何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/03 (Wed) 本



「大名廃絶録」をちょこちょこと読み進めているんですが、大坂の役終わっても、大名家は油断出来なかったのねーと。徳川綱吉の時代まで、減封or改易と隣り合わせって…うわお。見知った名前の家がぼこぼこ改易やら減封の憂き目にあってて、読みながら、あああああなことになってました。んで、その、忠直良いなぁと← 配流された後に穏やかーな生活送りながら言ったらしい、大名には二度と生まれたくない的な発言に、こう、きゅんと。忠直が妊婦の腹裂いたとかの乱行を本当にしたとは思ってませんが、配流される前はどこか情緒不安定気味だと良いなぁ、みたいな(…) 家臣も心から信じられないし、富正は信じられるけど、自分じゃなくて父親を重ねて見られてる気がするし、唯一純粋に慕って来る直政に微依存、とかすみませんごめんなさい妄想ばっかですみません。あと、幸村がトラウマになってれば良いじゃない(お前) 久政世代の浅井家に加えて、越前松平家も、ちょいと情報を漁ってみようかと思います。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<諸事諸々 | TOP | 幕間期間>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/145-0f48224a

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。