何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/03 (Tue) ちょっと遡り



 興味のある戦国時代の項目だけ読んで放置していた「北畠太平記」ですが(…) ようやく、最初から読み始めてみました。南北朝のちょっと前、鎌倉幕府を滅ぼす辺りから始まるのですけど、名前の分からない人がたくさんで、あわわわなことになってました← でも、北畠顕家が格好良すぎます。い、今までこの人のことを知らなかったなんて…!ちょっとだけ、何故か重成とイメージがだぶります。忠義に生きて、若くして戦死したからかな。重成の享年が22歳で、顕家の享年が21歳? 顕家の方が、重成よりちょっと苛烈な性格してそうな気はしますけど。
 でも、やっぱり気になるのはこの時代の六角でして(…) 時信さんが、ガチでこの時代を生きた人なのかな。道誉さんに苦手意識持ってたらちょっと萌える。何となく(何となくかよ) 時信さんの子の氏頼も可愛いというか、板挟みになったからって出家しちゃうのあなた!?なところが、すごく← 若い頃がエリート街道驀進中な感じだったらしいので、いっそ、逆境に立たされるとぽっきり折れやすい感じで良いんではないでしょうか。
 といっても、南北朝まで手を出す体力は無いのですけども!(お前)

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<怪女と呼ばれた人 | TOP | 本感想>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/349-b34ccc42

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。