何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/24 (Sat) 何かごちゃっと


 六角繋がりで、近畿辺りの名家についてを、薄く浅く、ちょこちょこ読んでみたりしてるんですが、北畠家についてもちょっと読みまして。北畠時代の信雄のことを妄想したら、ちょっとだけ鬱になった(…) というか、良く考えたら、何か、この子、重い← 具教さんを討った時、どんな気分だったんだろう。何か「狂気の父を敬え」が読みたくなってきました。……ちょっと気になってたりします、この本。そんでもって、信雄の嫁になった、具教さんの娘・雪という人と、信雄の間に生まれたのが小姫という説を見ました。具教さんの嫁さんは定頼の娘なので、雪さんがもしも定頼娘の子だったら、小姫は六角の血を引いているということにもなるわけで……萌える← 秀吉の養子達の中で、北畠+六角な、一番良いとこの血を引いてることにもなりますが。智仁親王は別次元なので除きます(お前)
 具教さんを討った時の信雄の気持ちとか、一族を総殺しにした男に付き従い続ける雪さんの気持ちとか考えてしまいますと、その、うん!(…)
 ちょっと飛びますが、安土城内に、定頼を祀る江雲寺御殿というものを、信様は建設していたらしいです。……何で?← 信様の母親は六角氏という説もあるらしいので、そこら辺とも関係あるのかな。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<妙心寺展 | TOP | 拍手お返事>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/309-9a514fd4

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。