何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/07 (Sun) 色々妄想してみた


 伊木さんのことなんですけど、慶長四年の、五大老連署の所領に関する書状の一つにある「伊木七右衛門入道」宛の書状は、伊木さんあてのものなのかな。ということは、伊木さん、入道って、え、出家済み?わ、分からん←
 あと、それから、伊木さんって幸村の監視に付けられた人なのかなぁと思ってたんですけど、「落穂集」だと、幸村が、出丸が出来た時に、誰か相談出来る人が欲しいと願って与えられたのが伊木さんだということになっています。今のところ、伊木さんが幸村の監視だったというものを見つけていないので、個人的には、「落穂集」を信じたいところですが……。「幸村を本当の味方だと思うなんて、上の判断間違ってるぜ!」的な噂が城中で流れたと、三人衆が五人衆になったよ!な「落穂集」に載っている話の中にあったので、その上の中に、治長が入っていることは確かだとすると、幸村に監視を付けるかなぁと。ぶっちゃけ、治純の存在がある時点で、治長に幸村を疑う資格は無いと思います先生← 弟が現役徳川旗本で、うろちょろ城中出入りしていて、おまけに慶長19年の6月に駿府まで家康へお礼をしにいった元徳川旗本の男が、人の内通を疑うって、ちょ、おま、的な。ただ、治長は心の底から牢人衆を信じてもいなかったのかなと。七手組頭達の内通を疑って、組頭達には、一人も牢人を付けさせなかったとしているものもありますし。伊藤さんとか伊藤さんとか伊藤さんとかいたしね!(…) ほんと、伊藤さんの面の皮の厚さには感服です…。幸村内通してんじゃねぇの?な噂を流したのが伊藤さんだと滾るなぁ。伊藤さんは手段を選ばない人だと良いよ。
 七手組頭達を、はやいとこ出してみたいです。特に伊藤さん。片桐さんに、心の底から懐いてる妄想が、ちょいと。ぶっちゃけ、青柳のお父さんが、片桐さん派だった七手組頭の一人な頼包さんで、重成が片桐さん殺す!な内の一人だったことを考えると、良く結婚出来たなあの二人と思います。あれか、結婚に反対する頼包さんを大蔵さんが捩じ伏せry……茶々とか秀頼の執り成しがあったんだよねきっと!うん!←

 

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<彼と彼 | TOP | 餅>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/263-9df7299a

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。