何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/19 (Sun) 『イエズス会日本報告書』曰く


紀伊様の運営なさっている「萩の御前」様の記事にて、茶々の人柄に触れている史料が存在することを、初めて知りました。いつもいつも勉強させて下さり、有難うございます!
『十六・十七世紀イエズス会日本報告書』という史料がそれで、キリシタンである信長の娘が茶々と仲が良く、常に茶々の傍らにいたことから、人柄についても書き記されているらしいです。
何でも『十六・十七世紀イエズス会日本報告書』曰く、茶々は「善良な性格で」「喜捨や慈善事業に熱心」だったそうです。………ますます私の中の茶々のイメージが菩薩様になっていくんですけど………。特にキリシタンだったわけではなく、むしろ熱心な仏教徒だった茶々に対してそう記しているのですから、信憑性はあるんじゃないかなぁと思います。
そして、大坂の役の際、人質として大坂城に送られていた明石さんの次女「レジイナ」を可愛がっていて、戦が一段落したら、しかるべき所へ嫁がせてあげようと考えていたそうです。何となく、このレジイナが、浅井直政の奥さんになった人なんじゃないかなと、ちょっと思います。冬の陣が講和で落ち着いた頃に、茶々の取り持ちで直政とレジイナが結婚したのなら、辻褄が合うような気がします。直接、その史料を読んだわけではないので、何とも言えないのですけれども………ううう、読みたい。
残された行跡から推測して「菩薩のような人だったんだろうなぁ」と思っていた茶々の人柄が、当時の史料として「善良な性格の、喜捨や慈善事業に熱心な人」と書かれ存在していることは、とても嬉しいです。

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(4) |


<<生存報告 | TOP | 積み上げられた悲劇よりも>>

comment











管理人のみ閲覧OK


海津局 

不完全な考察記事(というかつぶやき記事)にもかかわらず、いつもご紹介いただき、ありがとうございます。

なるほど。確かに直政の妻その人かもしれませんね…
レジイナのその後について、イエズス会日本報告書の書き方は非常にあいまいです。
城を逃れ、さまざまな経緯で家康に弁明し、釈放されたあと信仰に生きたという書き方です。
兄弟は五人あったが、一人は殉教し、四人が生きているとのこと。息子として知られる二人、長女、レジイナでしょうか。

干身さんの記事を拝読してから、鶴千代一家について気になりだし、どうも年代のつじつまが合わないことに気がついて夜も眠れません…。鶴千代と海津局、もしくは海津局と直政の間に一代足りない気がして仕方がないです…
海津局は本当に鶴千代の長女だったのでしょうか…。鶴千代―饗庭局―海津局―直政…ってことはないでしょうか…

全然考えがまとまっていなくてすみません。

2011/06/20 16:58 | 紀伊 [ 編集 ]


Re: 海津局 


 返信が遅れてしまってすみません!紀伊様の書かれるご考察はとても勉強になるものばかりのですので、是非ともブログでも紹介したいなと!いつも勝手にやらかしてしまって、申し訳ないです。
 『イエズス会日本報告書』の内容も、教えて下さり有難うございます。確かに、物凄くふわっとしてますね……どの時点でそうなって、何をどうしてどの場所でそうなるに至ったのかがはっきりしないと、考察のしようがないですもんね……。一体、どこで信仰に生きていたのレジイナさん!といった気持です(笑) 恐らく、紀伊様のおっしゃる通り、息子二人に、カタリナ、レジイナのことだろうと、私も思います。しかし、この殉教した一人ってどなたなんでしょうね。周りに明石家について詳しい人がいれば良いのですが……

 そして、海津局と直政の件ですが、大坂城を出た後の直政が「督を憚り、外戚の姓である三好を名乗った」という『寛政修重諸家譜』の内容について、ずーっと考えていたんです。どこから「外戚の姓である三好」はきたんだろうなぁと。もしかしたら、直政の実母は海津局ではなく、三好氏の女性だったのでは?というのが私の考えです。なので、直政が生まれた年の海津局の年齢が、閉経を迎える頃の年齢であっても問題はないのでは、とも思います。
 でも、紀伊様の提示された「鶴千代―饗庭局―海津局―直政」という可能性も十分あり得ますので、悩みますね……。ツイッターで紀伊様が書かれていた「海津局が二人いた」というお考えには、おおおお!と思いましたし! 海津尼の謎が解ければ、何かしら浮かんできそうなきがするようなしないいような………お役に立てずすみません!

2011/06/22 06:08 | 干身@乙式 [ 編集 ]


たびたび失礼いたします。 

こちらこそ、いつもマイナーな話のお相手をしてくださり、感謝してもしきれません。ありがとうございます。

考察といっても、「?」が出発点ですので、途中でよくわからなくなって収拾がついていないことがしばしばです(汗)
そういう時こそ、干身さんのお話を聞いてみたいと思います。いつも、袋小路に立たされたように錯覚している中で、思わぬ見解を教示下さいますので、本当に尊敬しています。

今回のお返事を受けて、これまでのまとめと共に記事に致しました。勝手に干身さんの名前を紹介してしまい申し訳ありません。リンクは張らないほうがいいかな…と判断したのですが、もし問題なければ記事へはらせていただきます。
今のところ、海津局の息子が一人抜けているという仮説になりました。「外戚の姓が三好」と書かれている割に、生母を「浅井明政の娘」としているのは、浅井明政の血を引く子息であるということが重視されていたが故の誤記ではないかと解釈しました。直政や道高に対する江の保護っぷりを見ても、養子というより、血は引いていたんだろうなあという思いがありまして…
またなにかお気づきの点がありましたらご教授くださいませ。

干身さんは、創作ももちろんすばらしいですが、時折挟まれる考察が私にとって目の覚めるようなものばかりです。
第一線に復帰される日をずっとお待ちしております!

そういえば明石全登さんの娘さんはカタリナさんという方がいらっしゃいましたね。お母さんはモニカさんでしたっけ。この姉妹のこともとても気になります。

「海津尼」はますます謎ですね。
蔵屋の血を引く鶴千代と饗庭局母子が、浅井に縁の深い人たちに説得に行くというのはとても整合性があると考えていたのですが…

2011/06/22 23:59 | 紀伊 [ 編集 ]


Re: たびたび失礼いたします。 

 返信が大変遅くなってしまって、本当にすみません!
 そんなそんな、畏れ多いです!思いつくまま、いつも紀伊様に垂れ流しにしてしまっていますので、ご迷惑になっているんじゃないかと、はらはらしてました(笑) 
 そしてリンクの件ですが、そうですね………書いてある内容が、健全とは言い難いものもいくつかありますので、紀伊様のなさったご判断通り、リンクはなさらない方がよろしいかと思います。不健全なものばかり置いていてごめんなさい!といった感じなのですけれども!

 海津局と浅井直政は、直政が海津局の孫なのでは?とのご意見に、なるほど、と思いました。確かに、直政が海津局(浅井宗家)の血を引いていることが強調されている点や、督からの手厚い保護を思うと、直政には浅井宗家の血が流れていると考えられますね。そうなると、直政の父親(海津局と政高の息子)の痕跡がどこかに残されていないか気になってしまいますが、大坂の役が始まる頃には亡くなっていたと考えるのが妥当でしょうか。

 最近めっきり史料も読めなくなってしまって、中々更新もできないのですが、紀伊様のお役に立てるよう頑張っていきますので、これからもよろしくお願い致します!

2011/07/02 14:34 | 干身@乙式 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/716-cec7f5f5

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。