何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/01 (Tue) とある修理について


 私のバイブル← 「歴/史/と/文/芸/の/間/」に気づくと勝手に手が伸びてるんですが、何度読んでもそこに書いてる、カピタノ・デル・グラン・バタリオネ(大軍隊の司令官)って耶蘇会年報にて治長が称されたってことに、萌えざるを得ない。畜生、なんだその格好良い肩書き!治長の癖に!← そして治長は出血をしすぎだと思う。どんだけ血流してんのよこの子(失神するまでです)(そうでした) ……ていうか、無理して馬駆って、帰ってきたら傷口ひらきすぎて出血しすぎで失神って…どこまで治長なんだお前は……。取り合えず、出血しすぎだったり失神したり、米村さんが鯛持って帰ってきたら大喜びで料理し出しちゃったり、片桐さんに飼ってた虫呼ばわりされてた治長を、応援しようと思います。何だこの子は本当に。でも、豊内記によると、以下物凄く意訳、

「修理って心が広くて才能はあるんだけどさー、心が広すぎるっつーの?当たり前の礼儀ってもんを知らないんだよねー。おまけに、屋敷飾り立てたり珍しいもので遊んだり、色好みで遊宴しすぎだっつの。簡単に言うなら傍若無人って奴だね」

 な、人だったらしいです(…
つまり、毎日が無礼講だゼ!な人だったってことか…うん。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<小劇場・1(クイ) | TOP | 諸事もろもろ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/3-4b98c3ff

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。