何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/03 (Fri) もちーず



 乙式三人でお好み焼き食べてました← もちーずは俺のジャスティス。
帰りに久々にマジアカの戦国検定をやったら、Sがとれなくなってて大分へこんだとかね!分かってたのに…!有馬さんの洗礼名がバルトロメオだって分かってたのに!でも、個人的なヒットは、連想ゲームみたいな問題で、答えが官兵衛な時に出てきた「洗礼名、ドン・シメオン」な一文を見たクイさんの「きしめん」発言でしょうか…シメオンが、きしめん…何かこう、じわじわきた(お前)
 クイさんと桐生の話してた、四季猫の学園パロに色々横から口だしたりとか、モンハンで諸々とか面白かったですー。中々三人で集まれないんですけど、またもちーず突きたい←

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/01 (Wed) 若人三人



 何か、あの、明石さんのお父さんって何で2パターンあるの?←
一つに統一しろよぉおおわけ分からなくなるじゃんかぁ!(無茶言うな) 明石景親さんなのか、それとも明石則春さんなのか…ちょっと、個人的には景親さんかなぁと思ってはいるのですが。だって、則春さんだって書いてある方だと、初め宇喜多秀家に仕え、永禄年間に秀吉に降ったって、何かもう時空の捻じれが発生してるじゃない(…) でも、こっちの史料だと明石さんの妹の名前が載ってて、それを考えると捨てがた…ああああ!何で明石さんの妹の名前が、ゆりなんて可愛い名前なのよ!明石さんにゆりなんて名前の妹がいるなんて、そんなの、萌 え る だ ろ ?(知らないよ) でも、一番今日収穫があったのは糺絡みについてでした。「明良洪範」は江戸時代のやつなんでやっぱり、内容の信憑性はうーんな感じなんですが、一部のみネタとしては最高だよこれ!

・糺、同僚と藤を見に行く→その同僚が、六人の四尺ある太刀を持った野郎組とかいうならず者達と口論になり、殺傷沙汰に発展する→同僚、六人を一時退けるも、戻ってきたそいつらによって九か所深手を負う→同僚についていた盲目の従者が、傍にあった割木を六人目掛け必死に投げつけて、ちょっとひるませる→その様子に気づいた糺、すっ飛んできて、六人の内三人を殺害、残り三人に手傷を負わせ引かせる→同僚に手当を施すもしかし、その同僚はあえなく息絶えてしまうのであった!

 ……すげーよ、これでもし、糺が同僚の亡骸を抱いて慟哭してたら最高だったよ…。
他、糺がお出かけ中に関東の人大勢にかこまれてリンチにされかかったり、長秋が関東の人大勢にかこまれてリンチにされかかったりぶっちゃけリンチにされてたり、えらいことになってました。あと、鬼神のようって城中で言われてたやら書かれる糺に滾った。鬼神て、おま。そんな糺が大好きです← 頭の中が糺祭り状態なんだぜ…。
 「明良洪範」ではないんですが、糺が大坂の役で武功至極(だから、息子の守が徳川綱重に最初から500石で召し抱えられたやら何やら)とか、勇名を顕しとか書かれてて、えらくはすはすします。糺の弟子の人が伝えた船津流ってのの構えが、内蔵助流っていうのも見かけておおおおお!と。といっても、内蔵助流がどんな構えだったかさっぱりぷーなんですが(…) 気になったのは、正栄尼さんが、秀頼の首塚がある清涼寺で少なくとも七回忌まで行われていることでしょう…か?誰が実行したんだろ…。
 糺からちょいと飛んで、「落穂集」に米村さんと葛葉についてもちょいと気になるのを見つけたので、時間がある時にまたじっくり読んでみようと思います。


 追記に、脳内糺祭りの勢いでSSS崩れを…。糺+治房+長秋少年期な感じで。脳内糺祭りなくせして、視点は長秋です…。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。