何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/27 (Sat) 本とか



 今日届いたPHP文庫のえけーさんの本を、ちょこっとだけ読んでました。あと、「秀吉の接待―毛利輝元上洛日記を読み解く」てのも、ちょいと。「秀吉の接待」の方は、あれですね、輝元が籠絡されるまでみたいな副題をつけるべきかと← どんどん…輝元が籠絡されてってるんだこれ…秀吉と秀長のコンボははんぱねぇよ……誰でもこの兄弟には籠絡されるよ…。必殺!豊臣兄弟の細やかな気遣い!みたいな(…) 官兵衛も、輝元の接待で頑張ってました。これから全部読んでいくつもりなんですが、ちょっと今の時点で気になったのが、大谷さんの名前もちょこちょこ出てきたことと、明石さんが秀家の使者として輝元の元に挨拶に来たことと、秀秋が秀長・家康・利家・秀次より上座の扱いを受けていたことでしょうか。秀吉が退室したあとに、秀吉の座っていた位置(上壇の中央)に当時七歳だった秀秋が座って、秀長・家康・利家・秀次がそれよりも下でほえーと。これは、何か深い意味があるのかしら。ただの上座なら、まだ何となく納得が出来なくもないけど、秀吉が座ってた位置だしなぁ。秀吉、秀秋のこと猫っ可愛がりしてたのかとか、勘ぐっちゃうぞ(お前)
 そんでもって、えけーさんの方は、義昭が痺れきらして、鞆に来ちゃった☆てへ!な報を受けた時、やべぇきちまったな感じで顔見合わせるえけーさんと隆景が可愛すぎた。ああああ何なんだお前ら!目と目で会話するな!← 隆景が大徳寺の玉仲宗て人を師と仰いでることに嫉妬したえけーさんにときめいたこの気持ちは、一体なんだろう(病気です) 隆景←えけーさんって世間様的にあり?……みかけたことないですね。


 

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<しらゆきひめ | TOP | 良い日和>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/170-a89a34c1

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。