何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/10 (Thu) 囲ったらしいよ


 今までちょっと、知りたいことをかいつまんで読むだけだった大坂の役についての本を、本腰入れて読んでみたんですが(そしてやっぱり読み終わらなかったんですが)、又兵衛と治長の関係について言及してて、大和に又兵衛が隠棲している頃に治長の世話を受け姪を娶り、密議や謀書に心底を尽くし云々な感じに書いてあったんですよ。「三川記」って史書に載ってる話で、それは前から知ってたんで良いですが問題は、その後の著者のコメントですね!「又兵衛は大和にいたときから大野治長によって囲われていたのだ」……囲われていたのだ……囲われていたのだ……なんか、エロくないか!? 囲うって、妾の人をもつ時に使う言葉なような…いや、辞書を引いたら「人に知られないように世話をする」って書いてあったけど……そっか治長って通い妻だったんだ(違 どっちにしろ、又兵衛と治長って美味しいよなぁと常々思っている身としては、食いつかずにはおれなかったといいますか!← ……やばい、又兵衛×治長が書きたくなってきたじゃないか畜生。そういえばこの二人って前々から面識あったのかな。関ヶ原の時は、それぞれ黒田隊と福島隊に居たわけだから、顔ぐらいちらっと見たことはあったの、かも?何だか、関ヶ原の時の治長の話も書いてみたいなー。手勢がたったの十人ちょっとで関ヶ原に行こうとする治長は確実に何かが間違ってる。そりゃ、浅野の長政さんと幸長さんも、自分の家臣貸してあげたくなっちゃうもんさ。馬も武具も手勢も、殆どレンタル大野治長。ただ何度想像しようとしても、宇喜多隊の鉄砲組頭やってた人の首を取ったっていう治長の姿が想像できないんですけど。いや、だって、治長だから(真顔)

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<ちょっとメモ書き | TOP | 小劇場・3(クイ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/11-d5ac8fb0

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。