何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/22 (Tue) うっかり並んじゃってるよ



 私のバイブル「歴史と文芸の間」で、関ヶ原での治長のことが「慶長記」に書いてあることを知ったので、ちょっと慶長記をざーっと、治長の名前が出てるとことか、気になったところとかを読んでみました。何やら、兵を出した的な文章の所で、陣を出した面々の名前が書かれてまして…福島正則、細川忠興、黒田長政、井伊直政、本多忠勝、大野治長っ…て、この面子と一緒に治長の名前が並んでることに、激しく違和感を感じるのは私だけか(笑 有名人とうっかり並んじゃったよ的な← この後に、甲智七右衛門っていう人の首を治長が獲って、家康の目にかけられて褒美が凄かったよーな文が続きます。「歴史と文芸の間」だと、この功によって、岡部江雪斎とか言う人と一緒に家康の旗本に列せられたって書いてあるんで、その辺のことも載ってる史料を探してみようと思います。褒美が凄かったよーってことは、結構な首なんだろうな、甲智七右衛門ていう人。宇喜多隊の侍大将らしいなんて話も聞いたんで、それもまた調べなくちゃか…夏休み、図書館で過ごすか(お前) 慶長記って、関ヶ原のことメインなんで、他にも小西とか三成とか大谷さんとかの名前がもりもりで、読みながら顔が緩みまくってましたよええ。取り敢えず、関ヶ原の時東軍同士だった又兵衛と治長が、又兵衛隠棲前に接触あったら良いななんて、妄想を繰り広げております←← ……同時進行で、長秋妄想がもりもり進んでることは秘密で。いや、長秋、二人がかりで首をとられたらしんで、壮絶な感じだったんだろうなと思ったらこう、妄想が。
 で、今日懲りずにアップした七夕話なんですか、もうそろそろ時事ネタ外れも良いところなんで…他の面子は、ら、来年!来年ってことで!(ああああ) 

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<怪魚は踊る水の中 | TOP | 重成家中の薔薇担当(…)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/103-b3240747

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。