何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/17 (Mon) 江北江南コンビ


 ちょっと思い立ったので、追記に義弼+長政でSSS崩れを。凄く、短いです。時間軸的には、1570年辺り。








 咎を受ける行いであったとしても、お前の手を切り落としてやりたい。皮膚も全て剥いでやろう、織田の女が触れた場所は全て削ぎ落してしまえ。そうして穢れを拭い去ったお前の傍に俺はいるからだから、だからだからどうか、どうか。
「深酒はするなと言っただろう。また気持ち悪くなっても知らんぞ」
 俺を膝に転がすお前は、俺が何を願っているかなんて知らない癖に。
狭窄する視界の中、お前は俺を見下ろしてくる眉を寄せた、いかにも心配気な顔つきで。もっと、愚かしくなっていれば良かった。織田の女に誑されて、どうしようもない奴になっていれば良かった。そうすれば俺がお前と織田の女を引き剥がしてやるのに、お前の穢れを全て落としてやれるのに。
 熱を持った瞼が重く垂れさがってくるのを堪え見上げた顔、ねめつける。
「いーんだよ。ここでなきゃ、んな飲まねぇよ」
「右衛門督」
「黙ってお前は膝を貸してろ、備前」
 こんなにも、悔しい。









 「猿夜叉」「亀松」→「新九郎」「四郎」→「備前」「右衛門督」と、どんどん呼び方が疎遠になってってれば良いのではなかろうかと。ただ、うっかり気を抜いてると、お互いに幼名で呼んでしまうとかだと、えらく、萌えます←



 
スポンサーサイト

SSS | trackback(0) | comment(0) |


<<八月十八日 | TOP | 六角>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/487-ffaae35a

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。