何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/09 (Sat) 渡辺糺の孫玄孫


 江戸時代の糺の家系について『寛政修重諸家譜』をちょろちょろ見ていたのですが、以外なところで明石さんの弟について言及している記述があって噴きました。米倉永時という人の項目に「元和元年大坂落城ののち、城兵明石全登が弟をよび従者相模三浦にのがれ来るにより、速やかにその主従五人を捕へたてまつる」という記述があるんです。つまり、明石全登の弟が、その従者と一緒に相模の三浦まで逃げてきたよ!だから即行捕まえてやったよ!ということらしいのですけども、この弟は全延のことなんですか……ね?『寛政修重諸家譜』はちょいちょい内容がうっかりさんなところがあるので、間違ってる可能性も否めないのですが。もしくは、全延以外にも、明石さんの弟が入城していたのかもですね。
 そしてこの米倉永時さんの孫に、糺の孫娘が嫁いでいるという……。「糺の孫娘」という響きだけでときめいてしまいます。

 この間の記事で、何で糺の孫である勝は、仕えていた家宣が将軍になる前に致仕したんだろう?と書いたのですけども、やっぱり糺の孫であるのを憚ったのかなぁと。致仕するのと同時に、勝の養子(即ち糺の血を引いていない人)が家督を継ぎました。そこら辺を、色々と勘繰ってしまいます。しかし、勝の養子である統の更に息子(糺にとっては血の繋がらない、系譜上の玄孫)の定が、字・権兵衛の役職名・内蔵助であることにテンションうなぎ登りですよ!江戸時代に渡辺内蔵助がいたなんて……! 定は、顔も見たこともない曾々祖父の糺に憧れてれば良いなぁな、妄想をしてしまいます。
 しかし、自害をする前に「普段から覚悟してればいざ死ぬ時になってもうろたえなくてすむのですよぉ」と「うち笑い(原文そのまま)」自害する正栄尼さんに慄きました。うち笑い……うち笑いて貴方。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


2010/10/04 (Mon) 残された人達の話


 よしながふみの『大奥』をこの間まとめ買いして一気読みをしたのですが、徳川家宣が出てきた辺りで「糺の孫が仕えてた人だぁ」というのを思い出して何故か泣きたくなりました(何で) 
 夏の陣を生き延びた糺の息子・守は南禅寺の僧侶となりますが、どういうわけか細川忠興の口利きで還俗します。いや本当なんで忠興?な感じなんですけど……。縁戚と書かれていたので、元々室町幕府の幕臣だった家柄同士、どっかしらで血が繋がっていたのかもしれません。竹田永翁の父親は忠興にとって母方の従兄弟ですし、糺の場合もあり得ない話ではないかなぁと。
 というわけで守は18歳で還俗し、徳川綱重に仕えるわけですが、ここら辺に千が絡んでる気配がぷんぷんするのは勘ぐり過ぎでしょうか……。千は、綱重にとって育ての母親のようなものです。その綱重に仕える、かつて豊臣家に仕えていた男の息子、という構図に何やら妄想をしてしまいます← 千は大坂城に籠もり、後に捕まった人達の助命を嘆願していたりしますので、陰ながら元・大坂城の人達へ手を差し伸べ続けていたらきゅんとしてしまいます。やっぱり、豊臣家の御裏様なんだなぁと。浅井の人達へ手を差し伸べ続けていた茶々と重なってしまうというか何というか。
 なんやかんやで綱重へ仕えた守の息子・勝もまた引き続き甲府藩に仕えます。そのまま綱重の息子である家宣の小姓組→書院番頭→持筒の頭と進んでいった模様でして、家宣が時期将軍と決まった後も、江戸城の西の丸へ付き従います。しかしここで疑問なのが、西の丸時代に下総と常陸に二郡領地を与えられていながら、家宣が将軍へ就任する前年に致仕してるんですよね。ほぼ勝と同じ出世ルートを歩んでいた川勝さんという人は、家宣が将軍就任を果たしたあとも仕えていたりするので、何かあったのかなぁと。もしかしたら、祖父が渡辺糺だったからかもしれません。徳川家と敵対した豊臣家に仕えていた人物を祖父に持つ自分が幕臣になるのはよろしくない、みたいに考えたのかもです。もしくは、ここで幕臣になってしまったら祖父に申し訳が立たない、かもしれませんが。守が「武勇に優れた糺の息子だから」という理由でいきなり五百石スタートだったので、守以降の渡辺家は糺を敬いまくってりゃ良いじゃないのと。
 そんなこんなで、生き残り組+その子孫達の江戸時代を考えるのもちょっと楽しいです。大奥で育った、浅井直政カタリナ(明石さんの娘)夫婦の間に生まれた男の子とかとか。

 

戦国的な | trackback(0) | comment(2) |


2010/10/02 (Sat) ささやかな、ささやかな


 ふと書きたくなったので、追記に治長←治長嫁な話です。
 治長が精神的依存を嫁にするようになるよりも前の話。
 治長の嫁は出自が不明ですが、「大野治長夫人像」として残される肖像画と共に三名幅と称される肖像画はいずれも織田家の女性です(信長の妹とされるお犬の方、信長の娘である三の丸殿)ということで、治長嫁は織田家の女性なのではないか?という説が囁かれております。それによいしょと乗っかりつつ、妄想を加えまして(…) 治長の嫁は織田信包の娘ということで書いておりますので、宜しくお願いします。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2010/10/01 (Fri) 室町幕府とか六角とか


 只今帰ってまいりましたぁああああ!

 ようやく、あれやこれやが終わりました!本当に留守にしっぱなしですみません…!この間、久々にコピー出来ていなかった史料、論文に目が通せてうはうはだったので、ちょっと追記に箇条書きにしてみます。主に六角やら室町幕府やらについてです。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。