何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/18 (Mon) 糺関係



 えーと、ずーっと糺の父親で、正栄尼の夫である、渡辺昌の名前を、「あきら」と呼んでたんですが、本当は「さかう」と読むってまじですか…。昌には「さかえ」っていう読み方もあるらしんで、それがちょいと変わって「さかう」なのか…。しかも、後に登と名乗ったって、何の史料に書いてるんだろ!糺の渡辺家については色々調べるの無理かなぁと思ってたんで、ちょいとはすはすしてます。元々幕臣だったわけだから、足利家について書いてるのを調べれば何か出てくるかもなんですよね。ただ、余りの暑さに、図書館まで行くのがだる以下略。夏休みは図書館で調べまくるぞー!と気合入りまくりだったんですけど、いざ始まってみると暑さに負けてしまうんだぜ(… 近くに、大きい図書館が無いっていうのも原因かもです。根拠も無い妄想だけが繰り広げられていく一方っていう← 元幕臣っていうことは、幽斎・光秀らへんと面識あったのかなーとか、後に1千石で秀吉の馬廻りになったってことは、治長とも知り合いだったのかなーとか諸々と。正栄尼が茶々の異母妹説で馴れ初めを考えると、余りの年齢差に大分滾ります。少なくとも20歳以上は離れてるよね、多分、この夫婦。あと、何げに渡辺家って大坂の役で滅んでないんですよね。こう、寺に入ってた、糺の息子を還俗させる働きかけをしたのが細川忠興ってことに、また妄想が色々と…。え、そこで忠興!?みたいな。小さな頃千と同居してた徳川綱重に、還俗したあと仕えたっていうニアミスっぷりも、何か色々そそられるものが。
 八重の埋み火の後編をもそもそ書いてたら、そんなこんなで、頭がちょっと糺色です←

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<諸々雑多に | TOP | 3日目>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/130-5a94bcbc

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。