何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/06 (Sat) 餅



餅 餅箱
 親がお土産に貰ったので、秀吉のことを妄そ……偲びながら食べておきました。何だか、北野の大茶会の時に、この長五郎さんの餅が茶菓子に使われて、秀吉に気に入られたとか。創業天正年間って、すごいなぁ。
 そういえば、ちょいと前なんですけど、「黄金太閤」読み終わりました。本当は、唐入りにおける小西の和平交渉は、秀吉の許可済み、もしくは命令だったんじゃないのか?という説が興味深かったです。これだけで、そうだと断言は出来ないんですけど、通説を見直すきっかけにはなるんじゃないかなぁと。今までの、小西が秀吉を騙して和平に動いた、じゃ説明のつかないことが、確かに幾つかあったので。日本側の史料だけじゃなく、あちらさん側の史料を用いているのも面白かったです。この本に載っていたわけではないのですけど、朝鮮の重臣だった金誠一さんの書いた「鶴峯集」だと、「倭奴幾ばくもなし、半ばは叛民、極めて寒心すべし」と書いてあったり、朝鮮の奴隷階級の人たちが協力したりしたらしいので、唐入りについてもっと研究が進むことを期待。
 「黄金太閤」を読んじゃうと、秀吉が晩年耄碌してたとは思えないんだよなぁ…むしろ、手は尽くしたけど、万策尽きた感が。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<色々妄想してみた | TOP | つまみ食い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/262-3d9677a7

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。