何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/29 (Tue) 浅井とか井頼とか1490年とか


 茶々の弟と言われる浅井周防守井頼は、夏の陣の五月七日は、勝永の組に属して先手を務めていた模様です。井頼も色々と気になるのですけども……茶々の弟と言われていますが、浅井家の分家で「井」を代々の偏諱にしている家があるのを考えると、そっちの家の人なんじゃ?とも思いますし。何にせよ、あの勝永の先手を務めたということは、七日相当頑張ったんだなぁと。余談ですが、熊之介という息子がいたそうです。
 あと、この間、長益の息子の名前を長頼と書いてましたが、頼長の間違いでした……!本当にすみません!よ、頼が上だった模様です。

 話が飛びますが、1490年間、ほぼ一年ごとに凄まじいのが生まれている件について←

 1491年-畠山義総
 1492年-浅井亮政
 1493年-朝倉孝景
 1494年-斎藤道三
 1495年-六角定頼
 1496年-太原雪斎
 1497年-毛利元就

 私の調べが足りないだけで、まだまだ1490年代生まれの凄い人がいそうで怖いです(…)

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<五月八日の妄想 | TOP | うっかり>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/520-7ccada0c

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。