何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/29 (Thu) 『千姫 おんなの城』 感想


お久しぶりです!
卒論が一段落しそうなので、ちょっと舞い戻ってきました!そして『千姫 おんなの城』という本も読んだので、ちょっとその感想も書きたいなぁと。
著者は、大蔵卿局が主人公である小説『めのと』を書かれた植松先生です。
歴史的な出来ごとがさらっと描かれているので、人によっては物足りないと感じる方もいるかもしれません。
しかし、この本の何よりの特徴は、女性関係において最近の研究を反映した部分が多いという点です。例えば、秀吉の死後、京に移り住んだ寧々が、豊臣家と朝廷を結ぶパイプ役の仕事をこなしていたという描写。茶々と敵対関係にあったわけではなく、ともに手を取り、豊臣家のため力を尽くしてきたという描写。小和田先生の『北政所と淀殿』や、福田先生の『淀殿』で論じられた内容ですね。
茶々の人柄についても、江戸時代から現代に至るまで大量生産されてきた「ヒステリックで横暴な淀殿」といった描き方ではなく、細やかな心遣いができる温和な女性として描かれています。茶々の書状などを見るにつけ、やっぱりこのような人物像の方が、本来の茶々に近いんじゃないかなぁと思っている身としては、とても嬉しかったです。
茶々が千を慈しみ、千も茶々を支える。そんな関係を築く二人の姿が、とても印象的でした。秀頼千夫婦の仲睦まじいっぷりも、読んでいて感涙ものです。可愛い!としか言えないというか、やっぱり可愛い!というか………千の鬢削ぎが上手くできずにオロオロする秀頼と、ちょっとむくれる千の可愛さがはんぱないです。秀頼が一本芯の通った男前な性格ですので、逆にオロオロする姿の愛らしさが際立ちます。もうずっとお前ら大坂城でいちゃいちゃしてろ!
しかし、そうは言ってもいられず大坂の役が勃発してしまいます。そこで固有名詞の登場する牢人衆が幸村しかいないという点が、ちょっとしょんぼりポイントかもしれません。ただ、あくまでメインは女性達ですので、それで逆に良かったのかなぁと思わないでもないのですが。男どもの活躍は別の小説で読んでね!というか(…)いや、でも、重成と糺は出して欲しかったかもしれません。糺は槍の先生として名前だけ出てきましたけども………。
「茶々が鎧を纏って兵を鼓舞して周り、逆に士気が低下した」という話についても、違う見方がされていて面白いです。この鎧を纏って~のエピソードは、しかし、どうにも噂の伝聞を家康に伝えたような感じなんですよね。個人的には「織田頼長が、自分の連れていた遊女に鎧を纏わせ居眠りしている兵を切り捨てさせた」という話と、茶々の存在がごっちゃにされて伝わってしまっているような印象を受けます。
というかぶっちゃけ、太閤殿下の正妻だった女性が自分を鼓舞してくれたら士気があがるだろうと思うんですけども。しかも茶々は、秀吉が「勝利の吉例」として自分の陣に連れていたほどですし。

他にもまだまだ書きたいのですが、あまり書くとネタバレになってしまいますのでここら辺で!
あ!完子と千と秀頼が一緒に過ごしている描写にはえらくほっこりしました。そんなほのぼの豊臣一家に和みたい方や、秀頼千夫婦にきゅんきゅんしたい方にお勧めです。
最後になりましたが、ベストオブイケメンイヤーは坂崎直盛さんです。何あの人超イケメン。素敵。

スポンサーサイト

雑記 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。