何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/06/10 (Tue) 頭が膿んだ以下略



時慶卿記をまた、図書館で読んでみたんですが、関ヶ原の後孝蔵主が大津城に留め置かれてた期間と、捕まった三成が大津城門前に晒されてた期間って被って無いか…?うああああ…孝蔵主の留め置かれてた部屋から、門前の三成が見えてたりしたら切なすぎてやばい。いや、多分距離とか広さ的に見えなかったんだろうけども。改めてやっぱり、孝蔵主と三成の組み合わせ好き過ぎる。多分、秀吉存命中の豊臣政権で、機嫌を取らなくちゃならない人ツートップだと思われる← 特に孝蔵主は、利休亡きあと、内々のことは孝蔵主に、とまで言われてたらしいし。しかも、贈られてくる贈答品の多さが異常。その分、さぞかし二人とも陰では嫌われ者だったんだろうなぁ、そんでもって二人とも、だから?な態度だったんだろうなぁ萌える。うん、孝蔵主と三成の組み合わせに萌える理由が分かった。背中合わせな感じが堪らないんだと思われます。背中合わせで絶対に馴れあわないような関係で、孝蔵主が三成の娘を直江に預けたり、他の娘の面倒を見たのは最初で最後の甘さみたいな。はい←

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<すごくどうでも良いこと | TOP | 残された子>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/64-799c6ba2

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。