何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/29 (Sat) 少々遡り


 ちみちみ読んでいるせいで、まだ読み終わっていない「浅井氏三代」をちょいと読んでいましたら、1500年代前半から半ばの近江が地味に熱かった…!京極高広が地味に気になったりしつつ…なんかこう、高飛車で京極家の誇りと意地だけを糧に必死にあがいてる子というイメージが勝手に← でも、生年も不明で死没年も不明ってあなた。そもそも、どうして、高清は長男の高広じゃなくて、次男の高吉に家督を譲ろうとしたんだろうとか謎がこう、もりっと。取り敢えず高広は、亮政=浅井のデカブツ、六角定頼=六角のジジイ、京極高吉=愚物、って呼んでれば良いんじゃないかな!
 小谷で饗応を受けた時に見かけた、明政と幼久政の仲の良い兄弟みたいな姿にちょっと歪んだ心境を抱いていれば良い(お前) 高広と高吉の、大野兄弟がとても仲良く思えてくる位最悪仲な兄弟も色々と美味しいですね!←

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<孝蔵主とか | TOP | 欲求願望>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/256-b2fb2159

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。