何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/29 (Tue) 留守連絡とあと色々


 29日から1月3日まで父親の帰省に付き合って香川県まで行ってきます。行き帰りの途中で、太融寺や大阪城に寄ってくれるそうなので、写真やら何やらここにアップ出来たらなぁと。それから丸亀城にも!京極さん家はモッチーの印象があんまりにも濃厚過ぎてむしろモッチー=京極=モッチーという公式が頭の中で大手を振って歩いているので(…) モッチー以降の京極家は、高広高吉が泥沼合戦をやってる辺りまでしか詳しく知らないのですけども、茶々龍子さん古奈さん縁の一族のお城ということで、舐めまわすように眺めてこようと思います。

 最近、治長×嫁妄想が大変痛々しいことになってます(…) 織田家の娘という線が濃い嫁ですが、信包娘だったら小さい頃に会ってるかもと!むしろ幼馴染じゃねぇのかと!茶々と密通したという噂を立てられた治長が宇喜多邸へ避難している頃、嫁はどんな思いで治長を待っていたんだろうやら考えてしまうと、おろおろしてしまいます……。あの噂は茶々だけでなく、治長嫁のことも傷つけたんだろうなぁと。ですが、宇喜多家に匿われていた治長がどんな生活をしていたかも気になります← 明石さんと接触があったんでしょうか、やっぱり。
 微妙に話が飛びますが、大坂城の三人衆が五人衆になったよ!という話で、治長が明石さんも五人衆の一人に加えたいと考えていたのは(又兵衛は『三川記』を考えると納得として)、関ヶ原で明石さんの手腕を身をもって知ったからかもしれません。家康曰く「御宿勘兵衛と後藤又兵衛以外、怖い牢人はいないよ!」という評価だったにもかかわらず、御宿さんではなく、明石さんを五人衆へ加えたいと考えていたのは、やっぱり。関ヶ原の時の大坂面子も色々と妄想のし甲斐がありますね。……又兵衛と治長しか東軍がいませんが(…)

 ということで(どういうことでだ) 行ってきます!

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<帰還報告 | TOP | 譜代本一部抜粋>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/573-a90b76c7

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。