何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/18 (Fri) 第二次お茶濁し作戦その十



 ぼーっと図書館で大日本史料漁ってたんですけど、それに載ってた「ロンドン市インド事務省文書」ってので秀頼が、故皇帝様の子 フィダイヤ様 とか書かれてて噴いた。誰だよフィダイアって…!原型留めてねぇよっ。可愛いけど!フィダイヤっていう響きが妙に可愛いけど!いっそ、明石さんには秀頼のことフィダイヤ様って呼ばせるか← んで「東邦に在る使傭人より東インド商會に贈りし書翰」ってので、秀吉が亡皇帝タイクス様とか書かれててちょっとハイカラ気分。明石さん、秀吉のことタイクス様って以下略。
他にも、団右衛門が全体的にのりのりだったりとかな。あいつ命令聞かないってレベルじゃねぇぞ!治房の命令無視されっぷりが、何だかとても清々しかったです(…) 馬乗るなって言ってるのに、勝手に単騎で敵追い散らしに飛び出してくし。それでも、団右衛門は樫井まで治房の下にいるんだよなぁとか考えたら不覚にも萌えました…。団右衛門、治房の屋敷に住みついてりゃ良いんじゃね?治房が屋敷に帰ってきたら、勝手に座敷で寝酒してるとか← 夜討ちの時のこいつら、ものっそい楽しそうで読んでてによによしてくる。他にも、「大坂物語」で七手組頭の案に二人揃って反対する又兵衛治長が可愛すぎた。きゅんきゅん来るなぁもう!


 十日目「仲良き事は美しきかな」 糺+治房というよりも、茶々+大蔵卿+饗庭局+正栄尼でSSS崩れ



 桜木の下眠れる子二人。
「うっふっふー、二人ともこんな所で」
「おやおや、弥一郎の方は鼻血がまだ残っているじゃないか。やんちゃだねぇ」
 はらはらはら舞降る薄片がうっすらと、子らを隠していく様を眺める大人が二人ほど。白い法衣と纏った尼僧と、白い内掛けを纏った女と。そうしてそれからやってくる、
「咎めるという考えが存在しないのですか、貴女方には」
「良い、お袖。権兵衛にも弥一郎にも大事は無いのであろう」
「お方様のいらっしゃるここで、このような不作法な真似をしていることに問題があるので御座います。例え大事に至ったとしても、それは本人たちの自業自得というものに御座いましょう」
 気怠い目をした浅葱色を纏う女、それに付き従う黒を纏った女。青く塗り込められた空の麓に集う大人四人にまったく気づくことなく眠り続ける子供二人は、少しずつ少しずつ白に包まれ埋められ。小さく尼僧が零した吐息は、くすりと緩やかに。
「お袖ちゃん、持ってる白い端切れは何ですかぁ」
 柔和な目に示される、黒を纏う女の手元。
 女が表情を変えずただ、咄嗟と言わんばかりに袖の中へ隠そうとも既に遅く。
「それは聞いてはいけないよ。お袖が照れてしまう」
「私のどこを見たら照れているという判断になるのか、理解に苦しみます。これは、余りに弥一郎が見苦しい様を晒していた際に拭く予定で…」
「大丈夫さ、分かってる分かってる」
 くつくつ喉鳴らす白を纏う女目掛け、淡々とした反論が続く最中尼僧がふぁっとばかりに欠伸を零す最中微かながらもつり上がったのは、気怠い目をした女の口元か。小さく、微かにそれでも確かに。緩やかに波打つ髪を揺らしながら女は立つ、眠る子供らが前に。
「お方様…?」
「面白いものよ。争うておきながら、二人並んで眠っておる」
「まったくですね。弥一郎は、鼻血まで出ているというのに」
「権兵衛ちゃんは、ちょっとお口が切れちゃってますねぇ。うっふっふー、二人ともすごく元気ですよー」
「元気で片をつけますか、貴女は」
 鼻血を流す子供の傍らへ膝をついた黒い女の淡白へ一匙だけ、込められた呆れにも尼僧は柔和な笑みを崩すことなく浅葱を纏う女の、白い喉が上下した。はらり、薄片が一欠けら。
「少しだけ、似ておるの」
 白の羽織を纏うように眠る子供ら青の麓、見下ろす浅葱の女を三対の瞳孔が映しだして。
 しかと、映っているだろう。つり上がる女の唇が。
「そなたらに」
「あらあらあら」
「……私たちは、殴り合いの争いなど致しませぬ」
「少し、と言ったであろう?」
「ま、つまりこういうことさ、お袖」
 青を示す人差し指をぴんと立て白い女はこう言った。


「仲良き事は、美しきかな」


 揺籃の城は、未だたゆたうままに。







第二次お茶濁し作戦終了です!
糺と治房が7、8歳位イメージで、秀頼も千も重成も未だいない頃。
最後、饗庭さんにウィンクさせようかどうしようか迷ったんですが、あんまりにも良心が咎めるので…はい(…) どんどん、饗庭さんのイメージが某アニメの豆腐艦長になっていくんですけどこれどうしましょう。あの人の特技、ウィンク、だから、な!←



 
 
スポンサーサイト

SSS | trackback(0) | comment(0) |


<<オペラ | TOP | 第二次お茶濁し作戦その九>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nanhaki.blog71.fc2.com/tb.php/99-9459879a

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。