何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/10/08 (Thu) 三姉妹の本



 『花々の系譜』を読んでます。
茶々達三姉妹が「浅井長政の娘」ということを誇りにしていて、何だか嬉しくなりました。どうしても、やっぱり「織田信長の姪」ということをどの本でも強調されてしまっているような気がするので……。浅井三姉妹には、浅井の姫であることを誇りにして欲しいと思ってる身としては、ふおおおお…!でした。秀吉の妻になってからの浅井の人達に対する保護や、父母である長政と市だけでなく、お祖母様に当たる阿古さんへの供養、浅井家の帰依していた竹生島への弁天さん像の寄進やら何やらを見てみると、茶々はやっぱり織田ではなく、浅井の姫なんだなぁと思います。柴田さんの供養もしていましたけどね。秀吉と敵対した長政や柴田さんの供養をするには、当然秀吉の許可が必要なわけで、そのやり取りをする二人を妄想すると、すごく、頭がぐるぐるします。秀吉は結構あっさり了解してそうな気がしますけれども。秀吉、長政のことも柴田さんのことも、嫌いじゃないと思うというか、長政の戒名が付けられた徳勝寺を長浜城の中に持ってきてますし。柴田さんに関しては、柴田さんの生前は嫌いだったかもしれないですけど、その死後、豊公能で柴田さん主役の悲劇の話を作っている辺り、何かしら「嫌い」やら「敵」やらでは括れないものを抱いていたのではなかろうかと。完全な妄想ですけども!←
 普段は物静かだけれど、時折凛とした声を出す茶々に、もう、きゅんきゅんです← あと、初が茶々のこと大好き過ぎます。ほぼ一日お姉様のこと考えてるよこの子……でも、旦那、旦那のこともちょっと考えてあげて!← 無邪気な江も可愛いです。龍子さんに懐いている小さい頃の江が可愛すぎる…!
 初視点だからでしょうか、あんまり豊臣家の人達と初が直接接する場面が無いので、豊臣家の人達の外面の仮面だけに触れているような感じがします。秀吉にしろ龍子さんにしろ。むしろ、豊臣家の外面にだけ触れているというか。まだまだ三分の一ちょいくらいしか読めていないので、これが今後変わるのかもしれません。今際の際の秀吉が、初へ朱印状を与えたという辺りのことをどう表現されているのか、ちょっと楽しみです。ちなみに、大蔵さんが女版官兵衛と言われていて噴きました。ちょ、大蔵さん!

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<姉である人 | TOP | 本購入>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/528-d04447fa

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。