何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/08/06 (Fri) 帰還報告等々


 只今帰って参りました!もう足首と膝がひーひー言ってます……お菓子なんて暫く口にしたくないです← でも、親指の感覚が数日戻らなかった去年に比べると、まだマシかもしれません。
 四泊五日の合宿を耐えるために、ひたすら妄想スキルに磨きをかけていました。お陰さまで、合宿中は秀吉時代の豊臣家の波と、大坂の波と、戦国まっただ中近江の波が交互にきている状態で頭の中がえらいことに(…) とにかく今は、六角と浅井の波がきております…!改めて、浅井の相手役は六角しかない!と無駄に確信してますすみません疲れてるんです。どこかに義弼と長政がきゃっきゃしてる小説転がってないですかね(無茶言うな) 信様と長政がアッーな仲な小説があるという話は知っているんですけれども、長政の心を占めていたのは信様ではなく義弼だと主張したい私は所詮単なる六角好きです(…)
 義弼の生まれた年を二パターン見かけるので、長政の生まれた年と同じ1545年生まれ説で突っ込んでいこうかと思います。義弼と長政の二人が同じ年に、観音寺城で生まれたかと思うと、えらく滾るものがあります。いや、義弼は箕作城生まれかもしれないんですけれども!何かこう、ひたすらに切なくなってしまいます。大坂の若い連中を妄想する時とはまた別の切なさと言いますか!義弼が一方的に長政に絡んでいるようにみせかけて、実は共依存な関係で妄想してしまってます。織田から離反するよう、浅井を説得したのは六角だと信じていますので(…) そこら辺で色々考えてしまいますと、はい。ということで、誰か私に長政×義弼を恵んで下さい← 野良田の戦いが起こった後の義弼の荒れっぷりを妄想するのが、最近の楽しみです(お前)

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<Couldn't put Humpty together again. | TOP | 失踪予告>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/683-0e1e7860

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。