何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/07/08 (Thu) カラータイマーが唸る!叫ぶ!(…)



 コピーしてきた史料の中で、又兵衛と治長が絡んでるところだけを重点的に読んでによによしてました(…) そうでもしないとね!もうね!カラータイマーが悲鳴あげてるんだよ!三分どころか三十秒で二次元と言う名の故郷に帰りたくなっちゃうんですよ!レポートなんて滅びてしまえば良いのに。七夕?何それ、美味しいの? もうね、七夕ってる心の余裕が無いですよ!(落ちつけ)
 かろうじて、又治への萌えで今のところほそぼそと生きながらえています。
 やったらめったら一緒にいるこの二人が愛おしくて仕方ありません。又兵衛と治長二人揃って七手組の案に異を唱えているのとか、お前ら…!です。又兵衛が治長を通して、自分の案を秀頼へ上申してもらうのと、治長が又兵衛へ相談した結果を秀頼へ上申するというのが、もはやパターン化してないかこれ(…) てんどんか。てんどんなのか。『長沢聞書』ですと、治長のネタや重成のネタが結構他の人達に比べると出てくるような気がするのですが、それだけ治長や重成は又兵衛にとって身近な存在だったのかなぁと思うと、ちょっとによっとします。単にフィルターかかって多いように思えてるだけなのかもしれませんが!(多分そうだよ) いえ『長沢聞書』ですと、今福の戦い前哨戦で小競り合いがあったことを知った又兵衛が、真っ先に呼び寄せたのが治長と重成だったので……。真っ先にこの二人かよ、みたいな。
 又兵衛がお友達から貰った蜜柑は、大坂の皆で食べてれば良いと思います。
 しかし後藤又兵衛正親って誰だ……。諱大坂に入城してから変えた疑惑ですよ又兵衛さん。

 
 

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<ライトな小説の話 | TOP | 手にするは薔薇と糸杉>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/674-b1b32577

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。