何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/23 (Mon) 五十三の家



 お金的な問題で(…) 発売日に届かなかった志方さんとZektbachのアルバムが今日届きまして!うぇっへっへなによによ笑いが止まりません。もう、両方とも神過ぎる。ただ、志方さんのアルバムに入ってた「埋火」が、家康→秀吉に聞こえた私はきっと病気なんだろうと思う(そうだろうよ) もしくは、光秀→信様(…) な、何かそんな感じ!(どんなだ) 

 話は変わりまして、野良田の戦いよりも前、肥田城の水攻めに失敗した義弼に、どこぞの石がついて三のつく名前の人を思い出した私はきっと間違っていない筈←
 そんでもって、ネットを漁っていたら甲賀五十三家の一覧を載せてくれているサイト様を見つけたのですが、色々と名前を見ていくと面白いです。五十三家の一つに入ってる多羅尾氏っていうのは、片桐さんの家臣で、冬の陣の前哨戦みたいな小競り合いで、槙島さん、治長、又兵衛の組の人たちに攻められて自害した多羅尾さんの一族なのかなぁとか。あと、五十三家の一つの大野氏に無駄に反応してしまったり。多分、治長のとこの大野氏とは関係無いのでしょうけども!いや、でもこの大野氏の庶流が丹後に流れたとか…無いか(だろうよ) 中村一氏が、ちょこちょこ忍者な感じで描かれる理由がいまいち良くわかっていなかったんですが、五十三家の一つである滝家の出身という説があったんですね。知らなかった(お前) 
 五十三家の杉谷家の人間である杉谷善住坊が、撤退する信様を狙撃出来たのは、やっぱり事前に浅井が朝倉に付くっていう情報を得てたからなんですよね。となると、善住坊に狙撃を命じたと思われる義賢と義弼は、事前にその情報を得ていたってことでオケなのかしら。個人的には、前にも書いた、久政を説得したのが義賢という話を推したげふんごふん。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<気になる一品 | TOP | 長政と義弼妄想>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/366-86928123

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。