何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/19 (Sun) 『イエズス会日本報告書』曰く


紀伊様の運営なさっている「萩の御前」様の記事にて、茶々の人柄に触れている史料が存在することを、初めて知りました。いつもいつも勉強させて下さり、有難うございます!
『十六・十七世紀イエズス会日本報告書』という史料がそれで、キリシタンである信長の娘が茶々と仲が良く、常に茶々の傍らにいたことから、人柄についても書き記されているらしいです。
何でも『十六・十七世紀イエズス会日本報告書』曰く、茶々は「善良な性格で」「喜捨や慈善事業に熱心」だったそうです。………ますます私の中の茶々のイメージが菩薩様になっていくんですけど………。特にキリシタンだったわけではなく、むしろ熱心な仏教徒だった茶々に対してそう記しているのですから、信憑性はあるんじゃないかなぁと思います。
そして、大坂の役の際、人質として大坂城に送られていた明石さんの次女「レジイナ」を可愛がっていて、戦が一段落したら、しかるべき所へ嫁がせてあげようと考えていたそうです。何となく、このレジイナが、浅井直政の奥さんになった人なんじゃないかなと、ちょっと思います。冬の陣が講和で落ち着いた頃に、茶々の取り持ちで直政とレジイナが結婚したのなら、辻褄が合うような気がします。直接、その史料を読んだわけではないので、何とも言えないのですけれども………ううう、読みたい。
残された行跡から推測して「菩薩のような人だったんだろうなぁ」と思っていた茶々の人柄が、当時の史料として「善良な性格の、喜捨や慈善事業に熱心な人」と書かれ存在していることは、とても嬉しいです。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(4) |


2011/06/05 (Sun) 積み上げられた悲劇よりも


何となく、追記に小六×秀吉を放ってみます。時間軸不明な上に、めちゃくちゃ短いです。おまけに、前にもこんな話書いたような気がします(…) ぶっ壊れそうな秀吉と、そんな秀吉を支える小六、な構図が好きなんだと思います。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/05 (Sun) 破袋


 アニメ『へうげもの』自体は観ていないのですが、その後にやっている茶道具を紹介する5分間番組だけは地味に観てます。この間「伊賀耳付水指破袋」が紹介されていました。てっきり、関東大震災の時に紛失したと思っていたのですが、しっかりと保存されているようです。おおう、何と勘違いしていたのでしょうか………。「破袋」と一緒に保管されている織部から治房あての書状も紹介されておりまして、しっかりと宛名に「大主馬」と書いておりました。実はほんのり、主馬と修理間違ってんじゃないの?と思っていたのですけども、がっつり「主馬」でしたね。
 しかし、治長が織部主催の茶会に招かれた際「伊賀ものの水指」を持参したという記録が残されています。その水指が「破袋」だったんじゃ?と思っている身としては「この水指超良いもんだよ!」と織部から記された書状が、どういった事情で治房宛てに送られたのか気になります。元々治房のだったのが、治長所有になったのか、それとも、治長所有だったのが治房所有に変わったのかなぁ、とも思うのですが。悩みますね………。

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。