何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/30 (Sun) 孝蔵主とか


 「川副文書」なるものが存在していることを、ちょいと知りまして…よ、読みたい!でも、読むには東京大学史料編纂所に予約をとってから行かないといけないらしく。しかも、影写本とのことなので、日本語で書け!と言いたくなる(日本語です)あの崩し文字そのままのものを読まなくてはならない気配ぷんぷんでして…む、無理だ…おいちゃんにあの文字を読む勇気は無い、けど、読みたい!← せいぜい変体かな位しか読めないのに!今ほど、自分の技術の無さを悔いたことは無いです。あれか、歴史系の学科に通ってる友達無理やり連行してって読ませるか(止めなさい) なんかこの間、あののたくったような文字読んでたし!大丈夫、いける!(…)
 何やら、その川副文書を出典として、大日本史料に「羽柴秀吉、川副徳の母、並に其一族の居屋敷の地子及び諸公事を免除す、」という記述があるらしくて。川副徳という人は多分、秀吉の別妻に数えられている川副徳子さんのことだと思うのですよ。徳さんは、孝蔵主の姪らしいので(後に孝蔵主の養子になる重次の父・正俊の娘という話も、あるような無いような)その母ということは、孝蔵主にとっては義理の妹やら姉やらに当たる人ということで。多分、この公事免除は、徳さんが秀吉の別妻だったことに関係してるのかなぁ。てことは、天正12年の書状なので、これより前に徳さんは秀吉の別妻になっていることに?これだけでそう妄想するのは早計かな……。
 孝蔵主関係ですと、ネットを漁っていると、孝蔵主の養子になる重次に三成の娘が嫁いだだとか、茶阿局と親戚だとか、色々調べたくなることが出てきてふぉおおってなります← 茶阿局との親戚関係は、山田氏を調べればなんか出てくるかな。出てくると良いなぁ。ただ、時慶さんの嫁さんが孝蔵主の妹だというのは、さすがに信じがたいのですが。いくら孝蔵主自身に権勢があったとはいえ、六角家の家臣だった蒲生家の、更に家臣の家柄な川副家の娘が、公家に嫁げるのかなぁと。何かこう、悩みます。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<滾りました。 | TOP | 少々遡り>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/257-7896f591

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。