何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/03 (Sat) ラッシュ


そういえば、あともう少しで大坂面子怒涛の命日ラッシュが来るんですね(ラッシュ言うな) 六日が又兵衛と重成で、七日が幸村で、八日が茶々・秀頼と、治長勝永治徳大助勝家大蔵さん含む三十二義士の人たちって感じかしら。んで、盛親がちょいと遅れて十五日と。治胤は六月二十七日って随分粘ったなぁ…。日付とかは新暦じゃなくて旧歴の、ですが…青柳も、重成の一周忌をやった直後に自害したのならやっぱり六日が命日なのかな。山里曲輪に籠っていた人たちの自害する八日に合わせて、何やらアップしてみたいなぁ。い、言うだけならタダだよね!?←

そんなこんなで(どんなだ) ちょっと今日、「茶々と秀吉」を読み返したんですが……毎度思うんだけど、この本に出てくる治長の美少年っぷりと純情ぶりは異常。いや、非常に萌えるとも言う。登場シーンの描写が、明らか美少女に使うべき単語が揃ってますからね!「肌が抜けるように白く」「唇も赤みが差して」とかな!一瞬、茶々が女と見間違う程の美少年らしいです治長← うん、でもこの治長の純情ぶりは素晴らしいというかやっぱり治長というか。茶々が秀吉を想って口付けた松ぼっくりを、こっそり拾って大切に持ってるなんて芸当は治長にしかできないと思う(お前)

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<本感想 | TOP | 墓参り>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/29-369ae0a4

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。