何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/01 (Mon) 殿と近侍



 脈絡もなく書きたくなったんで、やっちまいました。
 秀吉+若治長でSSS崩れ。
治長は茶々よりも1、2歳ばかし年上の可能性が高いらしんですが(治純が同じ年かも?)、一度同い年として話を書いてしまったんで(…) 同い年で突きとおすことにします。



 怯えてはならない媚びてはならない、毅然とあれ。
 彼の人間は姫様の仇、なのだ。
「のう、弥三郎」
「……は、」
 柴田様が破れ、北ノ庄が落ちてから数か月余り、まるで俺は拾われるようにしてこの男に仕えていた。嫌だった。柴田様をお市様を文荷斎様を殺め、姫様方に辛き道を歩ませたこの男に仕えることなど。それでも、姫様方をこの男が抱え込んでいる限り仕える他取る術も無く、己に定めたのだ。
 怯えるな媚びるな、毅然とあれと。
床へとついた指先が震えを訴えるのを、必死に力を込め黙殺する。羽柴筑前が人払いを行ったのだろう、やたらと人気が無い代わりに広さだけがやたらと際立つこの座敷では、例え僅かな震えであっても容易く気取られてしまいそうで。己に定めてから悟らざるを得なくなった、その困難さ。
「おみゃーが俺の所に来てから、ちっとばかし経つがのう」
 媚びずとも、毅然とあろうと振舞おうとも羽柴筑前が妙に大きな目へ、三つ指をつく俺を映しだす。どれほど毅然とあろうと振舞おうとも、怯えだけは、打ち消せない。この男が柴田様をお市様を文荷斎様を殺めたからかいや違う、そうではない。
「まぁったく、おみゃーは俺に懐かにゃー」
 大きなつり上がった目が見せる感情のさざ波一つ一つに、背中の毛を逆撫でされる。
根源から這いずる怯えなのだ、これは。
「……私は、殿に忠誠を誓っておりますれば。懐くなど…」
「忠誠なんぞ二の次や。懐けば、忠誠なんぞ幾らでも付いてくる。それにや」
「何で、御座いましょう」
「面」
「は?」
 羽柴筑前がばさりと、小柄な体には不釣り合いに長い袖を捌いた音に、顔を引きかけ無駄だと知った。捌かれた袖から取り出されるひらかれていない扇子の先端が、顎へあてがわれた後だったのだから。片膝をその場へとついた羽柴筑前に、無理やり顎をあげられにんまり唇のつりあがった顔が眺めてくる。身じろぎ一つ許さぬとばかりに。
 面と、この男は扇子を顎へあてがってきた顔を上げさせてきた。そうして、笑った。
「十四やろ、おみゃーはまだ。その歳から、そんな難しい面ばっかしよったら、年食った後えらいことになるがや」
 にこやかな顔をいつでもしていろとでも言いたいのか。
 口にしようとして、結局中途に唇がひらいただけだった。
「ま、今はええわ」
 顎をあげさせてくるままに、喉も鳴らせず口もろくにひらけない俺へ顔を寄せる時すら、男は笑みを崩さずに。一人男の瞳孔で震えを必死に押し殺す俺だけが、奇妙なほど浮いていた。
「懐けば、難しい顔もしにゃーわな」
 近づけた顔を、あっさりと離す。顎から扇子が離されやっと、呼吸が許された錯覚すら覚える空気を求め、喘ぎたい。けれどそれすら、根源を這いずる怯えが許さずに、扇子その先端が、差し向けられた。
「下がれ。また、懐いたかどうか、見させてもらうわ」
 軋む呼吸を震えを押し殺した頭を下げた。
立ち上がり、背中を向ければ良い粗相の無いよう、廊下へと出ればよいけれど、どうしてこんなにも膝が笑うのだろうか。嘲っているかのようだ、俺自身が俺を。立ち上がった背中を向けた、
「弥三郎」
 空気が震えた。
 声が耳朶に滑り込んだ。
「茶々も、お前も、俺の庭に繋がれていることを忘れるな」
「………………は」
 

 閉まる戸、意味も無く手頸をなぞった。
 まだ、手枷はとじきっていないのかそれとも既に、手遅れであるのか。
 知る為に。


 唇から、呼気が零れた。意味も無く。













 この時秀吉ってまだ筑前守でした、よね…?(お前) 
ねねと茶々の関係と同じく、この二人の関係も思案中なので、試作品ということで一つ。というか、この頃の秀吉って滅茶苦茶忙しかった筈なんで、こんなことしてる暇無いと思うんですけどね← 


スポンサーサイト

SSS | trackback(0) | comment(0) |


<<幕間期間 | TOP | あみだ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/143-b274cf65

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。