何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/29 (Mon) 六角の家臣とか



『戦国遺文 六角氏編』を流し読みしていたのですが、義弼のから感状を貰っていて、この新参の人誰!?と今まで思っていた黒川さん。定頼様の代から既に黒川姓の人が書状に顔を出してました(…)おまけに、甲賀五十三家の一覧を見たら、五十三家に黒川家の名前がありまして。おまけに二十一家でもあったとか……し、新参の人とか思っちゃってごめんよ黒川さん!また、伊庭の乱で功があったらしく、旧伊庭領を任すというお手紙を貰っていた杉山さんも甲賀五十三家の人でした。ただ、いまいち良く分からないのが狛さんでして……。六角家の家臣として、使いに出たり、放浪時代の義賢義弼父子にも付き従っていた狛さん。元々、山城の国人で、応仁の乱辺りまでは管領細川家の被官人をしていたそうです。文明十五年(1483年)に畠山政長、畠山義就の戦いにより没落したそうですから、その後、流れ流れて近江までやってきちゃったのでしょうか。諱の名乗りが漢字一文字な辺りとか、近江の狛さんと山城の狛さんは同じ一族な気がするような、しないような←

 ちょこちょこ、伊庭の乱の勉強をしようかなと思っているのですが、何か、凄く、涙目です(…) 状況が、錯綜し過ぎてて!第二次伊庭の乱の時は、浅井が影で伊庭さんの支援をしていたという説があるそうです。もしもそうだったらえらい萌えるのですけども!数え年で亮政二十三歳の、定頼様二十歳ですよ。足掛け六年続く第二次伊庭の乱ですが、お互い伊庭さん通り越して、この頃から意識し合っていたら滾り過ぎて腸捻転起こしそうです。そのまま大永五年の戦いに繋がる方向で一つ。問題は、第二次伊庭の乱が起こった時、そこまで浅井に力は無いと思われるところですね(…)
 取り敢えず、定頼様が船を牛車で兵庫から琵琶湖まで引っ張ってきて、鷲尾さんから「計略奇特なり」と書かれてしまうところに辿りつくため頑張ろうと思います。でっかい船が欲しかったのでしょうか定頼様……。多分、その船に兵を乗せて、九里さん(伊庭方)の岡山城へ奇襲を仕掛けたものと思われます。岡山城は水城だったので、効果てきめんだったのではないでしょうか。え、ちょ、そっちからかよ的な←
 そういえば、岡山城跡にある案内の看板がめっちゃ怖いです。「嗚呼 恨みは深し13ヶ年にして哀れ城滅ぶ」て。お、おおおう、となってしまいましたようっかり。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/26 (Fri) 本



『近江源氏太平記』が届きました!まだまだ触りしか読めていないのですが、しょっぱなから「女と見まがうような」寵童に腰を揉ませながら登場する宗全に全俺が慄きました。でも良かった。これが政元じゃなくて本当に良かった。政元だったらガチ過ぎて反応に困る。あれ、いつもの政元さんじゃないですか的な(…)
 帯を読むに、下巻が鈎の陣らしいので、今から楽しみです。帯に「俊英六角高頼」とか書かれちゃう高頼ダディに、もうのたうち回るかと!あと、端正な顔とか書かれちゃう政堯にきゅんとしてしまいました。時堯兄さんからの遺伝ってことで良いですかね!(…) 何より、表紙が格好良すぎて一人打ち震えてました。四ツ目結の家紋を掲げた鎧武者の絵なんて、小説の内容がどんなものであっても、この表紙だけで満足してしまいそうです。

 余談ですけども、私の家の家紋が桐紋で、祖母の実家の家紋が四ツ目結だということがこの前分かったんです!あまりのことに暫く絶句したのは秘密ですというか嬉しすぎて絶句したと言いますか。本家のお墓を見にいったら、享保や天保と彫られた字も薄らながら読めまして、結構昔からその地にご先祖様はいたんだなぁと。戦国期もその地にいたのかも!と無駄に妄想を膨らませてしまうのですが(…) もしもそうだったら、位置的に人夫として香西さん家にでも徴発されてそうです←

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/24 (Wed) 妄想ですみません



 秀吉←速水さん←大助←治徳←勝家
という構図にときめいてしまった不義ですごめんなさry 速水さんが大助へ、徳川方にいる叔父さんの元へ逃げるよう促した、という話を曲解しまくった挙句と言いますか。×には絶対にならないのがミソです(知らないよ) ひたすらに大助の片思いで!美初老に片思いする少年、なんて自分の趣味を詰め込み過ぎました……。おまけに速水さんを、秀吉の傍に仕えるようになった二十代そこそこの時からずーっと、秀吉に焦がれていた妄想の餌食にしてしまって脳内の収集がつかないことになってます。秀吉への焦がれる思いを悟られてしまわないよう、いつもの無口むっつり顔を装いながら身辺護衛を務める速水さんを妄想してしまうと、も、もう動悸が!(病院行け)
 三十二義士の人々は、最期が自害という形なので、考えれば考えるほど重くなってしまうのですが、何かこう、色々考えたくなってしまいます。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/22 (Mon) オカン速水さん


 北川さんの書き残した治長って「俺のこと殺したければ殺せば良いじゃない!」って言ってること多い気がする(…) 糺と持口について争った時とか、片桐さんとごたついた治長を速水さんが説教しにきた時とか。完全に、不良を説得しにきた先生です。速水さん。北川さんの書き残したそんな『北川遺書記』に書かれた一場面で、片桐さんを叱り飛ばす速水さんに痺れました。

 屋敷へ立て籠もってしまった片桐さんと、片桐さんへ敵愾心剥きだしな治長との間を取り持とうと奮闘する速水さんは、まず片桐さんの屋敷を訪れます。そこで、がっつり武装済みな片桐さんを見た速水さん。すぐさま片桐さんへ詰め寄ります。「なんとまぁ見苦しい姿だ。日ごろ人々を取り成している市正にあるまじき有様だ。鎧を着ているのは何事だ。槍は何のつもりだ。まず具足を脱ぎなさい、槍をのけなさい」て、すげーよ速水さん!おまけに「さんゝしかり候へハ、其時市正も耻敷存候氣色に見へ申候、鑓をのけ申候て」とあります。市正さんも唸る、速水さんのオカンぶり(違う)
 結局、片桐さんと治長の仲を和睦させることは出来ず、市正さんが高野山へ一時退くという形になります。片桐さんを無事送りだすために、七手組総出で頑張っちゃうわけですが、そのオチが「市正は高野山へは参らず、茨木へ行きました。それを知った七手組は「市正に出し抜かれましたよ!」と、物凄く腹を立てました」とつくあたり、何か、何も言えない←
 片桐さんを無事城外へ送り出すために、まず治長と重成と糺を城へ詰めさせた辺り、この三人が片桐さん排斥の先鋒だったのかなぁと。

 余談ですが、この『北川遺書記』は北川宣勝さんではなく、北川宣勝さんを騙った別の人が後世に書いたものである、という説があるそうです。しかし!それでも突っ走るぜ!ということで、これからもがんがん『北川遺書記』を参考にしていきますので宜しくお願いします(…) 

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/21 (Sun) 本購入


『近江源氏太平記』なる本を注文してしまいました。足利将軍八代(義政)から十三代(義輝)に至るまでの、近江源氏の争いについて描いているそうですええそりゃあもう、買うしかないだろ?(笑顔)
 室町時代の両佐々木が読めるなんて、奇跡的過ぎて注文を押す時若干きょどってました← だ、だって、ドンが!若が!時兄が!久頼王子が政頼卿が(いや、政頼卿はいないかもしれませんが)(…) 高頼ダディが氏綱兄様が定頼様が、ひたすらに戦い生きる姿が小説で読めるなんて、思ってもみませんでしたので! いや、義政の代からなので、ドンも時兄も若も、もう死没してる…!?(お前)
 近江源氏と銘打っていますので、きっとモッチーもいますよね!高清もいるでしょうし、黒田政光兄さん、政経も出てくるかもしれません。両佐々木スキーには美味し過ぎる…!どうでも良いですが、六角と京極の二家を「両佐々木」と呼ぶ呼び方が好きです。何だか格好良い。俺達が佐々木源氏だぜ文句あるか、という姿勢を感じます(気のせいです) ということで、届くのを正座しながら待っていようかと思います!

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/20 (Sat) 真田丸騒動


 日光東照宮の配祀として、秀吉まで祀られてるってマジですか。明治に入ってから祀られたらしいので、明治政府の意図とかが色々感じられますが、それにしてもびっくりしました。おまけに久能東照宮には、家康と一緒に、秀吉、信様までもが祀られているらしく……三英傑揃って祀られてるとか!久能東照宮の場合も、明治に入ってから祀られたのか色々と気になりますね。

 それでは、追記に「三人衆が五人衆になったよ!」の一連の騒動は全部狂言芝居だったんじゃ?な妄想を書き連ねてみようと思います。『落穂集』にあるその逸話が事実だったとして書いていますので、何かもう流し読みしてやって下さい。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/17 (Wed) 七手組


 速水さんのデザインが出来ました!
鉛筆でざしょしょーと描いただけなのですが、13とクイさんの許可が出たのでこれで行きます!相も変わらず携帯写真な上に、幼稚園児並の画力なので、追記に隠しておきます。参考に見といてやっても良いぜ!という方は、ど、どうぞ!美初老が描きたかったのに…!速水さんは大坂方一の男前だと思います(性格的に) 忠義に生きる無口な男って、どれだけ人を痺れさせれば済むのかと。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/16 (Tue) やらなくちゃメモ


 書かないとエンジンがかかりそうにないので、こそっとやらなくちゃならないものをメモメモ。

・行清話の後編(可及的速やかに。亀で本当にすみません…!)
・百年華影の更新
・拍手の差し替え
七手組のデザイン(フライング土下座)

 治長と治長嫁夫婦のきゃっきゃうふふを妄想してによついてる場合じゃねぇですよ!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/13 (Sat) 六角でごちゃっと


 今、無性に滋賀県に行きたいです←
三年ほど前に行ったことはあるのですが、当時は三成にドンはまりしていた時期だったので、六角や浅井関係の史跡をまったくもって周らなかったんです。どうやら、観音寺城は城マニアには堪らない史跡だそうで。私はそういうのはさっぱり分からないので、ただ六角の居城だってことでテンションが振り切れてしまいそうです。観音寺城で検索をかけると出てくる、城好きな方々からの賛辞に、自分のことでもないのに嬉しくなってしまうのは重症でしょうか…。ただ、本当に一日では周りきれないほどの規模を誇る城なのだそうです。さすが、増築増築増築!を南北朝時代から繰り返した城です。
 そういえば、ペーパーバックの城の本をぱらぱらーと立ち読みしていたら「箕作城を攻めるために、秀吉は城を囲むようにして火を放った」とかあったんですがマジか。一緒に箕作城攻めてた丹羽さんドン引きだろそれ。無茶苦茶です、殿下。籠城してる兵達を焼き殺す気満々じゃないですか。箕作城が簡単に落城したと『信長公記』には記されているそうですが『言継卿記』には、岩成友通さん(三好三人衆の一人)が援軍に来たりで、中々落とせなかったことが書かれているそうな。また、箕作城に籠城している城兵の抵抗も激しく、だからこその秀吉の焼き殺してやんよ作戦だったかもしれません。『信長公記』の、あっさり城は落ちたんだぜ!が正しいのか、はたまた、別の事実が存在するのか、妄想がくすぐられます。
 それにしても、代々、六角の人達が避難する先が甲賀というのに悶えが止まらないと言いますか……。そんな六角と甲賀衆の親しさを考えると、絶対に定頼様、甲賀衆で情報収集してますよね。実際に、逃亡中の義弼へ、望月吉棟さん(甲賀五十三家の一つである望月家の人でしょうか)が京の情勢を伝えていたそうです。同じく五十三家である三雲家は、箕作城を追われた後の義賢と義弼にも忠誠を尽くしています。鈎の陣(幕府の六角征伐により、甲賀に落ち延びた高頼ダディを甲賀の郷士が匿い、更には高頼ダディの味方として挙兵します。幕府軍を、地の利を生かしたゲリラ戦法で撹乱しました)で功をなした甲賀の郷士五十三家の中でも、高頼ダディより感状を与えられた二十一の家が甲賀の惣中で強い力を有していたことが、六角と甲賀の関係を現しているような気がします。所謂その五十三家が上忍と呼ばれる人達で、その家々が、一般的な忍者のイメージである下忍を抱えていたとかとか。なので、義賢と義弼の逃避行に従った三雲さんと一緒に、忍の人達も付き従っていたかもしれませんね。
 よくよく考えると定頼様、幾ら近江が京に近いとはいえ、若干情報通過ぎる気がしないでもなry も、妄想が、止まらない!(止めなさい) 忍を侍らせる定頼様を妄想して、悶えていようかと思います←

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/11 (Thu) 拍手お返事




 拍手を押して下さり有難う御座います!
 追記にブログ拍手お返事をば。

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/10 (Wed) 行ってきましたその2




 touhakuten.jpg
 長谷川等伯展に、行って参りました。
水墨画や仏画も良かったのですが、やっぱり等伯の絵は金碧画が好きです。智積院で仏教研修をした時に見た秋草図や楓図の他に、萩芒図という絵を初めて見まして。ふおおおおとなってしまいました。この萩芒図が鶴松の菩提寺に描かれたものだったら、涙腺崩壊だったのですが、そんなことはありませんでした(…) 
 よく利休の紹介に使われるあの肖像画、あれって等伯が描いたものだったんですね。知りませんでした。肖像画繋がりで、図録に稲葉一鉄の肖像画についての解説があったのですけども、一鉄の生涯に若干慄きました。大永五年に浅井との戦いで父親と兄達五人を失ってるとか!大永五年にあった浅井の絡む戦いだと、浅見さんを倒し、江北の頭として台頭してきた亮政に「ちょっとお待ちなさい」とばかりに戦をふっかけてきた定頼様との戦いが浮かびますが、それ絡みなのでしょうか……。

 前半の展示にあった仏画は、等伯が絵師として成長する能登の土壌を作ったのは義総なんだよなぁと、はぁはぁしながら邪な目で眺めていました。義総が能登畠山の当主となってからは、義総の戦う前に勝つ外交戦略で、殆ど大きな戦は無かったそうです。当時は城下が戦火に晒されるのは当たり前で、常設した店舗を構える人は少なかったそうなのですが、義総居城の七尾城下には、常設のお店が幾つもひらかれていたそうな。京から文化人の公家さん達もたくさんやってきたり、夕方には寺の鐘の音がしみじみ響く地なのですよ…というような感想を、その地を訪れた公家(お坊さんだったかも)が書き残しているとか。
 義弼のお母さんは義総の娘なので、恐らくそんな七尾城で育ったものだと思われます。幼い義弼に、故郷の話を聞かせているのを妄想して、勝手に悶えてます←

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/09 (Tue) 拍手お返事




 ぱちぱち押して下さり有難う御座います!励みになっております!
 追記に、ブログ拍手お返事をば。

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/09 (Tue) スランプリハビリで堀田さんと伊東さん



 前々からそんな予感はしていたのですが、書けないスランプに陥ってしまったようです…!え、ちょ、ま、勘弁。私からこれ取ったら何が残るよ。ちょこっと、追記でリハビリをしていようかと思います。
 ということで、追記に堀田盛高×伊東長実でSSS崩れを投下してみます。リハビリで書いたものなので、思いつきのまま書いた代物というか、酷いです←

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/07 (Sun) 行ってきました



sengokumaturi.jpg

 に、行って参りました。開演するまで、隣でやっていた楽市楽座というイベントの会場にいたのですが、ついうっかりコエさんの三千円福袋を買ってしまいまして!中に入ってた太閤立志伝Vを、によによしながらプレイしようと思います。目指せ欲望と妄想に塗れた豊臣家中です←


雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/04 (Thu) 長秋という人


 長秋の妄想が止まりません…!何?恋?恋なのこれは?
よくよく考えると、長秋って美味しすぎるポジションではないでしょうか。諸々ある説を総合すると、ですけれども(…)

・饗庭局の息子説(饗庭局は茶々の乳母にして浅井長政の従妹。本来は浅井家の姫君だった人。浅井家嫡流(即ち亮政とその正妻蔵屋)の血を引いており、豊臣家に仕えている浅井一族や、浅井の旧臣達からは一目置かれる存在だった。勿論茶々からの信頼も厚い)

・刑部卿局の息子説(刑部卿局は千の乳母。つまり、千の乳兄弟ということに。……歳は若干離れてますが。そしてその場合、元々徳川家に仕えていた家の人間ということにもなるため、その辺りで色々と妄想が出来ます)

・重成の妹婿説(そして重成の与力であり、若江の戦いで戦死)

・享年二十一歳説(つまり、重成・糺の秀頼乳兄弟コンビと、千の乳兄弟である長秋の歳が近いということに。何か、意味も無く滾ります)

 他にも、重成が討ち死にしたと聞いても奮戦していたり、二人がかりで討ち取られたり、長秋を討った功を巡ってちょっとしたいざこざが起こっていたり、妄想のし甲斐があり過ぎておいちゃんちょっともだもだしてしまいます(…) 出掛けた先でよそ者の人達に囲まれてぼこぼこにされたり、自分の槍に自分で傷をつけて「頑張ったんだよ!」と言ってみたりしたのをお前それわざとだろ!と同僚に見抜かれたり、中々可愛らしい逸話をお持ちです← 糺みたいな身体的に化物じみてる奴といたら、見栄を張りたくなるのも分からなくはないです。
 とにもかくにも、こんな美味しいポジションの長秋を妄想しない手はない!ということで、あれこれ勝手に妄想してます。もしも本当に刑部卿局さんの息子だったとして、息子が豊臣家の家臣として討ち死にし、自分は千の乳母として徳川家に帰った刑部卿局さんの心境を色々と考えてしまいます。
 糺、長秋、薄田さんの三人は説や逸話が幾つかある癖に、謎のベールにも包まれているしで、妄想しだすと止まらなくなる人達だなぁと。ぶっちゃけ、大坂の人達って殆どそうなんですけども←


戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/02 (Tue) 欲望の日々


 お久しぶりです。2月28日、3月1日と欲望に塗れた二日間を送っていました(…)
もう3月なんて信じられない!とか言いながらメイド喫茶でケーキを貪っててすみません。やっぱり、メイドさんは踝までスカートの丈が無いと駄目だと思うのですよ……膝丈メイド服は邪道だと言い張ります←
cake.jpg
 可愛くってによによです。ただ、時間と共に溶けていくクローバーの絵が悲しかった……。
私は無難にアッサムを注文したのですが、友達が隣でマルコポーロを飲んでいて、凄く良い香りでした。マルコポーロ自分の家で淹れてみたいんですけどね!いかんせん値段がね!お高いデパートの地下でしか売ってるイメージが無ry 百均のティーパックがお友達です。

 この後、友達のアパートで鍋パーティに勤しんだのですけども、根腐りしてる女共が酒片手に四人集まったらそりゃあれですよ。腐界しか召喚出来ませんよ。誰か!私に!バクシーを!バクシーを恵んで下さい!頑張って視姦しますから!夏に発売される追加ディスクが待ち遠しいです。

 あ、後ですね、
sakura.jpg
 もう、ものによっては桜って咲いてるんですね。最初梅かと思って近寄ってみたら、河津桜という札がかかっていて驚きました。遠目には、ちょっと古びてる鳥居に梅(実際は桜でしたが)がかかっているように見えて、こういうシュチュエーションの場面が書きたくなっちゃいました。こういうのが似合うとなると、重成青柳夫婦でしょうか。糺は、藤の花というイメージがちょっとだけあったりします。きっと津田出雲守さんの事件があった場所(糺VS男6人の舞台とも言う)が、藤の名所だったからかもしれません。こう、幻想的な藤棚の前で血に塗れながら戦う糺の姿を妄想してしまうと、はわぁああああ!となってしまいます(病気です)

 もう3月ということは、着々と夏の陣が近づいてるんだなぁということで、ここら辺で!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。