何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/11 (Thu) 拍手お返事




 拍手を押して下さり有難う御座います!
 追記にブログ拍手お返事をば。









 蜜木なつさん→うん、行ってきたよー。行くなら、心してかかった方が良いかも。人が凄くて、おいちゃん人酔いしそうになっちゃったよ。お勧めは、やっぱり萩芒図なんだけど、花鳥図も良かったよ。金碧画じゃない方。色の感じがミュシャっぽくて、落ち着く色合いだったかな。近代の人が描いたって言われたら、納得しちゃいそう。
 で、そう、その牧田合戦なんだけどね、なつさんのコメントをヒントに検索をかけてみたんだけど、がっつり定頼様が小谷城を攻めてる時と時期が被ってるんだよね……。もしくは、亮政が美濃に避難してる頃。亮政が朝倉と同盟していたっていう通説を信じるのなら、避難ついでに土岐を攻めてみたよ!な見方も出来るかもなんだけど、多分朝倉は六角の味方をしていたから、土岐は浅井を保護する側なはずなんだよね。つまり、朝倉は浅井にとっての敵になるわけで。そうなると、浅井と朝倉が美濃に侵入して、浅井・朝倉VS土岐という構図となったんじゃなくて、浅井・土岐VS朝倉な構図が「牧田合戦」じゃなかったのかな、という気もする。朝倉は、美濃に逃げた亮政を追って、美濃にまで侵入してきたから、その可能性はあると思う。
 その牧田合戦の月日に関してはネットでの情報しか無いからあれなんだけど、多分、当時の亮政に土岐とまで戦をする余力は無かったんじゃないかなぁと。推測ばっかでごめんなんだけど!


スポンサーサイト

連絡事項 | trackback(0) | comment(0) |


<<六角でごちゃっと | TOP | 行ってきましたその2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/612-a06ee210

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。