何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/15 (Fri) 諸々




 今日は盛親が処刑された日ですね。残すは6月27日の治胤か…。そういえば、冬の陣が終わった後、治房が開戦派だったのは、血気盛んな性格だったからかな?と思うし、盛親が開戦派だったのは、和平のままじゃ土佐が返ってこない、って考えたからかなぁと思うんですが、勝永が開戦派についたのが、何だか意外です。逸話とか読むと大人な感じがするんで、尚更。豊臣家が侮辱された!と感じて、それが許せなかったからか、それとも、もう今更城を出ても、山内家には帰れないからなのか、意味も無く悶々と考えてしまいます←
 それから、物凄く詮無いことなんですけども、勝永の名前が吉政でメジャーにならなかったのが何とも口惜しい!(…) この間、こっそり歴史学科の講義に潜入してきたんです。そうしたら、一字書き出しの話をしておりまして、一字書き出しで家臣に片諱を与える時は、一族の通字でない方を与えるのが普通だと聞きまして(一族同然として扱う、という時は通字を与えるっぽいです) 勝永が秀吉の片諱の「吉」を貰ってたなんて、本当美味しすぎるっていうのに…本当は勝永じゃなくて吉政と呼びたい!だけどきっと吉政じゃ誰にも通じない!←
 大坂繋がりで、「大坂陣山口休庵咄」をまるっとコピーさせてもらいました。こ、こりゃぁちょいちょいやべぇですよ。「明良洪範」に載ってた、糺VS薩摩の人六人!の話のオリジナルがこれなんだろうなぁ、な話が載ってたり(手負いの出雲守さんを看病する糺に暫く放心しました)(…) 城の外でまた何か絡まれたけど、追い払ってたり、きっと純粋な戦闘力が大坂方で一番高かったのは糺なんじゃなかろうかと。指揮能力は別として。


 ここからは、定頼様タイムです(…)


 前々から読みたかった「光源院殿御元服記」をやっと読めました。何かもう、定頼様スゲェ…っ!将軍家から完全な特別扱いをされてるって何事!義輝が元服する時、加冠役を務めたのは知っていましたが、本来その役目は管領がやるべき仕事だけれども、相応しい人がいなくて、定頼様が任じられたそうです。定頼様は何度も断ったみたいですが、厳重な命令が義晴から下ったことで、引き受けたんだとか。儀式の最中に膳が出されたのは、義輝と定頼様だけで、座る位置もいっちゃん義輝に近い!な具合です。それから、定頼様の嫁さんが「呉服前」という名前であるという情報のソースが分からなかったんですが、この「光源院殿御元服記」に定頼様の嫁さんのことを「呉服前」と書いてありました。将軍一家の相手をしたり、色々献上品を進上したりしてるから、政治家の妻としてしっかりした人だったんだろうなぁと。とにかく、読んでる最中興奮が止まりませんでした←
 義輝は定頼様のことお気に入りな気がする。多分(…)

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<現在 | TOP | 企画について>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/418-c4d005bc

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。