何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/14 (Sun) 話してみた


 今日、父親と色々話してたんですけど、秀次切腹のことに関して話が及びまして。取り敢えず、親子揃って、秀吉の、秀次妻子三十人越え殺しにうんうん悩んでました← 何で、あそこまでしたんだろうねぇと。秀吉が耄碌してたからだよ!で話を済ませるのは簡単なんですけど、それではなんというか、納得出来ないというか(めんどくさい奴だな) 取り敢えず、秀吉は秀次の謀反を本気で信じてたんじゃねぇの?という憶測が立ったりしました。秀次が謀反する=秀頼が殺される、という公式が秀吉の頭に出来あがって、その憎悪みたいな奴が、秀次の妻子達に向けられちゃったんじゃないのかなぁと。秀頼に家督を渡したいから、謀反の罪をでっち上げて秀次を殺したわけじゃなく、秀次が秀頼を殺すのを恐れて殺した、みたいな。秀次だけ殺してたら、秀頼に家督を渡したいから、だけで納得出来るんですけど……。秀吉の、秀頼溺愛ぶりを見るに、秀頼に危険を及ぼす人間(例えそれが誤解だとしても)には、容赦しないんじゃない?な感じで、はい!← 
 歴史にIFは無いですけど、秀次が生きていたらどうなってたんでしょうね。どっちにしろ、豊臣は弱体化するよと、父親には切って捨てられましたが。まぁ……うん、家督争いが発生する可能性は零とは言い切れないよね……家が弱体化する理由って、大体が家督争いだし。前当主の幼い実子なんて、担ぎあげるには丁度良すぎるし。名目上秀頼を担ぐ家康VS秀次っていう図式になってたりして(どうだろう)
 ちょいと、脳内で秀次の設定を妄想してたら、どう文化人文化人脳内で唱えても、近所の気の良い兄ちゃんにしかならない!←

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<欠乏症 | TOP | 事典で諸々>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/270-533b1164

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。