何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/08 (Tue) 読もうか読むまいかそれが問題だ


 今ちょっと、「城/塞」読もうかどうか悩んでいたりします。大坂の役好きとしては読んでおくべきなのでしょうがいかんせん、しばりょの他の本を読むと茶々に対する書き方がきつすぎて…!そんなへたれた理由故に、今の今まで読めなかったりしたわけなのですが← 治長がめったくそに書かれてるのは、むしろはあはあするんでばっちこいなんですが(お前) どうにも、豊臣方皆好きつつもどちらかというと、譜代衆に目が行ってしまうようです。だから、大坂の役を描いた本って大体牢人衆をメインに置いてるのが多い気がするんで(多分に偏見)、「城/塞」もそうなら、どうしようかなぁと。あ、でも小幡勘兵衛を主人公に置いてる?的な話は聞いたことがあるんで、もしそうなら治房との絡みが多いに期待できるんですが!(絡みって言うな) 小幡×治房は公式だと思げふんごふん。うん!(笑顔) 
にしても、やっぱり何でどうして、治胤ってあんなに治房と行く所が一緒なんだろう…兄弟だからって、あれは流石に……岡山口にまで一緒にいるなんて…可愛いなぁ(結局それか)

スポンサーサイト

戦国的な | trackback(0) | comment(0) |


<<小劇場・3(クイ) | TOP | こそこそ(桐生13)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/9-7f0bf726

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。