何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/09 (Wed) 絵とか振り分けとか


 関ヶ原合わせで何も出来る気がしない……っ!(お前)
正しくは、関ヶ原に関する話をまだ書きたくないのかもしれません。そこに至るまでの脳内で妄想しているあれこれを書けていないので、中途半端な形にしたくないというかなんというか。まだ奴らには、十代二十代で騒いで貰います←
 大坂の役の面子も参加していますけども、五人衆+治長を東軍西軍に振り分けた場合、

 東軍:又兵衛、治長
 西軍:幸村、盛親、勝永、明石さん

 見よ、この東軍二人の孤立感!(…) 治長、福島隊の他、黒田隊に付けられたという話もありますから、もしかしたら又兵衛とこの時に会っていたかもしれません。まさか十四年後、この面子が一緒の城に籠って戦うとは誰も思っていなかったろうなぁと。
 そういえば、大坂城に岩佐右近という人が籠もっていますが、絵師の岩佐又兵衛とは何か関係があるのでしょうか。岩佐という名字は、岩佐又兵衛のお母さんであり、荒木村重さんの別妻だっただしさんの実家の名字らしく。おまけに大坂城には、岩佐又兵衛の師匠だったのではとも考えられている狩野内膳も籠もっていました。何か、ある、ようなないような。岩佐又兵衛の描いた豊国祭礼図は、松平忠直の依頼で描かれたという説もあるのだそうです。色々と妄想出来るネタがちらほらと←

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<戦国に関係無い話 | TOP | 本感想>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/506-9ee46ec7

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。