何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/17 (Thu) 8月2日


 慶長九年の八月二日に、豊国社で湯立を行った人々の顔ぶれに、きゅんとしてしましました。ねねが社参したとしか書かれていないので、ねねが他の面々の祈願を、代わりにお願いしたいのかなぁと。政所(ねね)、松丸殿(龍子さん)、備前様(多分豪)、万里小路内儀(摩阿)ときてしまったら、もう、ふぉおおとなるしか。しかし、同じく湯立てを行った「中納言殿」という人が気になります。い、一体誰なのあなた…!
 秀家が八丈島に流された後も、備前様(=秀家の妻)として在り続けたのだろう豪のことと、この一年後に死没してしまう摩阿のことを考えると、切な過ぎて腹がもぎれる(…) 秀吉と摩阿の文通時代が地味に好きです。14歳の小娘と文通から始める天下人www 大好きだ、殿下。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<砂でつくった奇跡です | TOP | 直政と明石さん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/662-27468f38

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。