何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/10 (Sat) 百年華影ぷち人物紹介


 「百年華影」がやっと更新出来ました。人物紹介が追い付いていない有様なので(…) ここで、簡単に登場した人物の解説をさせて下さい。

 浅井亮政:浅井三代の一代目。長政のお祖父ちゃん。拙宅では、久政の実父は六角義久なので、義理のお祖父ちゃんということで。百年華影一章の0話の段階では、まだまだ浅井は湖北の一国人に過ぎません。この数年後、六角定頼との十数年に渡る殺し合いが始まります。

 井口経元:又八郎と、話の中で呼ばれていた人物です。後の官名は弾正忠。長政の母親である阿古さんの父親。つまり、長政のお祖父ちゃん。井口氏は浅井氏と同じく、京極被官の国人でした。京極氏の内紛により台頭する浅井氏を支持し、亮政の重臣となります。六角と浅井の激戦が繰り広げられた箕浦の戦いで、亮政の身代わりとなり討ち死にしたという話が残っています。
 拙宅では、幼い頃から亮政と共に野山を駆けまわっていた幼馴染設定で。

 六角定頼:出家していた頃の名前は、江月斎承亀。官名は弾正忠。兄・氏綱が病床となった為、入寺していた相国寺から近江へ帰ってきました。兄と父の死後は、兄の遺児である義久の後見として手腕を振るいます。幕府内において、強い発言力を有しました。

 進藤貞治:話の中では新介と呼ばれています。後の官名は山城守。六角家の重臣として、定頼の手足となり動いていた人物です。本願寺への使いや、寺社への使いなど、様々な場所で進藤貞治の名を目にします。恐らく、六角定頼にとって腹心と呼べる存在ではなかったかと。

 以前の記事で、伊庭の乱の際、浅井が裏で伊庭を支援していた説があると書きましたが、ここでは浅井は関与していないという方向で!浅井が関与していても面白かったのですけども、やっぱりこの時期の浅井はそこまで力が無い方が、逆にきゅんと…はい←

 

スポンサーサイト

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


<<拍手お返事 | TOP | あったら良いなの話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/629-a93bfc33

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。