何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/30 (Sat) 絵とか




 夏の陣の後、長政が描くことを命じた大坂の陣図屏風って、誰が描いたか不明っぽいですが、描き方が岩佐又兵衛っぽいよねぇな意見もあるそうで。もしも本当に岩佐又兵衛だったら、色々と感慨深いことになる← 村重の息子が、官兵衛の息子の依頼で絵を描いたとか、又兵衛の師匠だったかもしれないねな内膳のいた城を描いたとか。それから、又兵衛の描いたバージョンの豊国祭礼図屏風が徳川美術館に所蔵される前は、高野山→蜂須賀家な所有ルートを辿っていたことに、ちょっとによつきました(…) 内膳バージョンは豊臣家の依頼で描かれたんで、豊国社に奉納されましたが、又兵衛は一体誰の依頼で描いたんだろ。高野山なのか別の誰かなのか。というか、昭和八年に徳川美術館に所蔵されるまで、ずっと持ってた蜂須賀家に萌える← 高野山光明院は蜂須賀家との縁が深かったようなので、蜂須賀家の依頼で描いたけれど、一時的に高野山に預けて、あれこれなほとぼりが冷めた頃にまた蜂須賀家に戻された、な解釈も出来る…のか? 単純に、光明院にあった祭礼図を見た蜂須賀家の人があれ欲しい!な具合に貰っただけかもしれないですけども← もしくは献上品とかね。
 あと、山雪のひねくれぶりというか、ちょ、おま、な反骨精神に動揺しました(…) 二条城が完成してから、洛中洛外図は二条城を中心に描く感じになったっぽいんですけど、二条城を描かずに方広寺をはっきりと描いた「洛外図」が山雪の作品にありまして、うわぁ…としか言えない← 内膳と良い山雪と良い、ぶっ壊れてるはずの方広寺を描くのがはやりだったのか?(違うと思う) 京狩野としての、山雪のプライドの表れなんだろうなぁと思うけども。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/30 (Sat) ごった煮



 二日ぶりに、パソコンに触りました…!おおおお…き、禁断症状出るかと思った!
でもなつさんがW糺とW治胤を描いてくれたおかげで元気出た!有難う!おいちゃん頑張れる気がする色々と!パソコンに触れなかった二日間、史料片手に譜代ーズで妄想ぐるぐるさせてたんですが、冬の陣が始まる前の譜代ーズも妄想しがいがあるなぁと。始まる頃には死んでしまっている人達(義弼や出雲さん)も絡ませられるし。というか、山楽の描いた犬追い物図は義弼から話を聞いて描いたらしくて、無駄にテンション上がります。蒲生郡の木村家出身の山楽は、重成と同じ一族だったりするのかな。重成も多分、佐々木氏の木村家だろから、繋がってたら面白いのに。
 そういえば、話は変わりますが、信様が安土城内に作った定頼様を祀る江雲寺御殿が、信長公記曰く総金張りらしくて吹いた。一体信様は定頼様を何だと思って。あんまりにも安土城の内部がきんきらきんしてるんで、秀吉が権力の誇示に金を使いまくったのは、信様の影響なんでねぇのと思いたくなりますよ。本当。
 なんかもう話題が飛び飛びで申し訳なくなるんですけども、秀吉の朱印状が明治まで効力を持ってたことに、ええええてなった← ちょ、ま、江戸時代でも通用したのか秀吉の朱印状。秀吉が、別妻である川副徳(孝蔵主の姪)の母やらその一族に宛てて出した、建物の税を免除するよ!という朱印状なんですけども…その朱印状を盾に、明治まで押し通す人も凄いな。ちなみに、なつさんから教えて貰ったんですが、江戸時代って、太閤検地のやり方をそのまま継承したらしいですね。意外なようなそうでもないような。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/26 (Tue) 定の人達




 定頼様と蒲生定秀の関係を妄想したら、どえらく滾った件について。定秀は、氏郷のお祖父ちゃんにあたる人ですね。当時、蒲生の惣領家は定秀の従兄である秀紀の蒲生家でしたが、定秀の蒲生家と蒲生宗家は家督を巡って戦うことになります。この時、定秀を支援したのが、定秀の主君である定頼様でして。 戦いが終わってちょっとした頃、秀紀は毒殺されますけども、そう仕向けたのは定頼様なような気がしてなりません← というか、戦いがあった時の定頼様と定秀の年齢が…年齢が…ッ!定頼様27歳の定秀14歳って何だ、遠慮なく萌えろってか!?(違うと思う) 蒲生惣領家は将軍に仕えていたけれど、高郷・定秀父子の蒲生家は六角に仕えていたそうで、てことは定秀は義久or定頼様の小姓でもやっていたのかしら。年齢的に。
 そういえば、定秀パパである高郷の「高」は、定頼様パパである高頼の「高」だったりして。

 そんでもって、大坂夏の陣プチ企画ですが、青柳の話があと少しで終わるかなぁ…な所まで来ております!今暫くお待ちください!

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/26 (Tue) 秀吉デザイン



 秀吉のデザインが変わったので、追記にぶっこんでおきます!
描いたのがクイさんでも桐生でもなく私なので、大変残念なことになっておりますが……今後秀吉が登場する時の参考までに。金ケ崎後の秀吉になる予定です。
なつさん、スキャンしてくれてありがとう!

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/25 (Mon) 豊国祭礼屏風図



 豊国祭礼屏風図の回だということで録画していた「美の巨人たち」を今日観たんですけれども、な、なななな内膳ーーーっ!切ねぇよ…切な過ぎるよあんた……。豊国祭礼屏風図の存在は知っていましたが、じっくり見たりすることが無かった分、面白かったです。色んな民衆の姿が描かれている所も、えらく躍動的に民衆が描かれている所も、あり得ないくらい細かくて。でもやっぱり気になったのは、臨時祭礼があった時にはもう壊れてなかったはずの方広寺が描かれてることかなぁ。この番組だと、内膳の秀吉に対する想いだと解釈されていましたが、もしも本当にそうだとしたら切な過ぎるんだぜ内膳。おまけに、最期は大坂方の残党として処刑されたってまじか。山楽や山雪と同じく、大坂城に籠ってたってことなのかな。絵師だってことで許された山楽、山雪と違って内膳が殺されたのは、最後まで反抗的だったりしたからなのか何なのか、妄想がくすぐられます。内膳は荒木家に仕えていた家の息子で、村重の生き残った息子(岩佐又兵衛)とも付き合いがあったような?な具合らしいので、結構波乱万丈な人生を送っているような気がする。成瀬勝嗣さんの書いた「狩野内膳考」によると、秀吉がその才を見出したらしいので、山楽と良い友松と良い、何だこの秀吉関与率は……。 
 番組の最中に説明されていて思い出したんですが、そういえば応仁の乱で荒れた京都の大規模な区画整理を行ったのって秀吉なんですよね。民家の密集地を短冊形の区画に変えたとか何とか。良く分かってないんですけれども←
 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/23 (Sat) 秀吉の出自




 秀吉の出自について、農民でも良いんですが、サンカの出身設定で行きたいなぁと。サンカについては、柳田国男の提唱した傀儡子の流れというのでここでは行こうかと。傀儡子というのは、平安時代に書かれた史料に登場していて、一定の住居を持たない、という点でサンカと共通しているのだとか。秀吉の父親である弥右衛門が瀬降り者だった、という伝承があるやら無いやら。瀬降りというのは川辺で生活をする人のことなので、川辺で生活をするサンカと繋がるようです。
 弥右衛門(ぶっちゃけ、弥右衛門って名前も怪しい気が)が死没したことで、瀬降りの生活が難しくなって、中村村に住むようになったんでねぇのかなと。秀吉の出身がサンカなら、ねねの母親が、死ぬまで(秀吉が関白の地位になっても)ずーっとねねと秀吉との結婚に反対していたのも納得出来るような。戦国期のサンカの地位はわからないですが、やっぱり、決まった定住の地を持たずに暮らす人達出身の人間と、曲がりなりにも武家である家の人間との結婚は難しかったんじゃないかな。
 でも、重門の書いた「豊鑑」を読んでも、卑しい出だったんだよ!しか書いてなくて、おま、みたいな。もっと秀吉が生きてる内にリサーチしときなさいよ!←

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/23 (Sat) 報告と閨的なアレでソレでコレ



 七月に長野県上田市へ行けることになりました!真田!真田!とは言っても、旅行ではなくて、部活で教えて下さっている先生のお知り合い(上田市でお寺でをやっている方)がお茶会をするらしいので、そのお手伝いとして駆り出されるだけなんですが← それでも、交通費は全部向こう持ちだし、バイト代も出るし、おまけにもしかしたらちょっとだけでも観光もできるかもしれないときたら、こりゃぁ行くしかなかろうと! 
 今年の夏は智積院か延暦寺のどちらかへ仏教研修にも行く予定だし、色々楽しみだなぁ。


 追記に、上の内容とは全く関係の無い(…) 団右衛門×治房でSSS崩れ。正直、やっちまったなと思ってる。直接の描写は無いですが、ちょっとだけ閨的な話です←
 

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/21 (Thu) 水仙とか祭礼とかフィルターとか



 宗湛の書いた茶会の記録(名前忘れた) にあった、秀吉が水仙を生けていたという一文だけで、ご飯十杯は軽いと思った← 秀吉が水仙、とか!生けていたとか!風情があるにもほどがあるだろう!すみませんフィルターかかってるんですすみません。でも、宗湛の目にもフィルターかかりまくってると思うんだ…絶対宗湛の目に映ってる秀吉は、少女漫画仕様になっているに違いない。いや、だって本当もう、おま、宗湛!自分の屋敷に豊国大明神を勧請しちゃう男は一味違うんだぜ。
 あとそれから、慶長九年にあった豊国祭礼の様子を書いた史料(これも名前忘れた)(…) にて、豊臣恩顧の大名達がお金や馬を進上している中、一疋を進上してる治長にずっとによによしてました。一疋だから、今のお金の換算するといくらくらいなんだろう。五千疋で三百八十万くらいらしいので、ばか高い金額ではないんだろうけども。更に、祭りの最中は警護役を務めていたりもして、こういう仕事をこつこつこなしてたんだなぁと。祭りに際してお金やら馬やらを進上してきた人の中に、忠興とか高虎がいたことにちょっと驚き。この辺りの面子は、豊臣から完全に距離をとってそうだったもんで。でも、利長が一番多い疋数だったのは、納得です。松平姓を貰っても、死ぬまで羽柴姓を使い続けた人ですから。やっぱり。
 にしても、鐘銘事件が起こるよりも前に、治長が利長に対して「有事が起こった際は宜しくお願いします」な書状を送ったのって本当なのかな……ううむ、わからん。



 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/19 (Tue) ウィルス



 妙なウィルスが何やら出回っているみたいですね…
 チェックしてみたところ、パソコン、サイト共に19日現在感染はしておりませんでした。ですが、まだ様子を見た方がよいのかなぁと。暫く、更新を自重するかもしれません。ブログは今のところ、まだ大丈夫みたいなので、ここでちょいちょいSSS崩れを書いていく、みたいな感じで。畜生…大坂夏の陣企画、まだ全部アップしてないのに……5000htいったのに!そうですよ5000htですよ!クイさん、13と色々話をした結果、アンケートを置く感じになりそうです!先着それぞれ一名様に限り、イラストも受付!なことになったので、はやくアンケート置きたいのに畜生。夏の陣企画もアップしたいのに!
 ともあれ、5000htありがとうございまっす!

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/18 (Mon) 現在



 現在乙式でお泊りしております!モンハンやったりモンハンやったりモンハry 
飲み屋で食べた「茶々あずき」が物凄くおいしくてさすが茶々!治長バニラアイスとかあったらもっと最高だったのに← 

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/15 (Fri) 諸々




 今日は盛親が処刑された日ですね。残すは6月27日の治胤か…。そういえば、冬の陣が終わった後、治房が開戦派だったのは、血気盛んな性格だったからかな?と思うし、盛親が開戦派だったのは、和平のままじゃ土佐が返ってこない、って考えたからかなぁと思うんですが、勝永が開戦派についたのが、何だか意外です。逸話とか読むと大人な感じがするんで、尚更。豊臣家が侮辱された!と感じて、それが許せなかったからか、それとも、もう今更城を出ても、山内家には帰れないからなのか、意味も無く悶々と考えてしまいます←
 それから、物凄く詮無いことなんですけども、勝永の名前が吉政でメジャーにならなかったのが何とも口惜しい!(…) この間、こっそり歴史学科の講義に潜入してきたんです。そうしたら、一字書き出しの話をしておりまして、一字書き出しで家臣に片諱を与える時は、一族の通字でない方を与えるのが普通だと聞きまして(一族同然として扱う、という時は通字を与えるっぽいです) 勝永が秀吉の片諱の「吉」を貰ってたなんて、本当美味しすぎるっていうのに…本当は勝永じゃなくて吉政と呼びたい!だけどきっと吉政じゃ誰にも通じない!←
 大坂繋がりで、「大坂陣山口休庵咄」をまるっとコピーさせてもらいました。こ、こりゃぁちょいちょいやべぇですよ。「明良洪範」に載ってた、糺VS薩摩の人六人!の話のオリジナルがこれなんだろうなぁ、な話が載ってたり(手負いの出雲守さんを看病する糺に暫く放心しました)(…) 城の外でまた何か絡まれたけど、追い払ってたり、きっと純粋な戦闘力が大坂方で一番高かったのは糺なんじゃなかろうかと。指揮能力は別として。


 ここからは、定頼様タイムです(…)


 前々から読みたかった「光源院殿御元服記」をやっと読めました。何かもう、定頼様スゲェ…っ!将軍家から完全な特別扱いをされてるって何事!義輝が元服する時、加冠役を務めたのは知っていましたが、本来その役目は管領がやるべき仕事だけれども、相応しい人がいなくて、定頼様が任じられたそうです。定頼様は何度も断ったみたいですが、厳重な命令が義晴から下ったことで、引き受けたんだとか。儀式の最中に膳が出されたのは、義輝と定頼様だけで、座る位置もいっちゃん義輝に近い!な具合です。それから、定頼様の嫁さんが「呉服前」という名前であるという情報のソースが分からなかったんですが、この「光源院殿御元服記」に定頼様の嫁さんのことを「呉服前」と書いてありました。将軍一家の相手をしたり、色々献上品を進上したりしてるから、政治家の妻としてしっかりした人だったんだろうなぁと。とにかく、読んでる最中興奮が止まりませんでした←
 義輝は定頼様のことお気に入りな気がする。多分(…)

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/14 (Thu) 企画について




 大坂夏の陣プチ企画なんですが、もしかしたら6月4日を過ぎても、片隅の方にちょーんとあるかもしれないで…す…← 6月4日までに、青柳と重成の話を書きあげられるか微妙な感じになってきまして!ですので、4日を過ぎても隅っこの方で体育座りしている企画へのリンクを見つけたら、「ああ…」な心持で、生ぬるく見守って頂けたら嬉しいです…。いや、本当、すんまっせん!

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/12 (Tue) 漫画



 「センゴク」の最新刊に、うおおおお!てなった← か、勝頼ぃいい!いや四郎ぉ!馬場さぁぁあん!な具合で(…) それから、真田さん家と仙石家の確執的なものがここからどうのこうのなナレーション?が入ってたけど、真田の兄上が仙石さん家に何かきれて嫌がらせしたんだっけそういえば。領地支配に必要な書類的なものを、全部焼いてったとか何とか。
 にしても、権兵衛の嫁の可愛さと、謙信から堂々と漂う色物臭に期待を禁じ得ない← あの謙信に勝てる気は、しない←← あと、相変わらず藤吉郎さんが登場する度に呼吸困難になry 畜生!何だあの色気は!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/12 (Tue) 拍手お返事



 いつも拍手を押して下さり、有難う御座います。
 追記にブログ拍手お返事をば。

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/11 (Mon) 冬の籠城



 一万石所領があった場合の動員数が三百人で、無理すれば五百人というのを何となく思い出したのと同時に、治長が大坂の役で指揮してたのって一万人じゃなかったっけ?というのも、思いだしてしまいました← 自分の領地から連れてきたのが五百人としても、残り九千五百人、どっから連れてきたんだ。やっぱり、豊臣の金で雇った牢人達なんだろうなぁ。九千五百人が、自由気侭な連中って…。あと、ついでに豊臣家の六十五万石で何人動員出来るんだろう?と思って軽く計算してみたら、多分一万六千人くらいの結果が出ました。今日の講義で、百万石だと、二万五千人ということを知ったので。でも、大坂の冬の陣の時は十万位籠ってたわけで、一万人城に仕える女の人がいたとしても、残り九万人から本来豊臣の領地から連れてこれる一万六千人を引くと…な、七万四千人が牢人だったわけか。多分、一気に大坂城やらその城下は賑やかになったんだろうなぁ。七万四千人+牢人の家族が纏めてやってきたわけだから。日々騒ぎが絶えなさそうだ←
 そういえば、冬の陣の籠城中に、糞尿の処理に困ったっていう話を聞かない気がする。あれだけ人がいたなら、何かえらいことになってそうだけど、上手いこと処理する方法があったのかな。取り敢えず、地面掘って城への接近を試みる藤堂隊目掛けて、地面に糞尿流し込み攻撃を行ってはいたみたいですが(…) き、汚い話ですみません!

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/11 (Mon) 葛葉




 追記に、治長娘の葛葉+米村さんの娘でSSS崩れをば。
夏の陣後の葛葉と米村さん父娘の境遇は「落穂集」を元にしています。「落穂集」だと、葛葉は千に侍女として仕えているので、そんな感じで。
 葛葉に殉死したという米村さん娘は名前が不明なので、勝手に「沙智」という名前にしております。ご了承下さい。




 

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/09 (Sat) 鷹の羽



 追記に、内藤長秋でSSS崩れをば。5月6日若江絡みの話です。
長秋は生みの親にしろ父親にしろ年齢にしろ、諸説あって、おま!な感じなのですが、一応ここですと、
・父親は若狭武田氏に仕えていた内藤氏の内藤政貞
・実母は千の乳母である刑部卿
・千が輿入れするに当たり、長秋の内藤家は千に付いて豊臣家に仕える。(秀吉の妹の朝日のお付きとして付いて行った家が、そのまま徳川家に仕えたのと同じような感じで)
・父親が死んだ後、まだ子供である長秋にしっかりとした後ろ盾を与えるために、饗庭さんの猶子とする
・享年21歳

 な具合で。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/09 (Sat) 拍手とメールお返事



 拍手を押して下さり有難う御座います。励みになっております!
 追記に、拍手お返事とメールのお返事をさせて頂きます。

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/08 (Fri) 剣をもて



 7日から8日への変わり目だからというわけではないですが、追記に千独白SSS崩れを。ちょっぴり茶々も出てきます。


 

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/07 (Thu) 企画



 やっとこさ、夏の陣プチ企画がアップできました!
無駄にエセマルチエンド方式(…)にしたのは、さすがにあの大人数を全部一つの話で纏めるのは無理がある!なら別々に登場させちゃえ!な理由があるからだったりします←
 あくまで企画用の話なので、実際に本編であの時間軸の話を書く時は違う感じになってるとは思いますが、恐らくこの企画用の話を元に書いていくと思いますので、楽しんでいただけましたら幸いです。青柳視点の話と重成視点の話は、6/4までにアップ出来ると思い、ます!はい!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/05 (Tue) 小説



 岳さんが著者ということで「蓮如 夏の嵐」を読んでます。顕如の曾お祖父ちゃんってことで良いのかな、蓮如。この人がいなかったら、信様を十年近く苦しめる一向一揆衆との戦いも多分無かったんだろうなぁと思うと、何だか感慨深いものが。蓮如自体も、なんやかんや色々凄まじい人だと思うんですが(子供の多さとか多さとか多さとか)蓮如の叔父さんに当たる如乗が格好良すぎて、勝手に一人テンションが上がってました← 良いキャラし過ぎだろう如乗叔父さん。延暦寺を当時の将軍だった義教の怒りに触れて追い出されたってことは、義教の元でぶいぶい言わせてた(延暦寺領を押領しまくってたとも言う)(…)六角当主の満綱となんかごちゃごちゃあったのかなぁ、やら妄想したくなります← 如乗叔父さんの、喰えない性格がツボというか!この叔父さんの寺を継いだ蓮如の息子が、富樫氏から加賀一国を奪って、まるっと本願寺領にしちゃうのを思うと、無条件で何かが滾る!(…)

 以下、アレでそれでこれな感想を口走っているので、ちょっと追記に隠します!


戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/04 (Mon) 映画感想



 昨日の宣言通り、「GOEMON」の感想を書きます。
 ネタバレしまくるので、追記に!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/03 (Sun) 映画



 「GOEMON」を観に行ってきました。
 猛烈に眠いので、ちゃんとした感想は明日にでも書くとして、とにかくこれだけ言わせてくれ。


 秀吉と三成がSMだった件について。



雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/02 (Sat) 六角で諸々



 「まぼろしの観音寺城」を、またかいつまんで読んでいたら、義弼を義実の猶子としている史料がある、的なことが書いてありまして、その史料が何なのか書いてなかったんで何とも言えないんですけど(…) もしそうだったら、義秀と義兄弟になるんだなぁなんだそれ萌えるぞという結論に← 病弱な義兄と、気の強い義弟、みたいな!その辺を絡めて、観音寺騒動を妄想するとちょっと面白いかもしれない。本当は義秀を守りたかったのに、悉く空回りする義弼的な(…) 
 義秀とお茶子の話も妄想してみたいなぁというか、六角面白すぎるだろう←

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/02 (Sat) 拍手お返事



 拍手を押して下さり有難う御座います。
 追記にお返事をさせて頂きます。

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/01 (Fri) 映画



 「GOEMON」という映画、観に行くつもりはまったく無かったんですが、今日、うっかり公式サイトを見てしまったら、一気にふおおおおとなりまして!

 茶々がヒロインとか!

 このどうしようもないテンションの上昇をどうしてくれようかと。広末涼子の茶々が本当に綺麗で綺麗で。もうこの際、取り敢えず有名な忍者の名前を集めてみました、なことになってる忍者ーズとか、一体何時代だよ!な具合とかにも目をつむろうかと。一体何時代だよ!な感じなのは、逆に新鮮で面白いだろうし。あと、秀吉が格好良過ぎた。悪役なのは間違いなかろうとも、紹介の所にカリスマって書かれてたり、演者さんが、善も悪も兼ね備えた男っていう解釈で秀吉を演じたっぽいことが書いてあったんでもう満足です← おいちゃんは、見るよ!欲を言うなら治長も登場させてほしかったけど!茶々絡みで!関係ないですけど、三成が美味しすぎる役割な気がする(笑) 色んな意味で。
 でも、五右衛門の末路も茶々の最期も、IF小説な感じにでもしないと変わらないわけで、そこら辺どうするのかなぁ。ゴールデンウィーク中に観にいけるかしら。

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。