何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/16 (Fri) お公家さん


 冬の陣で、11月25日に、勅使の公家さん達が家康の陣を目指して京都を発ってるんですけど、その人達の見送りに来ていた人の中に、持明院基久さんの名前がありまして。こう、なんとも言えない気分になりました。持明院さんもまさか、一年も経たない内に、自分が勅使の人たちの向う大坂の地で討ち死にするとは思ってもみなかったろうなと。しかも、城方として。いや、でも意外と予感とかはしてたのかしら。おおおおお、持明院さんのことを深く考えると、何とも居た堪れない気持ちになるので止めておきます← 本当に、何で割と良い所の公家なのに夏の陣で城に籠ったんだろう。おまけに、配属されたのが幸村の隊で、討ち死にだものなぁ…。持明院さんの存在を知ったことで、公家の人たちに対するイメージが変わったと言いますか。豊臣家も摂関家なんで、公家っちゃー公家なんですが←
 持明院さんの城方へついた理由、誰か日記に書いてないかな…時慶さーん!(無茶言うな)

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<現し世十題 | TOP | ぷち改装?のようなそうでもないような。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/300-47e8212f

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。