何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/04/08 (Wed) まとまりの無い話



 蜜木なつさんと、ちょっと一緒にお昼を食べに行きました。ですが!長々と(三時間位?)(…)語った話などは、なつさんがなつさんのサイトの方に書いてくれると思うので!← 昨日からちょっと書きたくてうずうずしてたことを書いてしまいます!←←

 昨日、図書館で大日本史料を漁ってみまして!糺が…糺が…せ、成長したね!って頭を撫でたくなった(…) 北川宣勝さんの書いた「北川遺書」に、道明寺というよりも誉田の時のことが書いてあったんです。もう又兵衛と薄田さんの二人は討ち死にした後で、遅れてやってきた人たちの隊と、水野の勝成さんの隊+伊達隊が衝突した時、水野さんの隊に追い詰められて、死を覚悟した北川さんの隊の様子に気づいた糺が「次郎兵衛(北川さんの通称)を殺すな!」って叫びながら兵を率いて突っ込んできたって……っ!しかも、互角の戦いに持っていくとか!「北川遺書」によると、糺が深手を負ったのはこの時だとか。鉄砲が胸に当たったとのことですから、流れ弾にあたったか、向こうのスナイパー(…)にやられでもしたのかな。ただ、別のだと伊達隊と交戦中に深手を負ったともされていて、どっちが正しいかは分かりませんが、個人的には、水野隊と戦ってる時かなぁと。何となく← あ!それから、ちょっと前の日記で、糺が幸村に対して「見捨ててくれ」発言したと書きましたが、例の如く記憶にフィルターがかかっていたようで(お前) 改めて読み返してみたら、深手を負った糺は、後ろからやってくる幸村の隊の邪魔になりたくなくて、横に退くっていうのを幸村に伝えただけだったみたいです。ほんと、どうフィルターをかけたら「見捨ててくれ!」になるのか自分でも分からないのですが…でも、殆どが牢人で構成されている隊を、スムーズに横へ移動させた糺の手腕はやっぱり凄いよなぁと。幸村も感謝の言葉を返してたし。
 鴫野の時の糺と、誉田の時の糺を比べると、本当に成長したなぁな感慨に耽ってしまいます。鴫野の時は初陣だったから、それから誉田までの間に、物凄いスピードで色々飲みこんでいったんだろうけど。やっぱり私、糺が好きみたいです。北川さんを助けに行った時のことを書いた所読んだら、危うく泣きそうになったとか(…) あと、こういう糺の行動を見るに、牢人と譜代の対立がますます疑わしくなるというか。北川さんは牢人衆の人だし、糺は言わずもがなバリバリ譜代も譜代だし、そんな糺が「次郎兵衛を殺すな!」って叫びながら突っ込んでくるのは、やっぱり対立とかしてなかったからじゃないかなぁと。勿論、個人的に反目しあってる人たちもいたでしょうが、牢人譜代関係無かったんじゃないのかな。反目し合ってる人は牢人同士でも反目してただろうし、譜代でも譜代どうしで反目しあってる人もいただろうし。ぶっちゃけ、1:9(譜代1:牢人9)の割合だったであろう城中だと、人数の多い牢人同士の方が自然対立し合ってそうな感じがしますけどね。
 そんでもって!又兵衛の子供ですが「細川家記」だと、一意が長男で良い…のか?後藤佐太郎一意とありましたが、どうなんだろ。ちょっとメモしてくるのを忘れたんで、細かくは覚えてないんですが!又兵衛の子供は細川家に仕えてたり毛利家にいたり寺に入っていたり、バリエーション豊かでした。又兵衛繋がりで、明石さん嫁のお父さん(もしくはお兄さんor弟?)で、又兵衛の下で戦い戦死した古澤四郎兵衛さんは、又兵衛の死を知って敵に突っ込んでいくという行動から、大分又兵衛大好き!な感じがするんで、昔からの又兵衛の知り合いだったりするのかな。明石さんが黒田家に一時期身を寄せていたのは、嫁さんの血縁を頼ってという話を聞いたことがあるようなーないようなー…なあやふやな記憶で申し訳ないのですけども、古澤家が黒田家と親戚で、四郎兵衛さんは又兵衛と仲が良くて、又兵衛の出奔に一緒に付いてきたりとかなのかなぁとか妄想が止まりません←
 あと又兵衛繋がりでもう一つ、「安積文書」という史料に収載されている5月7日付けの書状に、生き残った又兵衛隊の人たちの処遇に対するものがありまして。又兵衛の生き残った組中の人たちが、治長の隊に属するよう命じられていることに、暫く動けなくなるほど滾りました。……そうか、又兵衛の組だった人は、最終決戦では治長の所で戦ったんだ、と。この手紙の宛名になっている安積さんという人のことがちょっと分からないか、ごちゃごちゃ漁ってみようかと。



 最後になってしまってちょっとあれなんですが!なつさんが小西を描いてくれたんで!追記にのっけさせてもらいます。ちなみに、です。裸でも構わない!なつさんの素敵な絵が見たいんだ!という方、追記へどぞ!





蜜小西

 ……すごく、小西です。
 なつさん、有難う!


スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<妄想ぼやき | TOP | 子供ら>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/381-990481ac

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。