何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/06 (Mon) 書きたらしてみる



 治長の病状が予想以上にやばげだった件について。
下血してたっていうのは知ってたんですけど、更に腹脹(脾臓の機能低下で、腹部に膨張感)と嘔逆(嘔吐が止まらなくなる)と久痢(長引く下痢)て。おまけに、久痢は再々発ときたもんだ。慶長十一年にこの症状だったわけだから、下手したら大坂の役の時点でも、まだ引きずってたかもなんだよなぁ。休め、お前ほんと(…) でも一番やばいのは秀忠だと思う罠…二日間尿が出なかったら死んじゃうよ秀忠!その上便秘とか内臓が弱かったのかしら(さぁ) 男共は下関係で苦しんでいましたが(…)茶々の気鬱の症状を見てると切なくなってくるというかなんというか。食事が全然食べられなかったってつらいなーそれ。そんな茶々を間近で見てる千と秀頼のことを考えると、もっと切なくなってくるとかどうしよう。
 でも、そんな気分を一掃してくれたのが、真田フランコさんでした。
 ………誰だお前。
え、ちょ、ま、幸村?幸村なのフランコさん。それとも単なる真田違い?← うっかり幸村、明石さんの領域に呑まれてしたったのかと思いましたが!宣教師が書いたものらしんで、幸村もキリシタンだったら良いな☆ なんつー妄想で綴られた名前なのかそれとも、本当に幸村は明石さんの世界へ旅立っていたのか……いや、多分、宣教師の妄想だと思げふんごふん。宣教師の書くぶつは面白すぎる。治長が、秀頼の重臣にして親しき友人て(笑 いや、もし本当にそうだったらえらく萌えるのだけども。「浅井一政自記」の重成と糺がめちゃくちゃ怖かったんで、いっそ治長が友達で良いんじゃないかと思えてきちゃったんだぜ←
 引き籠っちゃった片桐さんを引っ張りだしに行ったけど失敗しちゃった人を、宿直で二人揃って待ち受ける重成と糺が何だか怖い…怖すぎる……二人揃って「市正殿は(秀頼の御前に)御上がりになられるのでしょうか」って、殺る気だろ!絶対片桐さんのこと殺る気満々だったろこの二人!正栄尼の「市正さんのこと殺っちゃいましょうよぉ」発言にも慄いたけど!何だか重成って、冷静なようで実はそうでも無いんじゃね?と思う今日この頃。市正殿?殺っちゃえば良いんじゃね?派だったり、今福の時は単騎駆けやらかすし、若江の時は制止振り切って行っちゃうし、あれか、実は内に熱い魂を秘めてるんだぜ!とかそういう類の(どうだろう)


スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<大野の四男 | TOP | 拍手とか雑誌とか>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/180-70a2bbe9

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。