何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/06/24 (Tue) 日記で諸々


 山科言なんちゃらさん(言継さんではない)の日記を読んだら、慶長20年の5月8日は雨だったみたいで…何だろう、視界が滲むんだぜ← 雨とか、雨とか雨とか!情緒的にも程があるだろうが!城から逃げようとして出来なかった死体が、男女共に隙間なく詰まって死体の海と化してた堀にも、燃えた城にも、爆破した蔵にも降ったんだなぁと思うとこう、ね!(知らないよ そういえば、後もうちょっとで旧暦での、治胤命日ですね。その今日読んだ日記だと、道犬じゃなくて、道賢ってされてて、ああそっちが正しいんだなぁと思ったり。確かに普通、自分の名前に犬ってつけたりしないよね。あと、6日に明石さん死んだことにされてて、えええええってちょっとなったりした。冷静になったら、当時は情報が錯綜してたんだろうなぁって分かったけれども。そんでもって、5月の2日に、樫井とかで獲った首が家康の元に送られてきたみたいで、一人図書館で団右衛門ーって叫びそうになった(… 遅れて到着した頃には全部が終わってて、残されてた兵達の死体をその場で燃やしたっていう、樫井の時の治房の心境を妄想すると、何だか色々きゅーんとくる(お前

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<誕生日と命日 | TOP | 頭の膿んだ以下略 孝蔵主編>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/76-a265b748

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。