違ったっけ?(…) 突っ込み所はありますけど、正則とか正則とか正則とか、あの大谷さんだけでも買う価値はあるかもしれない。ゲームシステムも更新されてるの見たら、本当に逆裁っぽいなー。法廷の代わりが合戦で説得、みたいな。取り敢えず、父親にプッシュしまくろうと思います。上手くすれば買うぜ、奴なら!← この間公式サイトがん見してたしな!

 そんでもって、今、浅井氏をちょこちょこ知ろうとしていたら、芋づる式に出てきた六角と京極にそろそろ泣きそうなんですが(… 複 雑 す ぎ る よ 特に六角は自重した方が良いと思うんですが!六角氏の動きを見てると、必然的に三好とか細川晴元とか足利父子とか、あそこらへんにぶつかって、えええあっちまで…?な具合になってきます。でも、六角と京極って元を辿ると一緒なのねー、とか、地味に六角家の偉い人(… が秀頼の弓の師範になっていたりとかして発見が。大坂の役が始まる前に死んじゃうんですけれども。あと、妄想はもりもり順調に進み始めました(お前) 
 阿古さんと久政と明政と鶴千代さんと経親が小さい頃から仲良しだったら、えらく萌え…可愛くないかと!阿古さんと久政が幼年組で、明政、鶴千代さん、経親が子守組みたいな← むしろ、うちの鶴千代さんだと幼年組と一緒にテンション上がってはしゃぎ始めるんで、明政と経親が子守役になりそう。ただ、この五人が仲良しだとすると、小谷攻めの後、鶴千代さんが一人だけ残されちゃうんですよね。明政は長政が切腹する時間を稼ぐために討ち死にしたらしいし、経親は久政が切腹するのを守って同じく討ち死にだし、阿古さんは捕まって、指を数本ずつ切り落とされながらの処刑だし。いや、……一人残される鶴千代さんっていうのも、ありか←

 てなことで、ちょっと追記に即興鶴千代さんSSS崩れ。小谷城攻めが終わった後、宗正寺にて、みたいな感じで。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/20 (Wed) 加害者被害者



 相変わらず、苦手な合戦シーンに四苦八苦しすぎて挫けそうなので(… 気分転換に、治徳+大助でSSSを追記に。この二人のちゃんとした話を、早いとこ書きたいです。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/19 (Tue) 諸々雑多に



 18日ってそういえば、秀吉の命日だったんですよね!すっかり忘れてましたよ!あははははははは、はは……ご免、ごめんよ殿下、愛してる(お前) 一日過ぎて、しょうもない命日SSS投下するのもあれなんで、新暦日付でというか、新暦だといつなんだよ!← ちみちみ読んでるせいで、未だに途中な真田の兄上の本に出てくる秀吉が妙に可愛かった罠。やべぇ、はすはすする。最近治長治長しか言ってなかったけど、やっぱり秀吉好きなんだなぁとこういう時に再認識します。秀吉と治長、どっかに落ちてないかな(ねぇよ) あ、真田の兄上の本、兄上も可愛いです。昌幸自重wwww と言いたくなる感じも堪らなく、良い← 真田つながりで、この間茶々の映画の配役を見たら、根津甚八、望月六郎って…いたの!?どこに!?むしろどれ!?勝永の名前もあったけど!これは、その、改めて見返す必要があるのかしら…。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/18 (Mon) 糺関係



 えーと、ずーっと糺の父親で、正栄尼の夫である、渡辺昌の名前を、「あきら」と呼んでたんですが、本当は「さかう」と読むってまじですか…。昌には「さかえ」っていう読み方もあるらしんで、それがちょいと変わって「さかう」なのか…。しかも、後に登と名乗ったって、何の史料に書いてるんだろ!糺の渡辺家については色々調べるの無理かなぁと思ってたんで、ちょいとはすはすしてます。元々幕臣だったわけだから、足利家について書いてるのを調べれば何か出てくるかもなんですよね。ただ、余りの暑さに、図書館まで行くのがだる以下略。夏休みは図書館で調べまくるぞー!と気合入りまくりだったんですけど、いざ始まってみると暑さに負けてしまうんだぜ(… 近くに、大きい図書館が無いっていうのも原因かもです。根拠も無い妄想だけが繰り広げられていく一方っていう← 元幕臣っていうことは、幽斎・光秀らへんと面識あったのかなーとか、後に1千石で秀吉の馬廻りになったってことは、治長とも知り合いだったのかなーとか諸々と。正栄尼が茶々の異母妹説で馴れ初めを考えると、余りの年齢差に大分滾ります。少なくとも20歳以上は離れてるよね、多分、この夫婦。あと、何げに渡辺家って大坂の役で滅んでないんですよね。こう、寺に入ってた、糺の息子を還俗させる働きかけをしたのが細川忠興ってことに、また妄想が色々と…。え、そこで忠興!?みたいな。小さな頃千と同居してた徳川綱重に、還俗したあと仕えたっていうニアミスっぷりも、何か色々そそられるものが。
 八重の埋み火の後編をもそもそ書いてたら、そんなこんなで、頭がちょっと糺色です←

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/17 (Sun) 3日目



 夏コミ3日目に行って参りました。昨日程暑くはむしろ涼しい位で、本当助かりましたー。もういつもこのくらいの気温だったら良いのに← そんでもって、挨拶も出来ましたし!お目当てだった本も買え…というか、頂いてしまいまし、た…!おおおお、いつもすみません!有難うございます紀伊様!この場を借りてのお礼ですみません!がっつり読みこみすぎて、浅井氏に目覚めそうです(… 久政可愛いよ久政。あと何故か、明政がすごく格好良い人なイメージになってるのは何でだろう…。明政×久政とか頭に浮かんだんですけど駄目だ…この一族夫婦仲が素晴らしいからそっちに思考が広げられない!(広げるな) いや、恋愛感情関係無い、義兄弟の契りっていう手もげふごふん。すみません、黙ります。長政のお母さんがものっそい格好良い人な感じみたいで、はすはすします。信様に、指を数本ずつ切り落とされて殺された女傑は伊達じゃねぇよ!
 あと、今まで3日目って行ったこと無かったんで、何だか新鮮でした。2日目とは、男女比がまったく違って。いや、3日目は男性向けがメインだから当たり前っちゃー当たり前なんですけど。

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/16 (Sat) 夏の祭り



 夏コミ、お疲れ様でした!というか、私は明日も行くんですけど(笑
暑い中、スペースに足を運んで下さった方、本を手にとって下さった方、そして有難くも購入して下さった方、有難う御座います!BASARAの新刊、完売しました…!いや、元々そんなに多く作って無かったというのもあるんですが← 1冊でも買って貰えたら万々歳だよねー、が基本スタンスの乙式としては、物凄く有難く嬉しいことで御座います。目当てだった本ももっさり買えましたし!
 そんでもって、明日は一般参加で歴史系を漁ってこようかと!でも、流石に開場前から並ぶ体力はもう残っていないんで…開場した後の時間に、またーり行ってきます。

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/15 (Fri) すれ違い兄弟



 何か、唐突に書きたくなったんで、追記に治長+治純でSSS崩れをば。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/14 (Thu) お知らせ



 明日は夏コミの1日目ですねー。てなことで、ちょいとばかし告知?のような。

 8/16 夏コミ2日目 東レ-46a に、BASARAで参加させて頂きます。何か、わーわーやってる感じの本です(… 大坂面子本と同じく、クイさんが漫画、干身が小説で、桐生は忙しく不参加です。有難いことに、戦国オンリーで完売した大坂面子本をコピー本として再販しますので、ふらりと立ち寄って頂けると嬉しいです!


連絡事項 | trackback(0) | comment(2) |


2008/08/13 (Wed) 家臣妄想



 最近ちょいとばかし、日記がとびとびになっててごめんなさい…! 新しい話を書こうとしたら、存外難産でうんうん唸ってます。そんなこんなで、息抜きに治長のことを悶々妄想してるんですが(…) 治長の家中が全体的にむさいイメージがあるのは、捕まった米村さんが、「主人にならい、家中全て敵の首を獲ることだけを考えておりました!」発言をかましたせいだと思う。どんだけ猛々しい家中なんだよと← 大野家中も色々書いてみたいんですが、いかんせん情報が少なすぎて、九割方妄想設定なんて異常事態に…身元がはっきりしてる奴が誰一人としていないって。善太夫はちょっとだけ、正五位上の大膳大夫を自称してたのが間違って記録されて、善太夫ってなったのかなぁとか考えてはみてるんですが…おおお、分からない…っ!
 そういえば、友人が信長の野望を始めました。あれ、浅井家でやったら、治長出てきたりしないかなぁ。能力値に期待はしないけどね!(泣笑) 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/11 (Mon) 何か適当に



 ちょっと夏の陣繋がりで、越前松平家で検索ちょこちょこかけてみたんですが、徳川系のことを調べようとすると、自分の勉強不足が本当身に沁みます…。名前が全然分からねぇ!(お前) 本多富正という人を初めて知りました…(ああああ) 取り敢えず、忠直←直政ってこと良いげふんごふん。治房←治胤とか、弟がお兄ちゃん大好きっ子だと萌えます。報われないと更に良いです(最悪だ) 治純みたいに、「愚兄!」って罵る弟も好きですが。是非とも、治長を見まいに来た治純に、治長のことを愚兄!と罵って貰いたい。直政が油口って陰口叩かれる位口達者になったのは、兄貴のごたごたで微妙にどっか捻じれただか割り切っただかだと、萌えるんだけどどうだろう← というか、この家色々起きすぎだろう。それとも、この位が一般的なのか…? 

 追記に、まったく関係無い、唐突に書きたくなった又兵衛×治長でSSSですらない、SSS崩れ。本当短いです。ぶっちゃけ、×ですら無いかもです。限りなくプラス。女の子書いてると、野郎が書きたくなる波がくるんだぜ…!野郎書いてると、今度は女の子っていう。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/10 (Sun) 能



 センゴクの最新刊を父親が買ってきてくれた…!有難うパピー!まぁ、自分も読むからなんだろうけどさ。相変わらず面白かったのだけど、藤吉郎さん分が足りない…誰か私に藤吉郎さんを…!(黙れ)でも、藤吉郎さんの真似をしようとしてスベるゴンベ可愛いよ可愛いよ。次の刊にこそ出てくるっぽいんで、はすはすしながら11月を待とうと思います。

 そんでもって、豊公能っていう、秀吉が能にはまりまくってた晩年に作った能がめちゃくちゃ気になる…。特に「柴田」っていうのが。「明智打」は名前の通り、光秀退治だぜいぇええい!な内容らしいんですが(…) 「柴田」は、柴田さん役をシテ(主役?)に置いた、悲劇ものになってるんだとか。茶々とかに対する配慮からもあったんだろうけど、秀吉自身が柴田さんに何か思うところがあったんだとしたら萌えるなーと、はい← 時が経つにつれて、どんどん秀吉の記憶の中の、柴田勝家っていう人間が濾過されて純化されて、美化されて行ってれば良いと思う。いっそ、治長の修理亮は柴田さんの官位にあやかって秀吉が与えてればげふんごふん。「この花」とかいうのも、何だか切なかった…。内容というよりも、設定が、嫡男に関白職を譲って隠居して、のほほんと花見をしながらまどろんでる時ってあなた…!


 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/09 (Sat) 兄上の本



 えけーさんの本を探しに古本屋に行ったら、何故か帰りに真田の兄上の本を買って帰っていたミステリー。いや、その、えけーさんの本って無いのかなぁって棚見てたらちょいと目に付きまして…うっかり、はい…。自重出来なかった絵茶の日から、微妙に兄上が気になっていた干身です← まだ最初の方しか読んでないんですが取り敢えず、真田家では節句の日に、五歳になる子供の頭に花を挿したり、花冠を乗せたりするんですね!(笑顔) びびったよ…しょっぱなから、子供の兄上が頭に白い菖蒲の花を挿してるって…行き成りのけ反るかと思いました。眺めてるおっさんら三人が、「男子の髪飾りも可愛いものですな」とか言っちゃうんだもん。畜生美味しいな!(お前) ただ、兄上と幸村、茶々と治長って歳が殆ど同じだから、二人の年齢が出る度に、茶々と治長もその位なんだなぁとか何してたんだろうなぁこの頃とか考えちゃう辺り、もう病気かと。
 この本だと、信吉は誰の子供説で行くんだろ。信綱さんの娘の子供だったら、嬉しいのだけど。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/07 (Thu) 妻二人



 ふと、ちょっと若又兵衛の話って書けたりするのかなぁと、フィーリングでしか覚えてなかった(…) 又兵衛の経歴?的なものをざっと検索かけて見てみたら、1560年生まれの、三木城落城後に官兵衛の所に来たってことはあれか、又兵衛20歳の長政12歳ってことなのかと。美味しいじゃないかと←← ちょっと、ぐらっときちゃったんだぜ…ただここで脳内に展開した妄想が又長でも又←長でもなくて、長→又だったあたり、どこまでマイナーを突っ走れば良いんだろう……うん十年越しの片思いが、段々病んだ方向に向かえば良いじゃない(お前) 取り敢えず、左右はどうあれ、又兵衛と長政の組み合わせも結構いけることに気付いた午後でした。

 で、えーと、妄想話は置いておきまして。どうやら、私がマンゴにはすはすしていた昨日、日本史サスペンス劇場なるものがやっていたようですね。帰ってきた時間が時間だったので、観れなかったんですが、ざっとした内容を読むに、観れなくて逆に良かったです…。ねねと茶々を仲が悪い!てする史料は大抵胡散臭いのに、どうしてこう取り上げられるんだろうなー…。むしろ、仲良かったんじゃない?て思わせることの方が、一次史料に載ってるのに。今更、あの矛盾まみれな黒百合の話は無いわー。あと、秀頼が秀吉の子供じゃない証拠って、全然それ証拠になってないよ…。茶々も名護屋にいたんだけどなー。
 ということで、追記に書いてみました、ねね+茶々でSSS 

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/07 (Thu) まさに雑記



 乙式三人で、四季猫観に行ってきましたーーー! マンゴ握手席だったんで…やばい、マンゴ可愛いよマンゴ…最近マンゴー使った食べ物にすら超反応してしまう…。 あと、毎回ランペは可愛いのだけど、やってる役者さんが変わったからか、こう、元気っぷりと愛らしさが更に増したような。それから、タガーの役者さんも変わってたから、すごくのりのりタガーで噴いた。気だるいタガーも良いけど、調子こいてる感じのタガーも良い!帰りは、カラオケに。取り敢えず、パンチラオブジョイトイを熱唱してきました←
 おおおう、戦国と何の関係も無いことですみませ…!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/05 (Tue) 拍手お返事



 ありがとう御座います!ぽちぽち押して下さるかたも、物凄く漲ります!

 追記にて、拍手お返事をさせて頂きます。

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/04 (Mon) 妄想ごっちゃり



 どうやら、海津局さん饗庭さん姉妹のお父さんに当たる浅井(田屋)明政って、小谷城攻めの時に長政に殉じて亡くなったみたいです。紀伊様、教えて下さり有難う御座います! 長政が切腹する時間を稼ぐ為に戦って討ち死にしたようで…何やら色々妄想していたら、明政と、片桐さんパパの片桐直貞って知りあいなんじゃねぇのと。ぶっちゃけ、海津局さん饗庭さん姉妹と、片桐さんって、片桐さんが浅井家臣時代に知り合ってるんじゃねぇのと← 大蔵さんとも、その当時から知りあいかもしれないよね←← 片桐さんが大坂城を出るまでのいざこざって、そう考えると何だか萌えげふんごふん考えさせられるものがありますね! 妄想のしがいがありすぎる。
 そんでもって、ちょっと外れるんですが、京極龍子さんについて検索をかけていたら、この人も色々凄まじい人生を歩んでいるというか…秀吉の妻になる前がすごい。若狭の武田元明に嫁ぐ→若狭は朝倉家に併吞される→夫共々越前へ。朝倉家の監視下による生活→朝倉家滅ぶ。光秀の計らいで、また若狭へ→本能寺の変。光秀からのお誘い。明智殿には恩がある!てなことで、夫と弟は光秀に味方する→光秀負ける→夫は捕まり処刑。二人の子供も処刑される→弟の命だけでも助けるために、秀吉の妻になる、……って、ここまででもものっそくないか!? というか、秀吉の妻トップ3(ねね、茶々、龍子)の内、2人にとって秀吉は仇って……すごいな。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/03 (Sun) 末期の夢



 今日は秀頼の誕生日ですね!……ということを、萩の御前様にある史料まとめを読んでいた時に気づくとか土下座するしか…。なので、何も準備出来ず、またこここでSSSな感じになってしまいました。ごめんよ秀頼、来年はちゃんとやるからね!
 ですが、やっと今日、どうして海津局さんと饗庭さん姉妹が本来の、浅井の嫡流なのか分かりました。お祖母様(蔵屋さん)が、そもそも浅井の正統な血を継いでいたけれど、長政のお父さんに当たる久政は蔵屋さんの子じゃなくて、庶子だったわけですね。そんでもって、久政のお父さんに当たる亮政は蔵屋さんと結婚して浅井家の家督を継いだ婿養子なわけで。亮政蔵屋夫妻の生き残った子供が唯一鶴千代さんで、その子供が、海津局さん饗庭さん姉妹と。なるほどー……いや、付け焼刃にも程があるんで間違ってたらすみませんなんですが!なんだか、近江関係も知っていくと面白いです。すごく、愛憎関係です……な感じがして(お前) 海津局さんと饗庭さん姉妹って、一応長政と従兄妹関係なんだなぁって思ったらちょっと滾った。すごく爽やかに、饗庭さんは浅井の血を誇りにしていると良いと思う。
「浅井の女は強いんだ。当り前だろう?」とか、自害前の饗庭さんに爽やか笑顔で、すごく言わせたい、で、す(…)

 そういえばまったく関係無いんですが、暇だったんでアマゾンで茶々関係の本増えてないかなぁと思って「淀殿」で検索したんです。そうしたら、「淀君ではありませんか?」…………って、ちがわいっ!(泣目) 昔の本は、淀君表記が多いからなぁ…蔑称だっていうのがまだあんまり広く、当時は知られてなかったのかな。
 淀殿でも淀君でもなく、いや、淀君呼称は出来るだけ早く無くなって欲しいんですが、千とか市とか豪みたいに、ちゃんと茶々って多くの人から呼ばれる日がこないかなぁと。

 てなことで、追記に、秀頼誕生日おめでとう!!SSS。秀頼×千やら、千×秀頼っぽいです。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/02 (Sat) 蝉



 孝蔵主熱がむらむら来てるんですが、妄想だけで終始してしまって、中々形に出来ませ、ん…!
最近、秀次事件の犯人というか何というかは、孝蔵主なんじゃないかなぁ妄想がもりっと。利休亡き後、内々のことは孝蔵主に、とか言われるくらい秀吉の近くに居た人物で秀吉の信頼も厚かっただろうし、動機も色々と妄想しますと…はい← 三成が犯人ってのは、秀次の家臣を多く召し抱えた関係でどうかなぁと思うし、茶々も将来秀頼の嫁になる筈だった秀次の娘の身を案じる書状出してたり、秀次にお金貸してたり、ちょいちょい親交があったりなわけで、まずあり得ないだろうなと。そうなると、発酵した頭で色々妄想した結果、孝蔵主ならどうなのかしらと(… 秀次の謀反とか、殺生関白なあれこれとかは全部孝蔵主の讒言とかだと良いなぁな感じで。いや…良いというか、何というか。ただ本人は、秀次だけを亡きものかもしくは、失脚させられれば良かったんだけど、妻子三十人越え死刑っていうのは予想外で内心狼狽してたら良い← 表面はあくまで、柔和な微笑み全開で。孝蔵主が犯人だっていうの前提な秀次事件絡みでの、孝蔵主と三成の話をいつか書いてみたいです。ええ、いつか(お前) 
 追記に、まったく関係無い、子供時代孝蔵主と海津尼さんこと、鶴千代さんでSSS

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/01 (Fri) 帰還



 合宿から帰ってきました!
長野、すごく涼しくて快適でしたよー。すげーや長野。一日だけあった観光の日に、やっぱり上田市には行けなかったんですが(遠すぎる) ちょいちょい武田信玄縁の~なぶつを見かけて、ほーな感じに。「銭岩」ってのを見に行こうかとも思ったら、あんまりにも道なき道すぎて、周りの猛反対にあい断念しました(… バスで前を通っただけの功徳寺が、葵紋で徳川家に関係あるのかしらとちょっと思ったり思わなかったり。
 何やらぐったりきてしまったんで、今日はここら辺で!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。