何か吐いてみる//
乙式、主に暇人干身がだらだらと萌えに任せて吐き出す場所です。創作戦国について主に吐き出しています。同人、腐要素、注意報常時発令中です。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/11 (Mon) 我身者天下取之娘



糺が光秀の孫(かも)だと………!?
そのような記述が『天正記聞』(=『秀吉事記』?)という史料にあるそうです。紀伊様、本当にいつもいつも有難う御座います…! 正栄尼が浅井長政の庶子かもしれない、とも取れる記述をしている本(not史料)があるので、正栄尼は長政の庶子な可能性があるのねーと思っていたのですが、こういった記述のある史料が存在するとは驚きです。勿論、全てを鵜呑みにするわけではないのですが、しかし、完全に否定する要素もまた、私は持っていません。概略すると、こんな内容だそうです↓

「明智光秀の前妻は、近江永原城主・大炊助の嫡男、仁左衛門の娘だった。光秀とこの女の間には、娘が一人生まれた。この娘は後に秀吉家臣・渡辺昌に嫁ぎ、渡辺糺を生んだ。夫の死後、彼女は尼となり、正栄と号した」

 とのことです。糺や正栄尼の自害の様子も書かれているのですが、こことでは略します。また、この史料によると、
・正栄尼には、糺の他に、ツルという名前の娘もいた(=糺の妹or姉?)
・糺の妻は、牧村利貞の娘
 だそうです。
 とんでもない内容ですので、はわわわとなるしかないのですが、もしも本当だとすると、糺は光秀の孫であり、正栄尼はガラシャの腹違いの姉、ということになりますね………また、糺と興秋が従兄弟ということに。守還俗の働きがけに忠興の名前があったのは、ここら辺が関係していたりして、と妄想してみたんですけれども、違うような気もする← 
 「天海=光秀で、秀吉への復讐のために大坂の陣でハッスルしてた」というぶっとんだ奇説と「正栄尼は光秀の娘である」という説の合わせ技をすると、一気に大坂の陣が、いたたまれない親子の物語になってしまうような(…)
記事のタイトルは『天正記聞』で、正栄尼さんが言っていた言葉です。

戦国的な | trackback(0) | comment(2) |


2011/03/29 (Tue) 鴉が鳴いた


 何となく、追記に幼少期秀吉でSSSを放ってみました。村を追い出された後の話です。史実に無い創作の人物が登場しているので、ご注意下さい。

SSS | trackback(0) | comment(0) |


2011/03/23 (Wed) 今年の大河


 お久しぶりです。相変わらずの失踪っぷりで申し訳ないです。計画停電で時々わたわたしますが、幸いなことに元気に過ごすことが出来ております。

 大河の秀吉が、何だかえらいことになってますね。最初は「さすが殿下安心の道化っぷりwwww」と思いながら見ていたのですが、ここ最近は胸糞が悪………げふん。正視に耐えなくなってきています。茶々がとても素敵な分、どうにも残念でなりません。あの、生理的嫌悪感を視聴者に感じさせるような演出は、意図してのものなんでしょうね。三成は茶々に恋焦がれる設定で今後描かれるそうなので、関ヶ原での決起理由は「茶々への恋心」になることでしょう。今年の大河の秀吉には、心から忠誠を誓ってくれそうな人はいないようです。
 脚本家は「悪をつくらない」をコンセプトに脚本を書いているはずなのに、秀吉はどうしてああなのか、について父親と話し合ってみたところ「秀吉をとして認識してないんじゃね?」な結論が出ました。なるほど。
 来週の龍子さんを見てから、今後も視聴を続けるか決めようと思います。しかし定頼様が大河の主人公になるのはいつなんだろう(…)

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2011/03/23 (Wed) ブログ拍手お返事


大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
追記に、ブログ拍手のお返事をさせて頂きます。

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2011/02/22 (Tue) ちょろっと浮上


 あんまりにも寂しくて、顔を出してしまいました……腰ぬけと罵って下さい←
 紀伊様!励ましの御言葉有難う御座います!本当に、エントリーシートって鬼門ですよね。心がぽっきりいってしまいそうです。むしろ、手首がぽっきり(…) うん百字と「学生時代にがんばったこと」だの「自己PR」だの書いてきて、最後の最後で誤字をしてしまった瞬間、諸行無常を噛み締めました………しゅ、修正液つかいてぇええ!と何度叫んだことか!
 と、はい!愚痴はこの辺にしておきまして!
 テスト前にはやたらと部屋の掃除をしたくなる心理そのまんまで、部屋の本棚を整理していました。そろそろ本置き場兼寝床にしていたベッドに、私の寝るスペースが無くなってきたので、カオス空間になっている本棚の整頓しなくちゃなと!はい!この間、一般人の友達が部屋に来た時、本棚に入らずその辺に放っていた「すっぱだかの成人男性が首輪で繋がれてる表紙のBL小説」を目撃されて呆然とされたので、その辺も何とかしなくちゃなと!ええ!(良い笑顔)
 しかし結果は、本棚から出てきた今までの史料コピーを読み耽って終わる、という半ば予想出来ていたおちでした(…) 
 何かもう『落穂集』で家臣に愛されまくってる薄田さんにときめきが止まらない……というか「旦那」と家臣に呼ばれてる薄田さんが堪らない。この家臣達なら、薄田さんがあちこちで「橙武者」と笑われる度に激怒してそうな気がする。『落穂集』ですと、戦いが激化する前に、薄田さんは、ちょっくら又兵衛と話しがあるから、お前らそこで待ってろ」と、自分の備えを持ち場で待たせ又兵衛の元へ槍持ち一人だけ連れ行ってしまいます。又兵衛とお話が済んだ後(何を話したかは書いてありません。この後の展開を考えると、俺今日討ち死にすっからよろしく!とでも言ってきたのかもしれません)とある水野家の人と戦い、三人がかりで討ち取られました。しかし、薄田さんの死を知らない家臣達は心配になり「迎えに行こう」となるのですが、その時に「侍共我も我もと可参と申し」となったり、やってきた山川さんに「備えが乱れるのは良くないから、お前達はしっかりそこを守っていなさい」と言われても「旦那迎ひに参度由申候へは」つまり「旦那を迎えに行きたいんです、と言ったので」と家臣が言うなど、愛され度がはんぱ無いです。
 この『落穂集』ですと、薄田さんは戦いの半ばで討ち死にしたことになっています。そして史料によっては、又兵衛が討ち死にしたという報を聞いた後、又兵衛隊の生き残りを集めて戦ったとも言われています。これらを総合すると、
 「ちょっくら又兵衛と話してくるわ!お前らはそこで俺の帰りを待ってろよ!」と、自分の隊を置いて又兵衛の元へ→又兵衛と何やら話す→又兵衛隊の葉武者として又兵衛の下知の元戦う→又兵衛戦死の報を聞く→又兵衛隊の残ったの兵をまとめ、戦う→薄田無双→戦死 
 という流れなのかなぁと。つまり、薄田さんは道明寺の際、自前の兵は槍持ち一人だけだったと。結果『落穂集』では、薄田さんの家臣達は殆ど無傷のまま城へ戻るということとなりました。なんとなぁくの妄想ですが、後続の隊が来ず、負け戦になることを感じ取った薄田さんは、自分を慕う家臣や兵を死なせない為に、わざと残していったのかなぁ……と。ついでに、討ち死にすれば冬の陣での汚名もそそげると思ったのかも、な妄想です。あと(まだあるのかよ) 又兵衛と薄田さんの仲って良かったんじゃ?と考えている身としては、薄田さんは又兵衛の兵として戦って、死にたかったのかも、と。恋愛感情とかまったく関係無い「男が男に惚れた」という関係が、薄田さんと又兵衛な気がしてしまいました。
そんな「自分勝手で、可愛い家臣に死ねと言えない弱さがあって、でも薄田無双で、又兵衛に男惚れしたのかも?」な薄田さんにきゅんとした日でした。エントリーシートと本棚の掃除?何それ美味しいの?

では、また体育館裏に呼び出し喰らったんで行ってきます!

戦国的な | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。