何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/17 (Wed) お茶会



 お茶会をしてきました!格式ばった、お客様を呼ぶためのお茶会ではなく、幹部の役目を終えた部の先輩方へお疲れ様!な意味合いをこめた身内だけのお茶会だったので、好きなように色々出来て楽しかったです。戦国時代のお茶会も、秀吉が「お前それコントだろ」と言いたくなる展開を用意したお茶会をひらいたりしていたので、こんな風にわくわくしながら、使うお道具や他にも諸々考えていたのかなぁと思うと、意味も無く嬉しくなってしまいますね。いや、本当にフリーダムに道具立てやら軸やらを部の同僚と考えたものでして!床に飾る掛け軸というか、色紙は「お触り禁止」と書かれたものですし、茶を立てる亭主はブリーフ一丁ですし。後見役の男子は女装で、滅茶苦茶ミニのスカートをはかせました(…) 笑ってしまったお客役の先輩方には、一度笑うごとに地獄のようにどろっどろに点てた濃茶を一杯、飲みほして頂く感じで、はい。楽しかったですね!(いい笑顔)(…)
 点前に使ったお道具のうち、茶杓は私が削って作ったものを使わせました← 銘は「女体」です。ぼ、ボンキュボンな茶杓に仕上がったんですよ!玉ぶりぶりに比べたら大分マシなネーミングセンスじゃないですかね!?
 部で行う正式なお茶会での道具立てには、専門の部署の人達が当たるので私はノータッチですし、当然こんなふざけたものには出来ないわけでして。最初で最後の、来て下さるお客様が喜ぶ姿を考えながら色々用意する「お茶会」が、こんなに楽しいとは思いませんでした。お茶会で趣向を凝らしてばかりだった秀吉も、来るお客さんが喜んだり、驚いたりする姿が見たかったのかな、やら考えてしまいます。

 そういえば、大分前からやってる長谷川等伯展に行きたくて仕方がないです…!ぅぉおおお、じ、時間がぁああ!

スポンサーサイト

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


<<拍手お返事 | TOP | 最後に残るのは>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/596-370e16f9

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。