何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/08 (Wed) 本の感想とある手紙


お久しぶりです!先日、福田千鶴先生の『江の生涯 徳川将軍家御台所の役割』を読んでみました。福田先生は『淀殿 われ太閤の妻となりて』を書かれた方です。督については不勉強甚だしいので、ひたすら「ほーはー」と感心することしか出来なかったのですが、佐治一成との結婚について「ぶっちゃけ嫁いでないんじゃ?」な考えを示された時には、そうか!となってしまいました。婚約のみを交わしただけで、嫁いでいないとした方が、個人的にも納得することが出来ました。朝日の件との類似がそうなってあーなってなるほどねーと(…) 督の子供達の件につきましては、色々なサイトさんやらブログやらツイッターやらで、福田先生の考えに対しての賛成反証などなど、たくさん目にする機会があって面白いです。そういう見方もあるんだなぁ、みたいな。ただ、家光に関しましては督の子供じゃないような気がするようなーしないようなー(ごにょごにょ) 督の子供です!正嫡の長男です!とするには、ちょっとごたごたしすぎなんじゃないの?と。しかし、家光が忠長の命を助けようとしていた、というのにはちょっと胸がきゅんと←
 督の話ではありませんが、同書の中で、茶々が片桐さんに宛てて送った手紙が紹介されていました。慶長八年(1603年)のものだそうです。この手紙を読むに、茶々は鐘銘事件のごたごたが起こった時も、心の底から片桐さんを信じていたんじゃないかなと思います。それほどまでに、片桐さんへ茶々が信頼を寄せていたのが伺える手紙でした。実際、鐘銘事件があり、片桐さんが自邸へ立て籠もってしまった時にも、茶々は「私は貴方のことを信じています。そして、貴方を害するつもりなどまったく無いのです」という旨の手紙を片桐さんへ送っています。……片桐さんは茶々のことを信じてはくれませんでしたが。それを思うと、この慶長八年の手紙は切ないなぁと。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(5) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。